スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


«

»

安倍首相が戦後70年談話を発表  中国人「正式な謝罪として受け止める」「俺たちは騙されない」

 
安倍首相が戦後70年談話を発表しました。この談話は中国語でも発表され、その全文が中国のニュースサイトに掲載されました。この談話を読んだ中国人のコメントをご紹介します。
 


15081501

 
[談話全文]
終戦七十年を迎えるにあたり、先の大戦への道のり、戦後の歩み、二十世紀という時代を、私たちは、心静かに振り返り、その歴史の教訓の中から、未来への知恵を学ばなければならないと考えます。
 
百年以上前の世界には、西洋諸国を中心とした国々の広大な植民地が、広がっていました。圧倒的な技術優位を背景に、植民地支配の波は、十九世紀、アジアにも押し寄せました。その危機感が、日本にとって、近代化の原動力となったことは、間違いありません。アジアで最初に立憲政治を打ち立て、独立を守り抜きました。日露戦争は、植民地支配のもとにあった、多くのアジアやアフリカの人々を勇気づけました。
 
世界を巻き込んだ第一次世界大戦を経て、民族自決の動きが広がり、それまでの植民地化にブレーキがかかりました。この戦争は、一千万人もの戦死者を出す、悲惨な戦争でありました。人々は「平和」を強く願い、国際連盟を創設し、不戦条約を生み出しました。戦争自体を違法化する、新たな国際社会の潮流が生まれました。
 
当初は、日本も足並みを揃えました。しかし、世界恐慌が発生し、欧米諸国が、植民地経済を巻き込んだ、経済のブロック化を進めると、日本経済は大きな打撃を受けました。その中で日本は、孤立感を深め、外交的、経済的な行き詰まりを、力の行使によって解決しようと試みました。国内の政治システムは、その歯止めたりえなかった。こうして、日本は、世界の大勢を見失っていきました。
 
満州事変、そして国際連盟からの脱退。日本は、次第に、国際社会が壮絶な犠牲の上に築こうとした「新しい国際秩序」への「挑戦者」となっていった。進むべき針路を誤り、戦争への道を進んで行きました。
 
そして七十年前。日本は、敗戦しました。
 
戦後七十年にあたり、国内外に斃れたすべての人々の命の前に、深く頭を垂れ、痛惜の念を表すとともに、永劫の、哀悼の誠を捧げます。
 
先の大戦では、三百万余の同胞の命が失われました。祖国の行く末を案じ、家族の幸せを願いながら、戦陣に散った方々。終戦後、酷寒の、あるいは灼熱の、遠い異郷の地にあって、飢えや病に苦しみ、亡くなられた方々。広島や長崎での原爆投下、東京をはじめ各都市での爆撃、沖縄における地上戦などによって、たくさんの市井の人々が、無残にも犠牲となりました。
 
戦火を交えた国々でも、将来ある若者たちの命が、数知れず失われました。中国、東南アジア、太平洋の島々など、戦場となった地域では、戦闘のみならず、食糧難などにより、多くの無辜の民が苦しみ、犠牲となりました。戦場の陰には、深く名誉と尊厳を傷つけられた女性たちがいたことも、忘れてはなりません。
 
何の罪もない人々に、計り知れない損害と苦痛を、我が国が与えた事実。歴史とは実に取り返しのつかない、苛烈なものです。一人ひとりに、それぞれの人生があり、夢があり、愛する家族があった。この当然の事実をかみしめる時、今なお、言葉を失い、ただただ、断腸の念を禁じ得ません。
 
これほどまでの尊い犠牲の上に、現在の平和がある。これが、戦後日本の原点であります。
 
二度と戦争の惨禍を繰り返してはならない。
 
事変、侵略、戦争。いかなる武力の威嚇や行使も、国際紛争を解決する手段としては、もう二度と用いてはならない。植民地支配から永遠に訣別し、すべての民族の自決の権利が尊重される世界にしなければならない。
 
