スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


«

»

消毒液:次亜塩素酸水もどきを家庭で作る方法(次亜塩素酸ナトリウム溶液の炭酸中和) [再掲]

 
経産省が次亜塩素酸水の新型コロナウイルスへの効果を確認する検証を行うそうです。次亜塩素酸水が注目を集めだしていますので、最新の情報を加えて本記事を再掲します。
 
なお、経産省、厚労省が定める「次亜塩素酸水」はあくまで電気分解により生成されたものを指します。次亜塩素酸ナトリウム溶液を炭酸水で中和する本記事の生成物は「次亜塩素酸水もどき」と表現することとします。
 
 
 
「次亜塩素酸ナトリウム溶液」と「次亜塩素酸水」を誤認・混同している記事をネットで見かけるようになりました。
 
「次亜塩素酸ナトリウム溶液」は以下の記事にある通り、強アルカリ性でタンパク質変性作用が強く、長期間にわたって吸い込み続けると呼吸器系に障害が生じる可能性が指摘されています。霧吹き・スプレー・加湿器などで長期的に噴霧しては絶対にいけません。
 
記事最下部にオリジナル記事との差異を更新履歴として載せています。
 
——————————————
 
日本在住の管理人です。
 
日本国内でも各種消毒液、マスクの入手が困難になってきました。一部ネットで「家庭での次亜塩素酸水もどきの作り方」が話題となっており、管理人も実際に実践しています。この記事では「家庭での次亜塩素酸水もどきの作り方」を管理人の実体験を含めてご紹介したいと思います。
 
なお、この記事は中国人の反応記事ではありません。
 
 
 
■ ざっくり言うと何するの?
 
次亜塩素酸ナトリウム溶液を水で希釈し、炭酸水でpHを下げて人体に安全で殺菌力の強い次亜塩素酸水もどき(新型コロナウイルスに効くはずの消毒液)を作ります。
 
 
 
■ 次亜塩素酸水とは?
 
「ノロキラーS」などの商品名でドラッグストア、ネット通販で販売されている消毒液です。消毒液として売られているものは一般的には微酸性で人体への影響は少なく、殺菌力も強力とされています。
 
新型コロナウイルスへの殺菌効果は記事執筆時点では不明ですが、厚生労働省が新型コロナウイルスへの効果を認めている「次亜塩素酸ナトリウム溶液」と有効成分は同じなので次亜塩素酸水も効くはずです。また、経産省が次亜塩素酸水の新型コロナウイルスへの効果を確認する検証を始めるそうです
 
 
 
■ もどき?
 
経産省、厚労省が定める「次亜塩素酸水」はあくまで電気分解により生成されたものを指しますので、次亜塩素酸ナトリウム溶液を炭酸水で割る本記事の生成物は「次亜塩素酸水もどき」と表現することとします。
 
 
 
■ 家庭での作り方
 
管理人はネットでの次の記事に従い、以下フローで作っています。
 
—————————-
市販する微酸性次亜塩素酸水となんら違いは有りません。
液のPHと有効塩素濃度で決まります。
次亜塩素酸ナトリウム溶液を炭酸水中和すると
殺菌力80倍の次亜塩素酸HOCLに変わります。
NaOCL+H2CO3→HOCL+NaHCO3
 
コストは10円/L、友達に教えてあげましょう。
 
●用意するもの
㋑ 市販炭酸水500mL(成分:水、炭酸ガスのみのもの)
㋺ ピューラックス(食品添加物用なら更に良い)など6%、600ml
  (他のメーカーのものでも良い)
㋩ 2Lペットボトル2本、A、Bのラベルを付ける。
  天然水の入っていたボトルなど内部のきれいなもの
㋥ キッチン秤又はメスシリンダー
㋭ プラスチック漏斗
㋬ PH試験紙PH1~11、アドバンテックなど(なくても良い)
 
●次亜塩素酸水をつくる
1、キッチン秤又はメスシリンダーを用いてピューラックス(他のメーカーのものでも良い)6%、120ml(又は130g)を2LペットボトルAに測り入れる。
2、同ペットボトルの2L水位まで水道水を加え、栓をして軽く振る。
次亜塩素酸ナトリウム3600mg/Lと記載したラベルを張り付ける。
同時に日付も記す。
3、ボトルAの液145±5mL(又は145g)を2LペットボトルBに測り入れる。
4、同ペットボトルBの半分水位まで水道水を加える。
5、500mL炭酸水ボトルの100mLくらいをペットボトルBに入れる。
6、ペットボトルBの2L水位まで水道水を加え、栓をして軽く振る。
7、ボトルB内部液のPHをPH試験紙で確認する。(しなくても良い。)
ボトルBには微酸性、250mg/L程度の次亜塩素酸水が出来上がります。
 
万一、PHが7以上の場合には、炭酸水10ml程度を追加する。
炭酸水が過剰であっても、炭酸ガスが逃げPH5.0以下になることは有りません。
炭酸水を150mL入れれば、PH6.5以下になりますが、
一度PH測定しておけば安心です。
 
