スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


«

»

世界最高齢の田中カ子さん、117歳の誕生日を祝われる 中国人「おめでとう!これはすごい!」「日本は117年前からちゃんとしていた」

 
世界最高齢の田中カ子さんが117歳の誕生日を祝われたそうです。この記事を見た中国人のコメントをご紹介します。
 




 
[記事]
2日に117歳になった世界最高齢、田中カ子さんの誕生日を祝う会が5日、住んでいる福岡市の老人ホームで開かれた。花束を受け取った田中さんは大好きな炭坑節を笑顔で踊り、年を重ねた喜びを表した。
 
山吹色の着物姿の田中さんは、折り紙や風船で飾り付けられたフロアに「ハッピーバースデー・トゥー・ユー」の合唱で迎えられた。花束や寄せ書きをもらい、何度も手を合わせて感謝した。田中さんは1903(明治36)年、福岡県旧和白村(福岡市)で生まれた。
 
記事引用元: https://www.sanspo.com/geino/news/20200106/sot20010605000003-n1.html
コメント引用元: https://www.weibo.com/3229125510/InEMUvqWd
 
※ 5個以上のGoodがあるコメントについて、Goodの数を載せています
※ 下記コメントで言及されている事柄の事実確認は行っておりません。真偽の判断はみなさまでお願いします
「バカと言う人がバカ」の精神と中国人のスルー技術をもってコメントを書き込みましょう
 



 
■ 陝西さん
 
私のお母さんも100歳まで生きてほしい [363 Good]
 
 
 
■ 在日中国さん
 
お婆ちゃんすごい!これからも長生きしてください。俺も22世紀を見てみたいけど、無理だろうな [177 Good]
 
 
 
■ 北京さん
 
明治36年ということは光緒29年。キュリー夫人がラジウムを発見し、ライト兄弟が人類初の動力飛行に成功した年 [54 Good]
 
(訳者注:キュリー夫人がラジウムを発見したのは1898年です。ラジウムの発見によりキュリー夫人がノーベル物理学賞を受賞したのが1903年です)
 
 
 
■ 福建さん
 
人間が200歳まで生きられるようにならないかな [45 Good]
 
 
 
■ 四川さん
 
お婆ちゃんおめでとう!私は絶対にこんなには長生きできない [38 Good]
 
 
 
■ 福建さん
 
もう一回青春があってもいいかもね [38 Good]
 
 
 
■ 在日中国さん
 
117歳まで生きていることもすごいけど、この年になってもまだまだ元気で人生を楽しんでいることが本当に素晴らしい [30 Good]
 
 
 
■ 河北さん
 
おめでとう!でも私は117歳まで生きなくてもいいや [16 Good]
 
 
 
■ 広州さん
 
健康で長生き。理想だね! [7 Good]
 
 
 
■ 河南さん
 
明治、大正、昭和、平成、令和で5つの時代か [5 Good]
 
 
 
■ 北京さん
 
ホータンの135歳のお婆ちゃんはどうなった?
 
 
   ■ 上海さん
 
   出生を証明できるものが何もないんだと
 
 
   ■ 内モンゴルさん
 
   つまり日本は100年以上前から戸籍制度がちゃんと機能していたということ。これはすごい
 
 
 
■ 浙江さん
 
これが本当の長寿
 
 
 
■ 台湾さん
 
今の生活が楽しければ22世紀まで生きたいたいと思うんだろうけど、そこまででもないからなぁ
 
 
 
■ ドイツ在住さん
 
117歳まで生きるにはむちゃくちゃお金がかかる
 
 
 
■ 北京さん
 
1945年の終戦時は42歳だったということか
 
 
 
■ 上海さん
 
うちの両親もこのお婆ちゃんのように117歳まで元気で長生きできますように!
 
 
 

 
(訳者注:キュリー夫人がラジウムを発見した年を1989年から1898年に訂正しました。ご指摘ありがとうございました。2020-01-13 22:19)


30 comments

Skip to comment form

  1. 1
    とある日本さん 2020年1月13日 at 11:17 (UTC 9)

    好きなこと自由にどうぞ

  2. 2
    とある日本さん 2020年1月13日 at 11:18 (UTC 9)

    キュリー夫人がラジウムを発見したのは1989年です。?

  3. 3
    とある日本さん 2020年1月13日 at 11:25 (UTC 9)

    子供や孫が先に死んでそうだな…

    1. 3.1
      とある日本さん 2020年1月13日 at 11:42 (UTC 9)

      玄孫どころかその子供すらいそうだね

  4. 4
    とある日本さん 2020年1月13日 at 11:26 (UTC 9)

    やっぱり中国はすごいなあ

  5. 5
    とある日本さん 2020年1月13日 at 12:03 (UTC 9)

    ■ 河南さん明治、大正、昭和、平成、令和で5つの時代か [5 Good]
       ・・・・Σ(・□・;) スゲーな外国のそれも殆ど敵国に近い相手の歴史をちゃんと勉強しているとか
    (。´・ω・)?それを自国の歴史に向かないのか? 南京事件とか

    1. 5.1
      とある日本さん 2020年1月13日 at 16:40 (UTC 9)

      日本人もほとんど敵国の北朝鮮の総書記が金日成、金正日、金正恩と変わってった事くらい知ってるだろ
      それと同じ事だ

    2. 5.2
      とある日本さん 2020年1月14日 at 12:28 (UTC 9)

      歴史マニアに謝れ!