先の大戦への深い悔悟の念と共に、我が国は、そう誓いました。自由で民主的な国を創り上げ、法の支配を重んじ、ひたすら不戦の誓いを堅持してまいりました。七十年間に及ぶ平和国家としての歩みに、私たちは、静かな誇りを抱きながら、この不動の方針を、これからも貫いてまいります。
 
我が国は、先の大戦における行いについて、繰り返し、痛切な反省と心からのお詫びの気持ちを表明してきました。その思いを実際の行動で示すため、インドネシア、フィリピンはじめ東南アジアの国々、台湾、韓国、中国など、隣人であるアジアの人々が歩んできた苦難の歴史を胸に刻み、戦後一貫して、その平和と繁栄のために力を尽くしてきました。
 
こうした歴代内閣の立場は、今後も、揺るぎないものであります。
 
ただ、私たちがいかなる努力を尽くそうとも、家族を失った方々の悲しみ、戦禍によって塗炭の苦しみを味わった人々の辛い記憶は、これからも、決して癒えることはないでしょう。
 
ですから、私たちは、心に留めなければなりません。
 
戦後、六百万人を超える引揚者が、アジア太平洋の各地から無事帰還でき、日本再建の原動力となった事実を。中国に置き去りにされた三千人近い日本人の子どもたちが、無事成長し、再び祖国の土を踏むことができた事実を。米国や英国、オランダ、豪州などの元捕虜の皆さんが、長年にわたり、日本を訪れ、互いの戦死者のために慰霊を続けてくれている事実を。
 
戦争の苦痛を嘗め尽くした中国人の皆さんや、日本軍によって耐え難い苦痛を受けた元捕虜の皆さんが、それほど寛容であるためには、どれほどの心の葛藤があり、いかほどの努力が必要であったか。
 
そのことに、私たちは、思いを致さなければなりません。
 
寛容の心によって、日本は、戦後、国際社会に復帰することができました。戦後七十年のこの機にあたり、我が国は、和解のために力を尽くしてくださった、すべての国々、すべての方々に、心からの感謝の気持ちを表したいと思います。
 
日本では、戦後生まれの世代が、今や、人口の八割を超えています。あの戦争には何ら関わりのない、私たちの子や孫、そしてその先の世代の子どもたちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません。しかし、それでもなお、私たち日本人は、世代を超えて、過去の歴史に真正面から向き合わなければなりません。謙虚な気持ちで、過去を受け継ぎ、未来へと引き渡す責任があります。
 
私たちの親、そのまた親の世代が、戦後の焼け野原、貧しさのどん底の中で、命をつなぐことができた。そして、現在の私たちの世代、さらに次の世代へと、未来をつないでいくことができる。それは、先人たちのたゆまぬ努力と共に、敵として熾烈に戦った、米国、豪州、欧州諸国をはじめ、本当にたくさんの国々から、恩讐を越えて、善意と支援の手が差しのべられたおかげであります。
 
そのことを、私たちは、未来へと語り継いでいかなければならない。歴史の教訓を深く胸に刻み、より良い未来を切り拓いていく、アジア、そして世界の平和と繁栄に力を尽くす。その大きな責任があります。
 
私たちは、自らの行き詰まりを力によって打開しようとした過去を、この胸に刻み続けます。だからこそ、我が国は、いかなる紛争も、法の支配を尊重し、力の行使ではなく、平和的・外交的に解決すべきである。この原則を、これからも堅く守り、世界の国々にも働きかけてまいります。唯一の戦争被爆国として、核兵器の不拡散と究極の廃絶を目指し、国際社会でその責任を果たしてまいります。
 
私たちは、二十世紀において、戦時下、多くの女性たちの尊厳や名誉が深く傷つけられた過去を、この胸に刻み続けます。だからこそ、我が国は、そうした女性たちの心に、常に寄り添う国でありたい。二十一世紀こそ、女性の人権が傷つけられることのない世紀とするため、世界をリードしてまいります。
 