濃すぎるときは水道水で薄めて使いましょう。
2Lボトル3,4本作ると炭酸水が無駄になりません。
塩酸中和ではHCLOの分解により生じたHCLによりPHが低下し、分解が加速されます(特にRO水を使用した場合には顕著になります。)。
炭酸中和ではHCLOの分解により生じたHCLと炭酸が反応し(入れ替わり)炭酸ガスを放出してPHの変化を防ぎますので寿命が大きく伸びます。
 
●次亜塩素酸水650mg/l、2Lを簡単に作る方法
1、空の2Lペットボトルと漏斗をキッチン計りに乗せゼロセットする。
2、6%ピューラックスを25g入れる。(液比重は約1.1です。)
3、ペットボトルの半分まで水道水を入れる。
4、炭酸水を約300mL入れる(入れすぎても炭酸ガスが逃げるので問題ない)
5、水道水を加えて2Lとする。
 これで約PH6.5、HCLO650mg/lの次亜塩素酸水が出来上がる。
 
●次亜塩素酸水250mg/l、10Lを簡単に作る方法
1、10Lポリエチタンクに水道水約8Lを入れる。
2、6%ピューラックス42mlまたは46gを加える。
3、炭酸水500mlを加える。
4、水道水を加え10Lとする。
 生成液の1例 PH6.4 残留塩素濃度254mg/l
 
生成液は次亜塩素酸ナトリウムが食品添加物の場合、食品添加物になりますが飲食物では有りません。
様々な次亜塩素酸水の製造方法がありますが、家庭で作れる簡易な次亜塩素酸水(溶液)の作り方について説明しました。
 
引用元:https://blog.goo.ne.jp/nakama_1947/e/4a792172d15d4d225381ef7e9473582e
————————————————-
 
※ 上記で作成した必ずペットボトルは回りのビニールは剥がして、油性ペンで太字で『塩素希釈液・飲用不可』などと書くようにしてください。子供がいる家庭ではもちろんのこと、早朝の寝ぼけた状態の大人でも絶対に間違って飲まないような工夫をしておくことをお勧めします
 
 
 
■ 絶対に守っていただきたいこと
 
上記の記事では炭酸水で中和しています。酢やクエン酸など、他のもので中和しないようにしてください。pHが下がりすぎると塩素が発生して事件となります。炭酸では上記記事の通りpH緩衝作用がありますので、どれだけ入れてもpHは一定より下がらず、塩素は発生しません。

 
 
 
■ どう使うの?
 
管理人は以下の方法で使っています。
 
・携帯霧吹きで手の消毒(50ppm)
 
・加湿器での噴霧(50ppm)
 ⇒ 加湿器が壊れるかもしれませんが、壊れたら壊れたでまぁいいかと
 
・1日に数回、霧吹きで空間除菌(250ppm)
 ⇒ 同時に花粉も不活性化してくれます
 
・1日に1回、霧吹きでトイレに噴霧(250ppm)
 ⇒ アンモニアを分解してくれるので超強力な消臭剤です
 
・マスクの消毒(50ppm)
 ⇒ 日中は花粉症の不織布マスクをしています。帰宅したら洗濯洗剤で揉み洗いし、50ppmの次亜塩素酸水に10分ほど浸して軽く絞って干しておけば朝には使えるようになっています。現在1枚のマスクを1週間使えています
 
・玄関の消毒マット(250ppm)
 ⇒ 「コロナウイルスは靴によって運ばれる」という記事を読みました。飛沫による接触感染なので、かなり納得のいく説だと思います。ということで、外から帰ってくるときには毎回玄関に古いタオルを敷いて250ppmのものでひたひたにし、靴を消毒しています
 
 
※ ppm・・・parts per millionの略で、10000ppm = 1%です。比重を無視するとmg/L = ppmです
 
 
 
■ 次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウム溶液は同じもの?
 
別物です。名前が似ており、一部のネット記事では混同して使われていることがありますが、全くの別物です。
 
[次亜塩素酸水]
中性なので人体への影響少ない。ほぼ無臭。殺菌力が超強力なので低塩素濃度で使用可能。不安定で分解しやすく、ある程度早めに使用する必要あり
 
[次亜塩素酸ナトリウム溶液]
強アルカリ性でタンパク質変性作用が強く、長期間にわたって吸い込み続けると呼吸器系に障害が生じる可能性が指摘されている。強い塩素臭。上水道やプールの殺菌に使用されている。水溶液の状態では安定しており、いろいろな商品が安価で発売されている
 
 
 
■ ピューラックスとピューラックスSとハイター
 
いずれも次亜塩素酸ナトリウム溶液として販売されている商品です。ピューラックスは医薬品、ピューラックスSは食品添加物、ハイターは漂白剤で雑貨で、いずれも次亜塩素酸ナトリウムの濃度は6%とされています。値段はピューラックスS > ピューラックス > ハイターです。
 
