スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


«

»

日本の暴力団員がLINEスタンプを自作し販売か 中国人「裏社会も大変だな」「中国みたいに保険を売れば?」

 
日本の暴力団員がLINEスタンプを自作し販売したようです。この記事を見た中国人のコメントをご紹介します。
 




 
[記事]
警視庁に摘発された指定暴力団組員の男が無料通信アプリ「LINE」(ライン)上で使える「LINEスタンプ」という画像アイテムを自作し、オンライン上で販売した疑いがあることが19日、関係者への取材で分かった。スタンプは一般の利用者向けに販売されており、警察当局は暴力団が若者らに浸透しているラインに目をつけ、新たなシノギ(資金獲得活動)としている可能性があるとみて警戒を強めている。
 
関係者によると、ラインスタンプを自作、販売したとみられるのは住吉会系3次団体に所属する40代の男。警視庁に平成30年3月ごろ、知人男性から100万円を脅し取ったとして恐喝容疑で逮捕されている。
 
スタンプは複数の種類があり、短髪の男性の画像に「アニキと一緒です」「本部です」「若いのを行かせます」といったメッセージが添えられているほか、携帯端末を見つめる男性の画像に「ヘッドに確認して」「本部は誰が泊まるの?」などの文言がある。
 
販売額はラインのルール上の上限の600円に設定。スタンプ作成者には、手数料を差し引いた一部が還元される。捜査関係者は「組員が関係先にスタンプ購入を強制すれば、実質的なみかじめ料の徴収にもなり得る。今後、身分を偽装しやすいSNSを使った同様の資金集めが活発化する恐れもある」と懸念する。
 
ライン社は、スタンプの作成者が暴力団などの反社会的勢力であることが判明した場合、販売しているアカウントを停止するなどとしている。オンライン上で公開している利用規約でも、この対応方針を周知しているという。
 
産経新聞の取材に対し、同社は「アカウントおよびスタンプが暴力団関係者のものかということに関しては、現状、把握していない」と回答。「社内で調査の上、適切に対応させていただく」としている。
 
記事引用元: https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190119-00000568-san-soci
コメント引用元: http://comment.tie.163.com/E5V6Q0GM0001875O.html
 
※ 5個以上のGoodがあるコメントについて、Goodの数を載せています
※ Badの数がGoodの数の10%を越えているものについてはBadの数も載せています
※ 下記コメントで言及されている事柄の事実確認は行っておりません。真偽の判断はみなさまでお願いします
 



 
■ 山東さん
 
日本の裏社会も大変なんだな [212 Good]
 
 
 
■ 上海さん
 
日本の城管 [206 Good]
 
(訳者注: 城管・・・中国の都市管理局職員のことです。中国では「泣く子も黙る」といわれている「城管」。街の秩序を守るという大義名分のもと、市民を殴る蹴るは当たり前。その柄の悪さはチンピラ並みと恐れられています)
 
 
 
■ 北京さん
 
これは・・笑っていいのか? [135 Good]
 
 
 
■ 江蘇さん
 
マフィアがラインスタンプを作る時代になったのか [108 Good]
 
 
 
■ 山東さん
 
クソ高いラインスタンプを買わせてみかじめ料とするのか。考えたな [64 Good]
 
 
 
■ 遼寧さん
 
フェイクニュースだろ [29 Good]
 
 
 
■ 広州さん
 
600円?安くね? [22 Good]
 
 
 
■ 湖南さん
 
中国の裏社会はえげつなすぎる [19 Good]
 
 
 
■ 重慶さん
 
中国ではみかじめ料を払うことが一般的 [7 Good]
 
 
 
■ 遼寧さん
 
日本の暴力団は、ちゃんとみかじめ料を払うと意外としっかり仕事をしてくれるらしい 
 
 
 
■ 広西さん
 
治安のいい日本で暴力団は一体どうやって生きていっているのだろう
 
 
 
■ 深センさん
 
わはははは!なんか可愛い
 
 
 
■ 広州さん
 
暴力団もSNSを使う時代になったんだな
 
 
 
■ 海南さん
 
日本の暴力団も中国みたいに保険を売ればいいのに。何があっても客に請求させなければいい
 
 
 
■ 河南さん
 
公的な税金で成り立っているのが役所で、私的な税金で成り立っているのが裏社会
 
 
 
■ 浙江さん
 
中国の城管が同じ手を使わないことを切に望む
 
 
 

 


16 comments

Skip to comment form

  1. 1
    とある日本さん 2019年1月28日 at 11:37 (UTC 9)

    また朝鮮人同士で争ってるのか
    本当に迷惑な民族だわ

  2. 2
    とある日本さん 2019年1月28日 at 11:49 (UTC 9)

    ヤクザが必要悪だと言ってるやつもいるが、
    今のヤクザのシノギは、「オレオレ詐欺」と「覚醒剤」など、一般人相手に違法行為をしてるだけ
    半グレとともに壊滅する必要がある

    1. 2.1
      とある日本さん 2019年1月28日 at 12:28 (UTC 9)

      壊滅したらチャイニーズマフィアとコリアンマフィアがその椅子に座るだけだけどな

      1. 2.1.1
        とある日本さん 2019年1月28日 at 13:55 (UTC 9)