私たちは、経済のブロック化が紛争の芽を育てた過去を、この胸に刻み続けます。だからこそ、我が国は、いかなる国の恣意にも左右されない、自由で、公正で、開かれた国際経済システムを発展させ、途上国支援を強化し、世界の更なる繁栄を牽引してまいります。繁栄こそ、平和の礎です。暴力の温床ともなる貧困に立ち向かい、世界のあらゆる人々に、医療と教育、自立の機会を提供するため、一層、力を尽くしてまいります。
 
私たちは、国際秩序への挑戦者となってしまった過去を、この胸に刻み続けます。だからこそ、我が国は、自由、民主主義、人権といった基本的価値を揺るぎないものとして堅持し、その価値を共有する国々と手を携えて、「積極的平和主義」の旗を高く掲げ、世界の平和と繁栄にこれまで以上に貢献してまいります。
 
終戦八十年、九十年、さらには百年に向けて、そのような日本を、国民の皆様と共に創り上げていく。その決意であります。
 
平成二十七年八月十四日
内閣総理大臣  安倍 晋三
 
記事引用元: http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/discource/20150814danwa.html
コメント引用元: http://comment.news.163.com/news3_bbs/B11USEBL00014JB6.html
 
※ 5個以上のGoodがあるコメントについて、Goodの数を載せています
※ Badの数がGoodの数の10%を越えているものについてはBadの数も載せています
※ 下記コメントで言及されている事柄の事実確認は行っておりません。真偽の判断はみなさまでお願いします
 



 
■ 黒龍江さん
 
そろそろ前を向こう。毎日毎日歴史にこだわり、ちょっと風が吹いて草木がそよいだだけですぐに日本を持ち出す。政府は何があっても日本を許すつもりはなさそうだが、一体何から国民の視線を逸らそうとしているんだ? [786 Good]
 
 
 
■ 北京さん
 
終わったな。日本が正式に謝罪をした。「日本が歴史を認めず謝罪をしない」というイメージを作り上げることは難しくなった [694 Good]
 
 
 
■ 遼寧さん
 
なんだこの談話。何も言わないよりはマシだろうけど、こんなものでは俺たちは騙されない。安倍が今後も中国を挑発し続けることは誰の目にも明白だ [437 Good, 85 Bad]
 
 
   ■ 湖北さん
 
   そうだよな。そういうことにしないと困っちゃうもんな。日本が謝罪しちゃうと、国民の視線を逸らす材料がなくなっちゃうもんな [15 Good]
 
 
   ■ 広州さん
 
   湖北さんに賛成 [12 Good]
 
 
   ■ 武漢さん
 
   やっぱり日本は謝罪するべきではなかった。どうせ謝罪してもこんなことを言われることは最初から分かっていた [13 Good]
 
 
 
■ 河南さん
 
康熙帝は日本を「倭子国は常識が通用しない国だ。彼らは卑しく、恩義を忘れ、すぐに暴力に訴える」と評した。
アメリカの元大統領フランクリン・ルーズベルトは日本を「日本人は有史以来最も卑しく、恥知らずな民族」と評した。
フランスの元大統領シャルルドゴールは・・・
 
(訳者注: この後この調子でモンテスキュー、ニコライ二世、ジョン・ロックフェラーと続きますが、同じような内容の日本非難が続き、面倒くさいので以後省略します)
 
[370 Good, 87 Bad]
 
 
 
■ 四川さん
 
「我が国は、そうした女性たちの心に、常に寄り添う国でありたい」
 
何言ってんだ?世界中が笑ってるぞ
 
[276 Good]
 
 
 
■ 広東さん
 
みんなにひとつ教えてあげる。某国の特殊な社会制度は、西側諸国がとっくに捨て去った制度だ [262 Good]
 
(訳者注: 中国のネットでは、「某国」や「あの国」という言葉は基本的にすべて中国を指します)
 
 
 
■ 湖南さん
 
日本の技術は信用する。しかし日本人自体は信用できない [249 Good, 46 Bad]
 
 
 