ピューラックス・ピューラックスSとハイターの違いは濃度保証です。ピューラックス・ピューラックスSは製造日と使用期限が明記されており、その日付までは濃度6%が保障されている商品です。ハイターは製造日が明記されておらず、製造時点では恐らく濃度6%なのでしょうが、今手元にある時点で何%かは別途測定、成分分析をしない限り不明です。
 
また、ピューラックス・ピューラックスSは純粋な次亜塩素酸ナトリウム溶液であるのに対し、ハイターにはpH保持用に水酸化ナトリウムが入っています。
 
今回の目的では希釈後の濃度が重要なのでピューラックス・ピューラックスSの方が適していると言えます。
 
ピューラックスとピューラックスSの違いは医薬品か食品添加物かの法律的な違いのみで、成分は同一であるように見えます。ピューラックスSの方が適切なのでしょうが、どうせ炭酸水で化学反応を起こした時点で食品添加物ではなくなりますし、近所のドラッグストアではピューラックスしか置いていないので管理人はピューラックスを使ってます。
 
ピューラックス以外にも成分が次亜塩素酸ナトリウムのみの製品はいくつか存在し、現在でも入手可能です。
 
      
 
 
 
■ ハイターとキッチンハイター
 
ハイターは白物衣料用漂白剤、キッチンハイターは台所用漂白剤で別商品です。キッチンハイターは次亜塩素酸ナトリウム、水酸化ナトリウムのほかに界面活性剤が入っており、ピューラックスの代用にはなりません。本目的で使用可能なものは「キッチンハイター」ではなく「ハイター」です。
 
 
 
 
 
■ ミルトン
 
哺乳瓶消毒でおなじみのミルトン(液体のもの)は濃度1%の「次亜塩素酸ナトリウム溶液」です。そのため希釈率は異なりますが上記の用途で使用することは可能です。哺乳瓶の消毒は80倍希釈なので125ppmの次亜塩素酸ナトリウム溶液ということになります。ミルトンの取説には「20倍希釈で手洗い可能」と書かれていますが、公式HPのQAに「頻繁に手洗いすると手荒れを起こすので要注意」と書かれているので日常的には行わないことが無難かと思います。
https://milton.jp/ekitai/faq_answer029.html

 
 
 
■ 次亜塩素酸ナトリウム溶液は次亜塩素酸水の代わりになる?
 
なりません。上記の通り全くの別の物質です。
 
 
 
■ ピューラックスやハイター、キッチンハイター、ミルトンを希釈しただけのものを霧吹きで噴霧してよい?
 
絶対にやめた方がいいと思います。次亜塩素酸ナトリウムは強アルカリ性の物質で、タンパク質変性作用が強く、長期間にわたって吸い込み続けると呼吸器系に障害が生じる可能性が指摘されています。
 
 
 
■ pHを下げる必要があることは分かった。なぜ炭酸水?
 
炭酸水はpH緩衝性があり、どれだけドボドボ多く入れてもpHが一定以下には下がらずに炭酸ガスとして放出されます。
そのため塩素が発生せず、安全です。
 
上記にも書きましたが、pHを下げるために酢やクエン酸を使用するのは絶対にやめて下さい。入れすぎるとそのままpHが酸性に振れ、毒性の強い塩素を発生させます。
 
 
 
■ どの炭酸水を使えばいい?
 
いろいろな炭酸水がありますが、ミネラル分を含む天然水由来のものを使うと生成された次亜塩素水もどきがミネラル分を消毒してしまうので効果が薄れます。ただの水に炭酸を加えたものが適切と言えます。管理人はウイルキンソンを使ってます。
 

 
 
 
■ 塩素は出ない?
 
炭酸水を使っている限りはほぼ出ないと言えます。今まで上記記事のB液を2Lペットボトル100本ほど作りましたが、炭酸中和の過程で塩素臭がしたことは一度もありません。
 
 
 
■ 「食品添加物由来」だから安心?
 
炭酸水との化学反応を起こした時点で食品添加物の認定は外れます。いろいろな意見があるかとは思いますが、管理人はあまり関係がないと思っています。
 
 
 
■ 手荒れしない?
 
個人差はあると思いますが、管理人は50ppmの次亜塩素酸水もどきで1日10回くらい手を洗っても全く問題ありません。500ppmでカビだらけになったバスタオルの消毒をしたときは手が荒れたので、溶液作りの時はゴム手袋をした方が安全だと思います。(管理人はしてませんが・・)
 
 
 
■ 管理人はどんなものを使ってる?
 
