スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


«

»

中国人「いつも楽しい日本の選挙特番の当選者紹介を見てみよう」 中国人「あの人の孫か!」「小野寺さんは仕方がない」

 
「いつも楽しい日本の選挙特番の当選者紹介を見てみよう」という記事が中国版ツイッターのWeiboに掲載され、中国人のコメントがたくさん投稿されています。ご紹介します。
 
 
 
[記事]
いつも楽しい日本の選挙特番の当選者紹介を見てみよう



写真では見切れていますが、田村真子アナは田村議員の娘です



記事引用元:
https://weibo.com/5543176559/KFsv9dYI5
https://weibo.com/5543176559/KFsve9RNa
 
※ 5個以上のGoodがあるコメントについて、Goodの数を載せています
※ 下記コメントで言及されている事柄の事実確認は行っておりません。真偽の判断はみなさまでお願いします
当サイトのコメントポリシーと、「バカと言う人がバカ」の精神と中国人のスルー技術をもってコメントを書き込みましょう
 

Sponsored Link


 
■ 河南さん
 
太宰治の孫か!それはすごい! [50 Good]
 
 
   ■ 上海さん
 
   太宰治の孫は同僚の犬が芥川龍之介と名付けられていることについてどう感じているのだろうか [48 Good]
 
 
 
■ 北京さん
 
鯉全滅!ひでぇ!! [31 Good]
 
 
   ■ 広州さん
 
   鯉全滅は反則だろ。こんなの笑うしかない [21 Good]
 
 
 
■ 河北さん
 
民主主義は本来こうあるべき [5 Good]
 
 
 
■ 在日中国さん
 
日本人は相変わらず楽しそうなことをやっている
 
 
 
■ 香港さん
 
Snow Manいいよねー!
 
 
 
■ 四川さん
 
小野寺さんは仕方がない。60代の男性は若いアイドルを知らなくて当たり前
 
 
 
■ 北京さん
 
81歳で当選できるの?
 
 
 
■ 北京さん
 
太宰治は美少年だったと記憶しているけど。。
 
 
 
■ アメリカ在住さん
 
とりあえず田村真子を検索してみた
 
 
 
■ 広東さん
 
高市早苗は若いころは綺麗だった
 
 
 
■ 雲南さん
 
芥川龍之介と呼ばれて犬は自分のことだと認識するのだろうか
 
 
 
■ 福建さん
 
井野俊郎さんは小呉かと思った
 
 
   ■ 山東さん
 
   私も!
 
 
(訳者注:小呉さんは2018年に杭州の床屋で「無料で体験できる」と言われて実施したメニューで1万8千元(約30万円)を請求される詐欺被害にあった青年です。警察に通報してメディアの取材を受けた際、インパクトのある眉毛が中国のネットユーザーの心をつかみ、あっという間に有名になってテレビ番組にゲスト出演するまでになりました。その後SNSの更新を停止して行方不明説が流れましたが、現在は不動産賃貸会社に普通に就職したようです)

 
 
 
■ 雲南さん
 
ガッキーに写真撮影をお願いするのか。知らないって怖い
 
 
 
■ 四川さん
 
中国だったら騒乱挑発罪で摘発されるだろうな。日本は相変わらず平和そうで何より
 
 
 

 


21 comments

Skip to comment form

  1. 1
    とある日本さん 2021年11月3日 at 21:16 (UTC 9)

    小野寺さんはがっきーを誰だと思ったんだろう?w

    1. 1.1
      とある日本さん 2021年11月3日 at 21:29 (UTC 9)

      多分ADさんだろうw

    2. 1.2
      とある日本さん 2021年11月3日 at 23:01 (UTC 9)

      パーティコンパニオンじゃね

    3. 1.3
      とある日本さん 2021年11月4日 at 07:09 (UTC 9)

      俺も知らねえんだよ実は。名前は聞いたことあるが顔知らん。

    4. 1.4
      とある日本さん 2021年11月4日 at 13:34 (UTC 9)

      そらもう「シブがき隊」のメンバーとか思ってるんじゃ

    5. 1.5
      とある日本さん 2021年11月4日 at 19:04 (UTC 9)