■ 黒龍江さん
 
誠意が全く感じられない。戦争の原因を美化している。虐殺の理由を「食糧難」としている。これは謝罪には当たらない。日本は恥知らずのクソ [241 Good, 58 Bad]
 
 
   ■ 四川さん
 
   完全に同意。安倍は信用できない [52 Good, 9 Bad]
 
 
 
■ 湖北さん
 
あっちゃー [60 Good]
 
 
 
■ 天津さん
 
あーあ、これからどうするんだろうね [44 Good]
 
 
 
■ 湖南さん
 
宋とともに中国は滅亡し、明とともに華夏は失われ、清とともに漢族は消え去り、文革とともに信仰はなくなり、改革開放とともに道徳は滅びた。日本を罵るだけの改ざんされた教科書を見るたびに、果たしてどの時点で中国は進むべき道を間違えたのだろうかと自問する [23 Good]
 
 
 
■ 深センさん
 
今日はいい日だ [14 Good]
 
 
 
■ 山東さん
 
素晴らしい談話だと感じた [13 Good]
 
 
 
■ 中国さん
 
なんか日本らしい談話だな [13 Good]
 
 
 
■ 浙江さん
 
日本に謝罪してほしくなかった人が中国にはたくさんいるだろうな。特に上層部 [12 Good]
 
 
 
■ 杭州さん
 
まぁ、何を言っても五毛さんたちは満足しないだろうね [10 Good]
 
(訳者注: [五毛] 1件当たり5毛(約7円)の報酬で、中国政府に有利な発言をインターネット上に書き込む体制側の「世論誘導役」のことです。「ネット・コメンテーター」とも呼ばれ、約30万人いるとみられています。中国では既成メディアの報道は規制されていますが、ネットでの発言は比較的自由です。自らの主張を書き込む市民に対し政府は不都合な情報は削除、「いたちごっこ」となっています per kotobank)
 
 
 
■ 四川さん
 
俺はこの談話を正式な謝罪と受け止めた。なんでみんなが罵り続けるのか理解できない [10 Good]
 
 
 
■ 上海さん
 
中国よりも日本の方が真実を真実としてとらえようとしている。だから日本は発展する。これが日中の大きな差だ [9 Good]
 
 
 

 


54 comments

Skip to comment form

  1. 1
    とある日本さん 2015年8月15日 at 17:26 (UTC 9)

    お隣の半島の掲示板とえらい違いw

    1. 1.1
      とある日本さん 2015年8月15日 at 17:28 (UTC 9)

      やっぱりネット民は中国の方がはるかにましだな

      1. 1.1.1
        とある日本さん 2015年8月15日 at 20:23 (UTC 9)

        わかってると思うけど、これまともな人の多い掲示板だから、まあ朝鮮はまともが全滅なんでそこから考えればましかもだけど

        1. 1.1.1.1
          とある日本さん 2015年8月16日 at 01:06 (UTC 9)

          そうだな。
          それでも、あんな国よりかは余程前向いてる人が多いのも事実だとおもう。
          アレとは関わりたくない。

    2. 1.2
      とある日本さん 2015年8月15日 at 17:31 (UTC 9)

      彼らには自分らも後ろ暗いところあるからな
      中国もウイグル・内モンゴル・チベットを解放しろって話だし

      まあそれ以前にクソ半島は日本と戦争すらしてないけどね
      併合は向こうからの申し出で日本は最初拒否してたくらいだし
      戦後に漁民襲って島を占拠した事考えるとむしろ韓国こそが日本に謝るべき

    3. 1.3
      とある日本さん 2015年8月15日 at 23:39 (UTC 9)

      やはり中国人は劣等奴隷民族の韓国人とは違うな。奴らは頭の悪い韓国人と違うから侮れない。
      富裕層やインテリ層は知識や資産に余裕があるから客観的視点を持てるからな。
      底辺の貧困層は祖国に対する非難ができないから怒りの矛先を日本に向けてストレスを発散させるしかない。