漏斗はダイソーで買ったものを使ってます。
pH試験紙と塩素試験紙はこちらです。
 
 
 
pH試験紙は完全に激安中華ですが、それほど厳密にpH測定をするわけではないのでこれで十分だと思います。
 
 
 
■ 保管方法、保存期間
 
次亜塩素酸水は分解しやすく保存に向かないと言われていますが、1ヶ月前に作った50ppmの次亜塩素水もどきを上記塩素試験紙で確認したところ40ppmくらいはありそうでした。早めに使った方がいいことは確かですが、生成後数日でただの食塩水になるということはなさそうです。電気分解により生成された次亜塩素酸水はすぐに分解するようですが、次亜塩素酸ナトリウム溶液を炭酸で中和した次亜塩素酸水もどきは意外ともつようです。
 
ただし、日光に当てると分解が促進されるので(いわゆるカルキ抜き)、日光には当てないようにしてください。日光ではない蛍光灯などの光では恐らく大丈夫です。あと、熱にも弱いです。
 
 
 
■ 日光に当てるとどのくらいでただの水になるの?
 
最近、Aliexpressで発注していた激安中華の塩素濃度試験紙がやっと届き、気軽に残留塩素濃度を測定できるようになりました。なので、日光でどのくらい分解が促進されるか実際に試してみました。
 
 
[試験条件]
場所:日本国内のマンションの日当たりのよいベランダ(南東向き)
環境:冬の晴れた日。温度10℃前後、湿度20~40%くらい
試薬:次亜塩素酸水もどき(50ppm)
方法:上記試薬100ccくらいを透明なコップに入れて日当たりのよいベランダに置いて9時から13時まで放置(コップに蓋をしてませんでした。失敗・・)
 
結果:9時の時点で50ppmあった残留塩素濃度が13時では20ppmくらいになっていました
 
 
ということで、日光に当たると本当にただの水になってしまいますので要注意です。なるべく日光に当てないようにすることをお勧めします。蛍光灯の光はそれほど大きな問題ありません。透明容器に入れて1ヶ月ほど部屋に放置してあった50ppmの次亜塩素酸水もどきは40ppmくらいにしかなってなかったです。
 
 
 
■ 管理人は何もの?専門家?
 
専門家ではありません。管理人の化学の知識は大学のパンキョーの授業どまりです。詳しいことは聞かないでください。
 
 
 
■ この方法で本当に作れるの?
 
wikiの次亜塩素酸水のページにある「次亜塩素酸ナトリウムのpHを調整したもの」そのものです。wikipediaの信頼性はさておき、誰からも消されずにずっとこの記述が残っているということは恐らく真実と考えていいかと思います。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AC%A1%E4%BA%9C%E5%A1%A9%E7%B4%A0%E9%85%B8%E6%B0%B4
 
 
 
■ 次亜塩素酸水を噴霧しては危険だというネット記事を読んだのですが、本当に大丈夫?
 
次亜塩素酸水が人体に与える影響、加湿器で噴霧することの是非もネットで議論がされていますが、この記事ではあくまで市販されている「微酸性次亜塩素酸水」と同じようなのものを家庭で作れるかもしれない方法のみをご紹介したものとの位置づけとさせてください。次亜塩素酸水が人体に与える影響、加湿器で噴霧することの是非は皆さまでご判断いただき、もし実施される場合は自己責任でお願いします。
 
 
 
■ こんな怪しい方法を勧めていいの?
 
現在は非常時です。気を抜くと恐らく死にます。私が持っているノウハウを少しでも公開して、一人でも多くの方にこの危機を乗り越えてもらえればと思い、この記事を作成しました。しかし怪しい方法であることは確かなので、自己責任でお願いします。
 
 
 
■ ここまで読んだけど、やっぱりよくわからなかったんですけど・・
 
既成の「次亜塩素酸水」商品を買うことをお勧めします。この方法は一つ間違えると塩素を発生させるので大変危険です。無理はしないでください。
 
 
 
■ その他詳しい情報
 
次亜塩素酸ナトリウムと次亜塩素酸水のpHと殺菌力の相関図、化学反応の化学式などはこのページが詳しいです。
https://www.aandt.co.jp/jpn/tree/vol_6.htm
 
 
 
■ この件について管理人に聞きたいことがあるんだけど?
 
現在本サイトでは新型コロナ影響拡大に伴いコメント欄の公開を停止していますが、この記事に限ってはコメント欄を公開し、次亜塩素酸水関連の質問に限定して管理人も登場したいと思います。ただし専門家ではないので難しいことは聞かないでくださいね。
 
 
 
[管理人のコメント]
2-1, 2-1-1-1, 3-2, 5-1, 7-1, 8-1, 9-1, 14-1, 15-1, 16-1. 17-1, 21-1, 24-1
 
[更新履歴]
2020-02-25
・引用部下部の「ペットボトルのラベルをはがそう」、およびミルトンについての記述を追加
2020-03-08 (再掲)
・引用部に「濃度5%で決め打ちする場合」を追記
・マスクの洗い方を一部改訂
・「ピューラックスが品薄となってきました」と「日光に当てるとどのくらいでただの水になるの?」を追記
2020-04-19(再掲)
・「次亜塩素酸水」を「次亜塩素酸水もどき」に変更
・ピューラックスなどの純粋な次亜塩素酸ナトリウム溶液がまだまだ入手可能なので、引用部に「濃度5%で決め打ちする場合」を削除・マスクを消毒する濃度を変更(試しに50ppmでやってみたらうまくいったので今では50ppmでやっています)
・「玄関の消毒マット」を追加
 