  6. 6
    とある日本さん 2020年1月13日 at 12:03 (UTC 9)

    どっかのトンスル人と違って中国人って暖かいね(*´ω`)

  7. 7
    とある日本さん 2020年1月13日 at 12:14 (UTC 9)

    >光緒29年
    「明治」も重量感あるんだけど他所の国の元号で言われたら凄い新鮮だ
    世界史の写真に写ってそう

    1. 7.1
      とある日本さん 2020年1月13日 at 18:51 (UTC 9)

      光緒帝の29年ってことかしらね
      趣があるね
      だからってキンペー〇年とかだと困るけどw

      1. 7.1.1
        7cg3 2020年1月13日 at 20:49 (UTC 9)

        光緒帝つーと、幼くして登極し、前半は西太后の傀儡で後半は西太后に幽閉されちゃった皇帝だよな。時代としては、仏壇に居る自分の曾々祖父とか、もしかしたら義和団の乱鎮圧のために赤紙が来たかもしれない。次のお盆に勲章をよく見てみよう。

  8. 8
    とある日本さん 2020年1月13日 at 12:30 (UTC 9)

    この人は若い。ホンモノなら異常なくらい若々しい。大丈夫かな
    因みに、歴代長寿の一位と二位は怪しい
    特に一位はDNA鑑定を要求されている。間違いなくニセモノだろう

  9. 9
    名無しよん 2020年1月13日 at 12:35 (UTC 9)

    皇紀2563年生まれ。今年は皇紀2680年。

    1. 9.1
      名無しよん 2020年1月13日 at 12:38 (UTC 9)

      あと3年で「2回目の還暦(癸卯、みずのとう)」

  10. 10
    とある日本さん 2020年1月13日 at 12:38 (UTC 9)

    明治後半なら大体戸籍がちゃんとしているから(違ってても数日とかの誤差)
    日本のは本物だろうな
    他国はちょっと怪しいのもある

    1. 10.1
      名無しよん 2020年1月13日 at 12:45 (UTC 9)

      日は同じで、「前の月、または次の月」で申告するようなパターンも、昭和ヒトケタぐらいまでは残っていた。
      まあ、縁起かつぎだのなんだのってのが多かったようだが。

    2. 10.2
      とある日本さん 2020年1月13日 at 14:14 (UTC 9)

      有名な泉重千代さんもいつの間にかギネスから削除されたしな

  11. 11
    とある日本さん 2020年1月13日 at 13:11 (UTC 9)

    世界最高齢のニュースある度、亡くなったのかと毎回冷やっとする

  12. 12
    とある日本さん 2020年1月13日 at 13:35 (UTC 9)

    おれの敬愛する小津安二郎と同級生だな
    昭和の終わりに死んだうちの爺さんの一個下
    そう考えるとなんか感慨深い

  13. 13
    とある日本さん 2020年1月13日 at 14:02 (UTC 9)

    こうなりゃ神武天皇の137歳(日本書紀は137歳とする)を突破してほしいな.

  14. 14
    とある日本さん 2020年1月13日 at 14:03 (UTC 9)

    間違えた

    こうなりゃ神武天皇の137歳(日本書紀は127歳とする)を突破してほしいな.

    1. 14.1
      とある日本さん 2020年1月13日 at 15:05 (UTC 9)

      6世紀以前の日本では、年齢は春分の日と秋分の日の2回歳を取る数え方だったらしい。
      なので、神武天皇の137歳とは、現在の暦に換算すると、68~69歳だった可能性がある。

  15. 15
    とある日本さん 2020年1月13日 at 15:15 (UTC 9)

    アフィのタイトルがひでえw

  16. 16
    とある日本さん 2020年1月13日 at 16:24 (UTC 9)

    人ゲノムの解明で寿命の限界は百二十三歳と出てるらしいけどね

    1. 16.1
      名無しよん 2020年1月13日 at 17:46 (UTC 9)

      「123歳」って、ちょっとわざとっぽくないかw
      加藤一二三も目標にして欲しい。

  17. 17
    とある日本さん 2020年1月13日 at 18:17 (UTC 9)

    ギネスを見ても今のところ此れに達した人は居無い

  18. 18
    とある日本さん 2020年1月13日 at 20:33 (UTC 9)

    中国の高齢者が増えたらずっと少ない一人っ子や孫がぜんぶ支えるのか そりゃ大変だ

  19. 19
    とある日本さん 2020年1月13日 at 21:10 (UTC 9)

    訂正
       誤(訳者注:キュリー夫人がラジウムを発見したのは1989年です。
       正(訳者注:キュリー夫人がラジウムを発見したのは1898年です。

  20. 20
    とある日本さん 2020年1月14日 at 12:31 (UTC 9)

    人生わずか五十年、下天の内にくらぶれば、夢幻の如くなり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Top