  2. 2
    とある日本さん 2015年8月15日 at 17:28 (UTC 9)

    少なくとも中国とはお互い戦って命のやり取りをしたからな。
    半島は、えっと、なんなんだアレ

  3. 3
    とある日本さん 2015年8月15日 at 17:35 (UTC 9)

    まー日本が上なかぎり、永久に謝罪要求するんでねーの、特亜はw
    相手しなくていいんだよコイツラは、劣等感なんて消えるわけねーんだから
    あとトンスル半島は絶対に許さん、口に糞詰めて根絶やしにするべし

  4. 4
    とある日本さん 2015年8月15日 at 17:38 (UTC 9)

    中韓の反応はどうでもいいやw
    私は満足したし
    安倍さんカッコ良かったわきゅんきゅん
    そんだけ♪

  5. 5
    とある日本さん 2015年8月15日 at 17:42 (UTC 9)

    中国にも「分かってくれる人」はいるんだね。素直にうれしいよ。

  6. 6
    とある日本さん 2015年8月15日 at 17:43 (UTC 9)

    虐殺の理由を食糧難ということにしているとか言ってるけどそれ東南アジアに対しての話ですから
    中国への侵略は認めるけど犠牲者3000万人とか捏造はやめろと日本人は言ってるだけなのにな
    終戦直後の数字で四百数十万人としてたのはなんだったんだよ
    それだってプロパガンダ含みな感じなのに10年ごとくらいにどんどん増やしていってるんじゃねえよと

  7. 7
    金正恩 2015年8月15日 at 17:43 (UTC 9)

    日本に文句有るなら国交断絶して良いぞ!

    TPPで交易始めたら中国から買わないんだろうな!

  8. 8
    とある日本さん 2015年8月15日 at 17:44 (UTC 9)

    中国と関係改善したらあの国は発狂するだろうなぁ。

    1. 8.1
      とある日本さん 2015年8月15日 at 18:34 (UTC 9)

      日中蜜月の方向に行くと、なぜか日本の首相のスキャンダル暴露が・・・
      某国政府の報道官は「日中韓の融和と安定を望む」なんてしれっと言ってるけど
      あいつらこそ日本にとっての裏ボスだと思う
      一回ボコられたし逆らう気力も国力もありませんがね(´・ω・`)

      1. 8.1.1
        とある日本さん 2015年8月15日 at 20:50 (UTC 9)

        パンダを愛する者は呪われるのじゃ

  9. 9
    とある日本さん 2015年8月15日 at 17:45 (UTC 9)

    北朝鮮の名前も出してあげようよ(´・ω・`)

  10. 10
    とある日本さん 2015年8月15日 at 17:46 (UTC 9)

    次は正式な賠償について言い始めるんだろ

  11. 11
    とある日本さん 2015年8月15日 at 17:47 (UTC 9)

    安倍さんこの談話どの程度計算してんだろう

  12. 12
    とある日本さん 2015年8月15日 at 17:52 (UTC 9)

    割とマジで受け止めてくれたのは認められるが、こっちの卑屈ではない感情からするといつか捏造と
    日本のこれまでの貢献に気付いて人間らしい素直さで感謝の意を表明されることを望む。
    国と国の付き合いでどちらか一方だけの奉仕なんて有り得ないからな、覇権取りたいなら全力で胆力を溜めろ中華よ。
    田舎の声がでかいだけのDQNなんて集まりの悪い青年団のボス止まり、人望がなければ群れなんて機能しないからな。

  13. 13
    とある日本さん 2015年8月15日 at 17:53 (UTC 9)

    計算なんてしてないとおもう
    ただ事実をいっただけじゃないか

    中韓のチープなファンタジーと違って本当にクオリティが高くて感動したわ

  14. 14
    とある日本さん 2015年8月15日 at 17:57 (UTC 9)

    日本が過去何度も謝罪していることを中国人は知らないんだな
    どんだけ情報規制されてるんだよw

  15. 15
    とある日本さん 2015年8月15日 at 18:02 (UTC 9)

    この談話のすごいところは
    中国と韓国にダメージを与えて
    他の国に良い印象を与えたこと。

    1. 15.1
      とある日本さん 2015年8月15日 at 22:26 (UTC 9)

      あれ?
      いつもどーりじゃね?