 


44 comments

Skip to comment form

  1. 1
    とある日本さん 2020年4月20日 at 00:25 (UTC 9)

    助かる
    面白い

    1. 1.1
      とある日本さん 2020年4月20日 at 15:07 (UTC 9)

      アマ辺りで、水と塩から作る次亜塩素酸水生成器が二千円台から売ってる
      転売厨がわかないことを祈る。
      いい加減に政府は規制しろ、需要と供給とか言ってる場合じゃないぞ

    2. 1.2
      とある日本さん 2020年4月22日 at 08:10 (UTC 9)

      NHKから国民を守る党の党員が「飲んで」病院に直行って記事が上がってて、勧めた議員二人がSNSでフルボッコになってたな。N国議員が紹介してる用法とは違うみたいだけど、素人がうかつに手を出すべきじゃないと思うわ。

      それこそ不注意なコメントを排除するためにコメント欄を一時閉鎖した意味がなくなると思うよ。消毒用アルコールならセブンイレブンでも今は売ってるから2日前に1本買って来た。管理人には申し訳ないけど相手に「自己責任」を求めるものなんて、非常事態だからこそ紹介しちゃダメだと思うよ。

  2. 2
    とある日本さん 2020年4月20日 at 01:10 (UTC 9)

    うちはIPA99.9%を希釈して消毒液作ってますがこっちは作るのが大変そう
    でもそうも言ってられない事態なのが…

    1. 2.1
      管理人さん 2020年4月20日 at 07:32 (UTC 9)

      記事ではいろいろ書きましたが、ピューラックスを規定量の炭酸水で中和しているだけなので、意外とラクです

      1. 2.1.1
        とある日本さん 2020年4月20日 at 15:11 (UTC 9)

        ごめんなさい。投稿ミスっちゃいました 1.1です
        次亜塩素酸水生成器の件

        1. 2.1.1.1
          管理人さん 2020年4月20日 at 22:05 (UTC 9)

          いえいえ。わかりにくいUIで逆にすみません。
          アマで2000円くらいで売っている次亜塩素酸水生成器、生成されるのは多分次亜塩素酸ナトリウム溶液ですよ。

  3. 3
    とある日本さん 2020年4月20日 at 01:26 (UTC 9)

    次亜塩素酸水も酸性タイプのものと混ぜると有毒な塩素ガスが発生する「混ぜるな危険」でいいんですか?

    1. 3.1
      とある日本さん 2020年4月20日 at 02:19 (UTC 9)

      次亜塩素酸という名前なので酸性だと勘違いされますが、次亜塩素酸はアルカリ性です。酸性の物質と混ぜると化学反応が起きて塩素ガスが発生します。

      塩素系洗剤と呼ばれるものは基本的にはこの次亜塩素酸のことで、アルカリ性でたんぱく質や脂肪などを分解し、化学反応で塩素で漂白・消毒ができるので、非常に強力です。

      ただし、次亜塩素酸自体が勝手に崩壊する成分なので、長持ちはしません。大量に作りおきする意味は無いです。あと、コロナに作用するのはアルカリが表面を破壊することと、その際に生じる塩素なので薄すぎても効果がありません。とにかく「濃度」を適切に作るのが最重要です。

      タオルに吹きつけて手を拭いても、タオルに付いた時点で濃度が減ってると思ってください。手に直接吹きつけてもドンドン能力は弱くなっていくので、たっぷりつけて素早く広げるのがコツ。

    2. 3.2
      管理人さん 2020年4月20日 at 07:33 (UTC 9)

      はい。次亜塩素酸水も「もどき」も「混ぜるな危険」ですね
      酸性のものと混ぜると塩素が噴き出します

    3. 3.3
      とある日本さん 2020年4月20日 at 15:37 (UTC 9)

      返信ありがとうございました!
      ちなみに私は日光による効果減少を防ぐために
      スプレーのボトル部分をアルミホイルで巻いてそれを固定するためにラップを上からぐるぐると巻いて使用しています。

  4. 4
    とある日本さん 2020年4月20日 at 01:58 (UTC 9)

    作りはしないがこうやって試行錯誤してる人を見ると単純に感嘆するわ。
    ドアノブとか消毒するより手を洗ったほうが簡単だし、
    どうしても消毒したいなら、危険なもの扱うより水タオルをレンジにかけて熱々にした後拭いたほうが簡単なのではとは思うが

    1. 4.1
      とある日本さん 2020年4月20日 at 02:22 (UTC 9)

      コロナキラーって名前の次亜塩素酸水が販売されたけど、今はわからん。

  5. 5
    とある日本さん 2020年4月20日 at 02:03 (UTC 9)

