スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


«

»

中国人「日本が太平洋戦争で負けた原因はどこにあると思う?」

 
「日本が太平洋戦争で負けた原因はどこにあると思う?」という話題で盛り上がっている中国の掲示板を見つけました。ご紹介します。
 


15061402

 
■ スレ主さん
 
日本が太平洋戦争に敗れたのには多くの理由が存在すると思う。海軍の思想の遅れや大艦巨砲主義への過依存などの主要な直接原因もあるけど、その他にもたくさん間接的な原因があるはずだ。日本が戦争で負けた原因はどこにあると思う?参考までに日本海軍の不思議な点をいくつか挙げてみる。
 
1. なぜ十七米内火艇を改良し多用しなかったのか
2. 畝傍はどこに行ったのか
3. 陸奥はなぜ自爆したのか
4. 月月水火木金金、なぜ土曜日まで削るのか。当時から週休二日?
5. なぜ駆逐艦と軍艦が区別され、駆逐艦が重要視されなかったのか
6. 能力重視の人事が行われていたのに、なぜ誰も意見を上呈できなかったのか
7. 潜水艦を輸送用にしか使わず、なぜ戦闘に直接投入しなかったのか
 
 
引用元: http://tieba.baidu.com/p/3824034437
 
※ この掲示板は日本に興味がある人が集まる場所にあるので、発言が少々偏ってるかもしれません。
※ 下記コメントで言及されている事柄の事実確認は行っておりません。真偽の判断はみなさまでお願いします
 



 
■ 1楼さん
 
アメリカが強すぎたから
 
 
 
■ 2楼さん
 
アメリカだな。ちなみに中国の8年の抗日戦争は日本の勝敗には何も関係ないと俺は考えている
 
 
   ■ 2-1楼さん
 
   中国国軍がいなかったら太平洋戦争の期間は倍になっていた。ソ連がいなかったらさらに倍
 
 
   ■ 2-2楼さん
 
   アメリカも中国国軍もソ連もいなかったら何倍?
 
 
   ■ 2-3楼さん
 
   つまり共産党の八路軍だけってこと?しらねーな
 
 
 
■ 3楼さん
 
原爆
 
 
 
■ 4楼さん
 
日本ってハワイは攻撃したけど、アメリカ本土は攻撃してないよな
 
 
   ■ 4-1楼さん
 
   風船爆弾を何個か到達させてるぞ。あまり影響はなかったみたいだけど
 
 
   ■ 4-2楼さん
 
   アリューシャン列島はアメリカ本土に入る?もし入るのであれば、日本軍は島を2個占領した
 
 
 
■ 5楼さん
 
侵略戦争の結果がこれか。ざまぁ
 
 
 
■ 6楼さん
 
帝国海軍の思想は保守的だったが、彼らが大艦巨砲主義に偏重していたとは考えていない。ミッドウェー海戦以降、帝国海軍は考えを改め、機動部隊を重視するようになった。その後の島嶼戦での機動部隊、前進部隊、前衛艦隊の関係性を見ればよくわかる
 
 
 
■ 7楼さん
 
当時の日本は航空母艦を作る能力があったのに、なんで大艦巨砲主義にこだわったんだろう
 
 
 
■ 8楼さん
 
最終的には国力の問題だよな
 
 
 
■ 9楼さん
 
当時の日本は過激分子に支配されていたから、戦略上で大きなミスを連発した。そして戦線を拡大しすぎた
 
 
 
■ 10楼さん
 
ミッドウェー海戦の敗北で日本の運命は決まったようなものだ
 
 
 
■ 11楼さん
 
なんで日本は真珠湾攻撃なんていう余計なことをしたんだよ。あれがなければドイツは負けなかったかもしれないのに
 
 
   ■ 11-1楼さん
 
   なかなか面白い意見だな。真珠湾攻撃が起こる前はアメリカは第二次世界大戦に積極的に関与する姿勢を確かに見せてはいなかった
 
 
   ■ 11-2楼さん
 
   真珠湾攻撃の知らせを聞いてチョビ髭は喜んだかもな。米軍の全勢力が日本に向かうかもしれなかったしな
 
 
 
■ 12楼さん
 
日本の陸軍と海軍がもう少し仲が良かったら、戦争はもっと長引いてたかもしれない
 
 
   ■ 12-1楼さん
 
   日本海軍は知能犯。日本陸軍はチンピラ
 
 
 
■ 13楼さん
 
人口の差だろ。日本では戦争後期は15歳の少年も徴兵されてたらしい
 
 
 
■ 14楼さん
 
戦線が長すぎた。満州と東南アジアと南の島を同時に守るのはさすがに無理だろ
 
 
 
■ 15楼さん
 
日本軍は中国に深入りしすぎたな。それが戦争後期の兵力不足へとつながった
 
 
 
■ 16楼さん
 
日本の敗戦の直接の原因は、アメリカをナメてたことだよ。これがすべて
 
 
 


91 comments

Skip to comment form

  1. 1
    とある日本さん 2015年6月16日 at 06:27 (UTC 9)

    誰も間違ったことを言っていなくてワロタw
    まぁ、加工されていない情報を自分で勉強できるやつは、自然にそう思うよね

    1. 1.1
      とある日本さん 2015年6月16日 at 11:55 (UTC 9)

      君はもう少し歴史を勉強し、洗脳を解こう。
      当時の大日本帝国は対米戦争を回避しようと必死になっていた。
      何故ならば、白人の行いから滅ぼされることが確定していたからだ。
      しかし、ハルノートや経済制裁、フライングタイガースによる直接的攻撃があり、無抵抗で殺されるよりも抵抗して生存の目を残す判断を下し、真珠湾反撃を行った。
      これのお陰で現在のアジアがあるといって過言ではない。
      さて、もともと勝ち目がないのだが、それでも動かざるを得ず、動くためには 「作戦を承認させる必要性」 があり、ここで色々と無理を押し通さざるを得なかった。