  16. 16
    とある日本さん 2015年8月15日 at 18:03 (UTC 9)

    大体において劣等感を埋められるのは優越感でしかない
    自身の努力なしに優越を感じたいなら他を無理やりにでも貶めその名を傷つけるべし
    保身の為には言い訳を擦り切れるほど磨くべし
    中韓見てて俺が感じるのはこれだな
    これはガキがよくやる手段だよ
    世界は根気良く相手してるが実は矯正なしの放置で改善することはまずない
    怠慢得意の愚かな特ア、リーダー気取りの弱腰日本、なすりつけ合いゲームは来世紀まで続く

  17. 17
    とある日本さん 2015年8月15日 at 18:07 (UTC 9)

    ここの中国コメはかなり日本よりだぞ
    ウェイボーだとかなり荒れ模様

  18. 18
      2015年8月15日 at 18:09 (UTC 9)

    日本人はお前ら中国人に許してもらおうとか、和解しようとなんて思っちゃいない。
    これは韓国人にも言えることだがお前らが本国で何を思おうが何をしようが好きにすればいい。
    焼身抗議でもなんでも好きにしやがれ。
    でもな、日本に来て悪さをするのだけは絶対に許さねぇよ。

    それと「日本人は信用できない」とかふざけたことを言うのはやめろ。
    悪なら悪に徹しろ。
    領土領海を平気で侵略したかと思えば、自分たちがまるで弱者のように振舞うのもやめろ。
    「とにかく日本が憎いから許さない」とでも言えばいい。
    謝罪の仕方がどうのとか、つまらん御託を並べるな。

  19. 19
    とある日本さん 2015年8月15日 at 18:10 (UTC 9)

    どうでもいいが先日NHKは元軍人の中国での略奪証言のみの悪印象流してたな
    均衡を保とうとしないメディアなんてもはや悪の機関に思える

  20. 20
    とある日本さん 2015年8月15日 at 18:18 (UTC 9)

    文章長過ぎ、1行で済む

    「諍えば衰退し、手を繋げば繁栄する」

    これがどんなに馬鹿が否定しようとしても否定出来ない絶対真理

    1. 20.1
      とある日本さん 2015年8月15日 at 19:50 (UTC 9)

      「諍えば衰退し、手を繋げば繁栄する」

      これは老子の言葉でしたっけ、中国は色々残念すぎますね。

  21. 21
    とある日本さん 2015年8月15日 at 18:27 (UTC 9)

    日本の歴史関連の報道は戦後70年経ってもコンテキストが欠如してる。
    深く近代を学ばない教育プログラムをいい事に白い下地に好きなように色を置いていくのを
    楽しんでるようにも見える。
    なぜ?どうして?どうやって?と同時に、世界ではどういう事が起きてたの?それはなぜ?
    が無いから毎度、戦争はいけないよね!悲しいよね?という感傷的な言葉で結んでてとても「空虚」だ。
    こんな知識得た人間が本当に平和や国家を考える事ができるんだろうか?
    日本社会もメディアももう一歩ステージアップするべきだと思う
    首相の談話もそういう部分が読み取れる

    1. 21.1
      とある日本さん 2015年8月15日 at 18:50 (UTC 9)

      同意。

      俺みたいなバカでもそれは考える。

  22. 22
    とある日本さん 2015年8月15日 at 18:37 (UTC 9)

    まあ分かってる事は「これからも何も変わらずシナチョンは喚き続ける」って事。
    実際としてシナチョン以外に向けた言葉なんだろうけど、シナチョンは世界中で喚き続けて事実を覆い隠すからやがて皆謝罪の事実も忘れる。

  23. 23
    とある日本さん 2015年8月15日 at 18:41 (UTC 9)