    化学はダメだったんだよ俺は
    それにメスシリンダーなんて常備してねー

    くっそ何てこった><

    1. 5.1
      管理人さん 2020年4月20日 at 07:35 (UTC 9)

      メスシリンダーはうちもないですよー
      キッチンスケールで十分です

  6. 6
    とある日本さん 2020年4月20日 at 02:18 (UTC 9)

    実は化学に明るかった管理人w

  7. 7
    とある日本さん 2020年4月20日 at 02:26 (UTC 9)

    界面活性剤の入ったキッチンハイターの方が衣料用ハイターより有効に思えるけど、違うのかなあ。
    ピューラックス相当品が後者なのは分かるけど、界面活性剤が入ってて不都合なことってある?
    界面活性剤入りの中性洗剤で手洗いするとウイルスを破壊するので有効なんて聞くし。

    ※反論でなく純粋な疑問です。キッチンハイター使っちゃえよという主張ではないので早とちり厳禁。>ALL

    1. 7.1
      管理人さん 2020年4月20日 at 07:39 (UTC 9)

      ※11さんや※13さんのおっしゃる通り、吹き付けた後に水拭きしなくてよいというのが理由ですね
      界面活性剤にも殺菌作用があるようですが、殺菌作用は次亜塩素酸の方が段違いに高いのでわざわざ界面活性剤を入れる必要もないかと思います

  8. 8
    とある日本さん 2020年4月20日 at 03:35 (UTC 9)

    めんどくせーな
    ハイターの水割り撒きゃ良いんだろ?

    1. 8.1
      管理人さん 2020年4月20日 at 07:41 (UTC 9)

      次亜塩素酸水もどきの最大の利点は「手に使える」ことですね
      ハイター(次亜塩素酸ナトリウム溶液+水酸化ナトリウム)を手に塗ると確実に手が荒れるのでやめたほうがいいです

  9. 9
    とある日本さん 2020年4月20日 at 03:37 (UTC 9)

    素晴らしい記事でした。
    とても勉強になりました。自分でやってみようかなという気になりました。
    ありがとう。
    私、毎日のようにここの記事を読んでます。これからも読ませていただきますね。

    1. 9.1
      管理人さん 2020年4月20日 at 07:44 (UTC 9)

      いつもお越しいただきありがとうございます。
      これからも毎日記事をアップする予定ですので、これからもよろしくお願いします。

  10. 10
    とある日本さん 2020年4月20日 at 05:17 (UTC 9)

    薬局の話で、のどの痛みが酷く絶対新型コロナウイルスだから薬を売ってくれと主張するのでよく話を聞いてみたら、室内を殺菌するつもりでハイター(次亜塩素酸ナトリウム溶液)を噴霧する塩素ガス(世界で初めて戦争で使われた毒ガス)発生装置を作っていたバカ女の例があげられていた

  11. 11
    とある日本さん 2020年4月20日 at 06:05 (UTC 9)

    界面活性剤が入ってないほうがいい理由は拭き取りが要らないことじゃないかな。
    加湿器に入れたり、手につけてそのままにしたり、そのへんに霧吹きで撒いたりするために。

  12. 12
    とある日本さん 2020年4月20日 at 06:19 (UTC 9)

    こういった知識が無いから自分でやるのは怖いんだよね
    たまに消毒液は入手できるからこれは最終手段としてメモメモ

  13. 13
    とある日本さん 2020年4月20日 at 06:35 (UTC 9)

     こういう記事を見ると根性スゲーって思うわ
    無精なオイラは、バケツに漂白剤を入れて(普通の漂白の濃度)雑巾で水拭きをして
    終わった後にハイポ(塩素中和)を多めに入れた水で二度拭きをして終わりやねぇ
     手は普通の固形石鹸で洗うし

    まぁ、アクアリウムでコケとか汚れが酷い時の洗浄方法の流用だけどね…アクアリウムの流用だからハイターは界面活性剤の入って無い奴限定

  14. 14
    とある日本さん 2020年4月20日 at 07:00 (UTC 9)

    でもコレ、ペーハーの管理のための比率管理と、原液の濃度が正確に判ってないと危険だなぁ
    ハイターとかの表記はかなりのテキトーさだかんね、リトマス試験紙をかなり用意しとかにゃあならんし

    一番危険なのは、生成段階で確実に塩素ガスが出ること

    下手すると目が見えなくなっちゃう

    ※8そのあとに真水で再度拭き取りすればそれでOK
    そのほうが安全だし、手間も少ない
    手指につかないように注意は必要だけどね
    でも、それは、この生成で出来る次亜塩素酸ナトリウム水でも同じこと
    手指の直接の除菌・消毒などには使えない

    1. 14.1
      管理人さん 2020年4月20日 at 09:04 (UTC 9)