        すでにコリアンマフィアになっとるやん

  3. 3
    とある日本さん 2019年1月28日 at 11:53 (UTC 9)

    やかんくんの方もテツくんの方もみたけど、テツくんの方は安かったらちょっとだけ欲しいかも。

  4. 4
    とある日本さん 2019年1月28日 at 11:57 (UTC 9)

    どんな内容か気になって検索したら
    カメラで撮った画像に文字入れただけの凄い手抜きだった

  5. 5
    とある日本さん 2019年1月28日 at 12:09 (UTC 9)

    大変だなぁ

  6. 6
    とある日本さん 2019年1月28日 at 12:31 (UTC 9)

    ■ 北京さん
    これは・・笑っていいのか? [135 Good]

    まったく同じ事を思った。

  7. 7
    とある日本さん 2019年1月28日 at 14:40 (UTC 9)

    ラインってあの国の会社だから裏社会とは親和性がいいんじゃね?

  8. 8
    とある日本さん 2019年1月28日 at 14:41 (UTC 9)

    前に作ってみたけど1年経って2人にしか購入してもらえてない
    こっちの方が売れてたら悲しい

  9. 9
    とある日本さん 2019年1月28日 at 17:20 (UTC 9)

    一応、言っとくけど覚醒剤などは裏世界でもそこまで人気ないよ。
    なんでかって、危険だから。
    扱ってるっちゃ扱ってるけど、それよりも上記のLINEスタンプなどのチマチマしたものの方が安全。
    あと、このLINEスタンプに関しては、組のシノギってより個人のシノギだからね笑
    今の業界事情は、
    組→ 表社会での会社経営が主な資金源
    組員→ 自分の得意分野を生かした(PCなどの操作が得意であれば、まとめサイトやLINEスタンプの作成など)シノギが主な資金源

    もう、よほど経営難じゃなければ、危ない事に組も、あまり手を染めない。
    因みに、覚醒剤などを使った商売を完全やってないとは言ってない。

  10. 10
    とある日本さん 2019年1月28日 at 17:22 (UTC 9)

    中国や韓国のマフィアだらけになったら、今の日本の治安はないだろうな。暴力団がいても今の治安が守られるならそのほうがマシだわ。

  11. 11
    とある日本さん 2019年1月28日 at 18:27 (UTC 9)

    外国人マフィアやアンダーグラウンドで働いてる不法滞在者は金稼ぎまくってるのにな。
    オリンピックするってのになんの浄化案も出てこない日本の現状が恐ろしい。

  12. 12
    とある日本さん 2019年1月28日 at 23:33 (UTC 9)

    LINEスタンプって、製作者の取り分が1%だぞ、、、戦後のアイドルグループのフィンガー5と同じ取り分。

  13. 13
    とある日本さん 2019年1月29日 at 09:26 (UTC 9)

    これ単に自分が欲しかったスタンプを自分で作ってみたってだけじゃ・・・?

  14. 14
    ocean king sandakan 2019年1月31日 at 13:56 (UTC 9)

    The one thing more anticipated than the Oscars themselves was the actual show, mainly because it had been shrouded in secrecy.
    With a brand new host, a new production team, and no word on presenters, the Oscars show was putting itself right on the line to stay relevant.

    Small experiment will play a huge part in what the Oscars will look like in a long time to come, depending regarding how
    the reviews go.

    Television taking place during age of the Roman empire that certainly makes my list is Gladiator.
    Russell Crowe stars as Maximus, a fugitive general that on a crusade for
    vengeance because he attempts to deliver
    down an evil emperor, played by joker android apk.

    Donned in casual golfer-chic garb, Adler says that the evening’s show full of A-listers wasn’t something for you to become reviewed gravely.
    It was the fact that they are here as well as the cause ended up
    being important.

    None with the women I spoke to were Colin Farrell readers.
    However, that could be my fault. Personally i detest this actor view it probably gravitate toward friends who
    browse through the same. Still, these women found nothing appealing
    about his grungy bad-boy style or frame of mind. That leads me to feel as if there maybe there is hope for womankind yet somehow.

    “It’s great – for me, it’s more purposeful. I get to do this in front of his dad and friends,” gleams Feliciano.
    “I tools on when to check out Recycled Records on Haight and Masonic – I used to work currently there! The owner is still generally. He remembers me and welcomes me with open biceps.

    If in deed this is the prefix and combination a good upcoming character that Joaquin possibly may portray when it comes to true hip hop journey, no one is going to obtain it until a movie or a cut is leaked. Again, the live cuts would not compare on the clean separates. Some asked if his upbringing had anything related to this decision, however I see no connection except talent in knowledge.

    I’m Still Here premiers in limited release September 10th 2010. Joaquin’s brother-in-law, Casey Aflleck Directed the film. I’m thinking this will either play out like a really bad marathon of Leave it to Lamas episodes as well as the most uncomfortable investigation of a lost soul since Werner Herzog’s Grizzly Man – or even better, when M. Knight Shyamalan cast himself as the Writer That Saves the Universe in Lady in the Consuming. http://udssr.su/guestbook/gb.php

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Top