    後世に謝り続ける宿命を負わせない・・・、
     ⇒ それでいい、
    今回が最後ってこったな、
    今後は、2度と戦争はしない、という、決意表明だけすればいい

  24. 24
    とある日本さん 2015年8月15日 at 18:47 (UTC 9)

    戦後70年談話でこれだよ、内容と政権の姿勢にはそれなりに納得はしてるが、まだまだ敗戦の負荷が方々に軋轢を生んでいるのだと実感する。勿論他国の力が影響しているのもあるが。

    慎重に慎重を重ねるってのは表向きと言葉的には立派な姿勢に見えてるかも知れんが、ずるずる引き延ばして我が身を傷つけている様にも感じる。
    日本は70年間で多大な国際貢献をしてきたし継続もしている、こんな協力を惜しまず行動に移せる国が他にあるなら挙げてもらいたいほどだ。
    努めて客観的に考えてもする必要の無かった贖罪ですら済んでいる。
    大観的には勝敗だけでなく戦争自体が現世界への過程の一つだった。

    風化させてはならない、なんておためごかしに惑わされてはならない、風化は自然な事で過去への神経症的拘りこそ無駄な問題を次世代に引き継ぐ悪行だ。
    争いが過酷なのは遥か昔から皆知ってる、それでも起こるのは何故なのかを考えていくべきなのになぜすぐ頭を垂れて
    争ったことだけを悪にしてしまうのか。

    もう自虐に酔うのは止めて、健全で逞しく大らかな国を目指したい。
    今幼い子供たちが将来まだ「戦後一世紀・日本の罪と罰とは」なんてぐちぐちやってるのを想像すると空しくなる。

    今こそ反省は潮時だと心に刻んで先を見据えようよ。
    世界に通用するアジア屈指の国家でいたいなら、強い精神を持たねば。

  25. 25
    とアル 2015年8月15日 at 19:16 (UTC 9)

    おいおい管理人よ
    いくらなんでも歪曲翻訳しすぎやろ
    一部の意見をメインに押し出すぎ
    方向性は違うが朝日と変わらん
    まじ、くそすぎ

    1. 25.1
      とある日本さん 2015年8月16日 at 08:57 (UTC 9)

      じゃあキミが正しい翻訳をして見せてよw

  26. 26
    とある日本さん 2015年8月15日 at 19:31 (UTC 9)

    昔からやってるんだが

  27. 27
    とある日本さん 2015年8月15日 at 19:31 (UTC 9)

    今のメディアはみんなレベルが低いよ
    レベルが低いのに国民への影響力は大きい

    子供に強力な武器をもたせてるようなもんだ、危なっかしくてしょうがない
    現に朝日新聞によって今の日本人はかなりのダメージを受けてるからな
    与える影響は全国民、ホント武器より怖いよな

  28. 28
    とある日本さん 2015年8月15日 at 19:38 (UTC 9)

    マスコミは批判するが、安部談話は客観的な事実に基づく近代日本と世界を取り巻く歴史の流れと
    我が国がそれから学んだ教訓、現在、未来への日本の平和国家としての理念、方針を示した立派な
    内容となっていると思う。

  29. 29
    とある日本さん 2015年8月15日 at 19:52 (UTC 9)

    一部談話の引用
    私たちは、経済のブロック化が紛争の芽を育てた過去を、この胸に刻み続けます。だからこそ、我が国は、いかなる国の恣意にも左右されない、自由で、公正で、開かれた国際経済システムを発展させ、途上国支援を強化し、世界の更なる繁栄を牽引してまいります。繁栄こそ、平和の礎です。暴力の温床ともなる貧困に立ち向かい、世界のあらゆる人々に、医療と教育、自立の機会を提供するため、一層、力を尽くしてまいります。

    最近発展途上への支援が多いなぁとは感じてたけど
    なるほどね とってもいいと思います。

  30. 30
    とある日本さん 2015年8月15日 at 20:37 (UTC 9)