      コメントありがとうございます。
      すみませんが、事実誤認を防ぐために一つ一つコメントします。

      > ペーハーの管理のための比率管理と、

      炭酸水を使用する限りはpHは一定よりは下がらないので、基本的にはドボドボ入れれば大丈夫です。
      厳密な比率管理は必要ありません。

      > 原液の濃度が正確に判ってないと危険だなぁ

      ピューラックスなどの原液の濃度がわかっている次亜塩素酸ナトリウム溶液を使うことをお勧めします。

      > ハイターとかの表記はかなりのテキトーさだかんね、リトマス試験紙をかなり用意しとかにゃあならんし

      上記の通り、炭酸水をドボドボ入れればいいのでpH試験紙は最終的なpHチェックのために基本的に1枚しか使わないです。
      ハイターの濃度がいい加減なことは事実ですが、こちらは塩素濃度試験紙を1枚使えば濃度推定が可能です。
      pH試験紙をかなりの枚数使用する場面は恐らくないと思うのですが、もしあったとしても安価なので問題ないかと。

      > 一番危険なのは、生成段階で確実に塩素ガスが出ること

      炭酸中和の過程では塩素ガスは発生しません。
      NaOCl+H2CO3→HOCl+NaHCO3
      次亜塩素酸ナトリウム溶液を通常に使う時に発生する塩素ガス以上の塩素ガスは発生しないと言えます。

      > 下手すると目が見えなくなっちゃう

      失明のリスクはゼロではありませんが、
      次亜塩素酸ナトリウム溶液を通常に使う以上のリスクは存在しないですね。

      > でも、それは、この生成で出来る次亜塩素酸ナトリウム水でも同じこと
      > 手指の直接の除菌・消毒などには使えない

      この生成でできるのは次亜塩素酸水もどきであり、次亜塩素酸ナトリウム水ではありません。
      手指の直接の除菌・消毒に使用することは可能で、経産省はこの方向で有効性の確認を開始しています。

  15. 15
    とある日本さん 2020年4月20日 at 10:16 (UTC 9)

    普通にキッチンハイターを布巾漂白用に希釈し、浸け置き押し洗いで、マスクを再利用している。
    で、天日干しで紫外線に当ててる。
    ドアノブとかは、携帯アルコールティッシュは売ってないけど、大きい物は売っていたので、それでたまに拭いてます。

    1. 15.1
      管理人さん 2020年4月20日 at 22:08 (UTC 9)

      キッチンハイターには界面活性剤が含まれているので、漬け置き後に水洗いした方がいいと思います。
      そして、水洗いすればマスクに残留する次亜塩素酸ナトリウムの濃度は無視できるほどの少量となるので、
      もし天日干しが塩素成分の分解目的であるのならば不要かもしれません。

  16. 16
    とある日本さん 2020年4月20日 at 11:30 (UTC 9)

    中国の反応が面白いので良く記事を読んでいます。
    私も別なところでこれを知り、作ってみました。
    2Lのボトルは冷蔵庫に保管しています。スプレーも黒いスプレーに入れて使っています。
    保管に冷蔵庫を勧めた方が良いですね。

    1. 16.1
      管理人さん 2020年4月20日 at 22:10 (UTC 9)

      いつもお越しいただきありがとうございます。

      本来ならば冷暗所での保管をお勧めしなければいけないのでしょうが、
      私自身が冷暗所ではない場所で保管しており、意外と大丈夫なようなので冷暗所についての記述は入れていません。
      スプレーも普通の透明スプレーで屋外で使用するときは日光を思いっきり浴びていますが、残留塩素試験紙的にはけっこう大丈夫です。

  17. 17
    とある日本さん 2020年4月20日 at 13:46 (UTC 9)

    6%の次亜塩素酸ナトリウム溶液を中和しきるのに12倍程度の炭酸水でいいそうです。3mlのピューラックスに50mlでも100mlでも適当に入れて、それを500mlになるまで水で薄めれば400ppmより少し薄いくらいの次亜塩素酸水ができるはずです。炭酸水が足りないのは問題ですが、多いぶんには構いません。

    1. 17.1
      管理人さん 2020年4月20日 at 22:14 (UTC 9)

      12倍という数字は私も聞いたことがありますが、濃度に依存するはずなので一概に体積のみでは定義できないのかなと思っています。
      炭酸水も開封直後と半分使ってから1日放置後では濃度がかなり違うはずです。
      pH試験紙が全てですね。

  18. 18
    とある日本さん 2020年4月20日 at 20:28 (UTC 9)

    二カ月くらい前にこの記事を読んでピューラックスだけは入手してあるけど
    アルコールがまだあるのでこちらの出番がない。
    地元でどうにもならないほど蔓延したら作って配ります。

  19. 19
    とある日本さん 2020年4月20日 at 20:42 (UTC 9)