      『目の前に〇〇ガキが現れた。』としか思ってないだろうな。

  2. 2
    とある日本さん 2021年11月3日 at 21:17 (UTC 9)

    プークマとは呼ばせない

  3. 3
    とある日本さん 2021年11月3日 at 22:13 (UTC 9)

    太宰の家(津島家)自体が青森では今でもわりと名家だしな。
    没落したけど、その「斜陽」ぶりそのものを観光ネタや選挙ネタにするという逞しさ。
    なかなかふてぶてしい一族だと思う(褒めている)
    紅楼夢の賈氏一族と最盛期が近いし衰退の仕方も似てるのに、津島一族は文学崩れのろくでなしとかを輩出して衰退しながら全然滅びそうに無い。
    清帝国の上級国民が滅び、中華民国の上級国民が滅んでも、日本は割と政治的には安定しているというか。
    大富豪がそこまで贅沢せず、あんまり海外送金せず、富豪と貧乏人がそんなに苛烈な相互殺戮とかせず、みたいな日本システムの象徴みたいな人ではあるよね。吉田さん。

  4. 4
    とある日本さん 2021年11月3日 at 22:30 (UTC 9)

    何から突っ込んで良いのか分からんwww

  5. 5
    とある日本さん 2021年11月4日 at 00:05 (UTC 9)

    もし、これと同じコンセプトで韓国のTV番組が選挙特番を作ったら
    おそらくこういったコメントが並ぶのだろう
    「大学での成績は下から数えた方が早く卒業するのに二年留年した」
    「弟が詐欺事件で逮捕歴がある」
    「若い頃から粗暴で地元にあまり良い噂がない」
    「口を開けば相手を罵るだけのニワトリ」

    韓国のコントや漫才の多くは政治家をバカにし笑うという酷いネタ
    日本で言えばウーマン村本みたいな連中が沢山いる
    同様にTVのバラエティ番組でも完全にアウトレベルの名誉棄損も
    当たり前のように放送されている
    こういうのを見ると韓国人の下劣な民族性や政治家がいかに国民から舐められているか分かる

  6. 6
    とある日本さん 2021年11月4日 at 01:35 (UTC 9)

    鯉全滅ほんと草
    まあコイヘルペスとか流行ったからね…。

  7. 7
    とある日本さん 2021年11月4日 at 04:32 (UTC 9)

    中国人もエンタメにしていたのかw
    しっかし他国の選挙特番なんて見てもいいの?

  8. 8
    とある日本さん 2021年11月4日 at 07:11 (UTC 9)

    鯉の皆殺しは書くべきでないような。

    1. 8.1
      とある日本さん 2021年11月8日 at 22:37 (UTC 9)

      別に殺したんじゃないだろ

  9. 9
    とある日本さん 2021年11月4日 at 12:41 (UTC 9)

    中国って一切の選挙も無いのか、
    例えば学校の教室で委員長選挙とかさえもないのか。

    1. 9.1
      とある日本さん 2021年11月4日 at 19:48 (UTC 9)

      中国にも選挙あるで

      共産党員しか出馬できんけど

  10. 10
    とある日本さん 2021年11月4日 at 14:37 (UTC 9)

    いいなこれ
    脳が認識をサボるようなボヤけた写真一覧が、急に活き活き色彩を持つ感じ
    短い文なのに親しみ持てる人間くささが楽しい

  11. 11
    とある日本さん 2021年11月4日 at 17:54 (UTC 9)

    政府としては公邸に幽霊がいるとは承知していないと発表していたんだけど
    よりにもよって中枢の麻生さんが会ってるんじゃないかよ
    どんな幽霊だったのだろう

    1. 11.1
      とある日本さん 2021年11月4日 at 19:06 (UTC 9)

      過労死した官僚に似てたんだろうな。

    2. 11.2
      とある日本さん 2021年11月5日 at 07:54 (UTC 9)

      流石に公邸に出る幽霊には挨拶キチンとしとかなきゃね
      どんな先輩が出てくるかわからんし
      幽霊側も「あ~、あいつの親戚ね、元気?」とかなったりしそう

  12. 12
    とある日本さん 2021年11月4日 at 21:03 (UTC 9)

    人生最大の公約違反ww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Top