    中国人って自分で判断できる人が多いよね。

  31. 31
    とある日本さん 2015年8月15日 at 20:38 (UTC 9)

    日本に謝罪してほしくなかった上層部がたくさんいるだろうなって発言してる中国人とかいるけどさ。
    ぶっちゃけ今までも何回も談話出してるし、そのつど謝罪してて、今の中国の日本への態度があるからね。

    だから今後も関係は変わらないんじゃないかな。今回初めて謝罪したわけでもないし

  32. 32
    とある日本さん 2015年8月15日 at 20:42 (UTC 9)

    で数年後にまた謝罪しろって言うんだよ 繰り返しなんだ 
    めんどくさいから無視しろって

  33. 33
    とある日本さん 2015年8月15日 at 21:02 (UTC 9)

    面白いのは、どうやらこれが初めての謝罪だと捉える人がいるところ
    もちろん知ってる人は知ってるんだろうが・・・
    この程度の人達とどうやって話をすればいいんだ?

  34. 34
    とある日本さん 2015年8月15日 at 21:09 (UTC 9)

    国際連盟を創設し~日本も足並みを揃えましたの後。
    人種差別撤廃提案の否決。日本政治は傷を抱えました。
    国内の政治システムは、その歯止めたりえなかった。

  35. 35
    とある日本さん 2015年8月15日 at 21:35 (UTC 9)

    全体的には好印象なのかな
    こう見るとブチギレてる人々の異常性がよく分かるわ

  36. 36
    とある日本さん 2015年8月15日 at 22:11 (UTC 9)

    反日教育と反日政策をやめ無い限り
    永遠にこのサイクルが続くだけだけどな
    これを謝罪として受け止めるぐらいなら
    昔の謝罪と条約ですでにカタがついてるはずだろ
    談話は今の日本の立場を表明したまでで、こいつらがどう思うと知ったことじゃない
    意見していいのはプロパ教科書と情報統制放送で洗脳するのをやめてからだ

  37. 37
    とある日本さん 2015年8月15日 at 22:30 (UTC 9)

    ウソと暴力で出来たシナ臓器狩り共産党人身売買他民族の民族浄化ぎゃくさつ宗教弾圧何でもテロやるぞ一党独裁テロ国家の洗脳バカがまたなんか言ってるw

  38. 38
    とある日本さん 2015年8月16日 at 00:32 (UTC 9)

    さらっと、欧米列強の植民地支配を言い、
    今まで何度も謝罪、反省、お詫びをしている事も入れる。
    うまい談話だよ

  39. 39
    とある日本さん 2015年8月16日 at 02:24 (UTC 9)

    日本人というだけで、謝罪をしなければならない。
    戦後生まれに謝罪を求めるのは、差別と同じだと思うよ。
    子供を産んだ事を後悔している。

  40. 40
    とある日本さん 2015年8月16日 at 02:51 (UTC 9)

    これに否定的なのは共産党の奴らだろう
    某国との最大の違い
    日本にもなりすましで安倍批判してるブサヨがいるからその意味じゃ中国の反応と同じ
    ほんと中国の共産党と日本のブサヨは困った奴らだよ

  41. 41
    とある日本さん 2015年8月16日 at 04:06 (UTC 9)

    妙な揚げ足取りを許さないよく計算しつくされた名文だからな
    中国としてもつっこみ所を見つけづらいのだろう

  42. 42
    ネトウヨ=韓国・統一教会 2015年8月16日 at 10:07 (UTC 9)

    ニッポンをトリモロス!つって竹島提訴を中止
    嘘吐かない。ブレない。断固反対TPP!には参加し
    見直す筈の談話は踏襲してお詫び談話まで発表

    ネトウヨが「謝罪してない」と豪語してるものは
    中国人から正式な謝罪として受け止められる始末

    いやぁ、さすが支持率急落するだけはありますな。

  43. 43
    とある日本さん 2015年8月16日 at 13:05 (UTC 9)

    湖南さんのような正しく中国を見る人も居ることにと安心する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Top