    私は自力で作るのが面倒そうだったので、水に溶かすと次亜塩素酸水になるというジクロロイソシアヌル酸ナトリウムが成分の「コレスゴ」を通販しちゃいました。

    で、そのあとジクロ・・・は、例えばペット用品とかでも売られているらしいと知り、さらに哺乳瓶消毒用の「ミルクポンS(顆粒タイプ)」ってのがジクロ・・・なのだと知りまして、これなら通販せずとも地元ドラッグストアで買えたかも?
    濃度については公式ページのQ&Aに、1包を水480mlで1000ppmの記載あり。

    管理人さんが書いてるミルトンも、固形の「ミルトンCP」というのがジクロ・・・だけど、こっちは炭酸ナトリウムが添加。
    「つけるだけタブレット」も、やっぱり炭酸ナトリウム添加。

    この3つとも、pHについては情報なし。ミルクポンS以外はアルカリなんだろうけど。
    ミルクポンSは次亜塩素酸水だけど、弱酸性かまでは分からないので、手指の消毒に使うならpH試験紙で確認してからだね。

    あとこれ、台所の掃除にも使うつもりだったけど、包丁とかすぐにさびさせる危険性があるらしい?(怖くて試せないw) 鉄には注意しないと。

  20. 20
    とある日本さん 2020年4月20日 at 21:07 (UTC 9)

    食品加工のうちの職場でも使おうかと思ったけど、弱酸性でステンレスを腐食することが分かってやめた。
    包装機械がほとんどステンレスでできてるから

  21. 21
    とある日本さん 2020年4月22日 at 02:30 (UTC 9)

    次亜塩素水と次亜塩素ナトリウムの違いが分からなかったので助かりました。
    しかし現在使用している既製品が成分として次亜塩素酸ナトリウム(食品添加物)希塩酸(食品添加物)、濃度100ppm
    カテゴリーとして次亜塩素酸ナトリウムに入っていて余計混乱しています。
    手指消毒に使えるし、これは次亜塩素水ですよね?

    1. 21.1
      管理人さん 2020年4月22日 at 21:12 (UTC 9)

      次亜塩素酸ナトリウム溶液を希塩酸でpH調整しているのですね。
      希塩酸の量によって次亜塩素酸ナトリウム溶液か次亜塩素酸水かが変わってきます。
      それほどハイター臭がしなくて手指消毒の際に手がヌルヌルしなければ次亜塩素酸水かと思います。

      pH試験紙でpHを確認すれば一発でわかります。
      アマゾンで数百円で売っているので、気になるようでしたら試してみてはいかがでしょうか。
      pHが8以上なら次亜塩素酸ナトリウム、5~7であれば微・弱酸性次亜塩素酸水です。

  22. 22
    とある日本さん 2020年4月23日 at 15:16 (UTC 9)

    もう、備蓄の消毒用アルコールが僅かになってきていて、とてもとても助かります。ありがとうございました。
    ビューラックスは地元のマツキヨや他の薬局でも売り切れでしたが、ハイターは手に入りました。ワイドハイターでもキッチンハイターでもない普通のハイター!うん十年ぶりに買いました。

  23. 23
    とある日本さん 2020年5月8日 at 00:44 (UTC 9)

    ミルトン出すなや、ボケ
    キッチンハイターで十分じゃ

  24. 24
    とある日本さん 2020年5月20日 at 21:26 (UTC 9)

    次亜塩素酸ナトリウムは危険だが次亜塩素酸水溶液は安全であるというのはデマ

    この悪質なデマが広く出回っています。次亜塩素酸イオンと次亜塩素酸はいずれも皮膚や粘膜を犯し,だからこそ細菌やウイルスを殺すのです。人体にとってもどちらも毒なんです。

    そして,強塩基性に保った次亜塩素酸ナトリウムは安定で,有効な働きが持続します。

    酸を加えてpHを下げた次亜塩素酸水溶液は同じモル濃度であっても,塩素濃度が高くなります。つまり「強い」のです。そして急速に分解するので効果に持続性はありません。

    これらはいずれも適切な濃度で用いれば殺菌作用を発揮するのですが,上のような違いがあります。次亜塩素酸水を使う場面としては,速く分解することを逆に利用した食品添加物としてというのがあります。もちろん食品への残留は認められないことになっています。

    1. 24.1
      管理人さん 2020年5月21日 at 00:34 (UTC 9)

      コメントをいただきありがとうございます。

      本記事内「次亜塩素酸水を噴霧しては危険だというネット記事を読んだのですが、本当に大丈夫?」にも書きました通り、本記事はあくまで市販されている「微酸性次亜塩素酸水」と同じようなのものを家庭で作れるかもしれない方法のみをご紹介したものとの位置づけです。

      次亜塩素酸水が人体に与える影響、加湿器で噴霧することの是非は読者側で判断していただけますようお願いします。

      また、#25のコメントもこちらのコメントと同一の方からのコメントであることを把握しております。証明はできませんが、私はいわゆる「五毛」ではありません。

  25. 25
    とある日本さん 2020年5月20日 at 21:28 (UTC 9)

    嘘つき五毛管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Top