      ちなみに大日本帝国は、1939年の大和・武蔵を最後に戦艦を建造しておらず、雲竜型などの空母を建造しており、
      大艦巨砲主義(運用法が確立され信頼性のある方法)ではなく、航空主兵主義(新しく出来た未知数の方法)に移行している。

      「加工されてない情報」 だと思い込んでいる 「加工された情報」 を元に思考を進めても、答えにはありつけない。
      史料(ですらないプロパガンダ)を疑い検証するところから始め無ければ意味がない。

      1. 1.1.1
        とある日本さん 2015年6月16日 at 19:48 (UTC 9)

        そっくり返すよ

        1. 1.1.1.1
          とある日本さん 2015年6月17日 at 01:38 (UTC 9)

          加工されてない情報を勉強できてるんだったら、その情報を挙げて反論してみたらどうかね?
          おうむ返しにレッテル貼るだけじゃなくて、自分の言葉で説明しろよw

      2. 1.1.2
        とある日本さん 2015年6月17日 at 01:34 (UTC 9)

        そういう被害者視点でよく物を語れると思いますよ。

        ハルノート以前に、経済制裁は日本の国際協調を無視した独占市場支配への野心の結果だし、資源と市場、覇権の為に中国深く侵略した事実は免れない。
         
        >何故ならば、白人の行いから滅されることが確定していたからだ。
        被害妄想。軍を統制できなかった日本人の自業自得に他なりませんよ。

        >しかし、ハルノートや経済制裁、フライングタイガースによる直接的攻撃があり、
        うーん、フライングタイガースの初出撃はビルマ・ラングーンでの日本軍迎撃。そもそもAVGは戦前には戦闘活動をしていない。

        真珠湾攻撃が反撃なんて初めて聞いたし、そのおかげで今のアジアがあるとは…?
        戦後多くの旧軍関係者があの戦争を後悔しているのに、サイパンやマニラや沖縄では何万、何十万もの現地人、日本人を犠牲にしたのに、戦争に行ってないあなたがどうして賛美できますか?

        知ってる? 
        玉音放送直前、敗戦を認めず、文字通り国土を焦土とし全国民の生命を危険に晒そうとした逆賊将校が居たらしいです。 結局呆れられて殆ど誰にも相手にされず、最終的に自殺したけれど。
        あなたは彼らのようなエリートには思えないけど、狂信的な面だけは優ってるかもね。

    2. 1.2
      とある日本さん 2015年6月16日 at 12:15 (UTC 9)

      戦争になった時に天皇に将校が泣いて謝った事実があるんだよ、>1さん。
      その謝った将校は東京裁判で有名な東条英機。

  2. 2
    とある日本さん 2015年6月16日 at 06:42 (UTC 9)

    全員 側面的な意見でワロタww
    だれでも言えるありきたりな意見

    何故負けたのか 当時から民度が高すぎてすでに戦争に不向きな舵取りしかできなかったからだろうな

  3. 3
    とある日本さん 2015年6月16日 at 06:54 (UTC 9)

    日本に共産主義者が、いっぱい増えて、朝日新聞のようにソ連の手先までいて、日米戦争に引きずり込まれた。
    資源を米国に依存して日本が、戦争に勝てるはずがなかった。
    ただ、アジアの植民地から、欧米を追い出して、独立軍を組織、育成する時間稼ぎをしていた。
    資源のない日本は、消耗する兵器の補充さえ出来ず、一方米国は、有り余る資源で兵器を増産して、物量で圧倒された。

  4. 4
    とある日本さん 2015年6月16日 at 06:58 (UTC 9)

    知らないだろうが、太平洋戦争中は3年連続で3度の大震災が起きている
    それも災いしているのだろうけど、そもそも物量で負けちゃうよね

    真珠湾前に勝手に石油を規制されたし

    1. 4.1
      とある日本さん 2015年6月16日 at 07:22 (UTC 9)

      それがそもそもの太平洋戦争のきっかけだろうが。
      国際的圧力をかけられては、もう引くに引けなく、開戦するしかなかった。
      アメリカとまともにやれば、負けるとわかっていながらもやるしかなかった。
      まともにやっても負ける。ゆえに先手必勝で奇襲攻撃の真珠湾だったが・・・・
      予想外にも米海軍の主要艦隊はそこにいるはずが、いなかっただけ。
      大したダメージも与えられず、米に戦争する既成事実を作らせたにすぎなかった。
      よって、あちらの主力艦隊がきたら、案の定勝利などあるはずもなかった。
      また、大震災とか関係ねぇよ。
      震災あろうが、なかろうがアメリカとやり合った時点で負けだったんだよ。
      資源がある国ではなかったからな日本は。

      1. 4.1.1
        とある日本さん 2015年6月16日 at 12:13 (UTC 9)

        私が負けた理由を簡潔に述べた、海戦の切っ掛け、物量の差を無駄に長々と何倍にしてくれてありがとうな

        しかし、関係ないと言う三度の大震災は中京地区の軍事工場、戦闘機など作っていた所を滅茶苦茶にしてるんだがな
        ちなみに、当時の日本国民にはあまり知らされてなかったが、海外諸国には筒抜けだったぞ
        だからアメリカに対して人工地震を発生させる兵器があるんじゃないか?とか言われたりしたんだからな

  5. 5
    とある日本さん 2015年6月16日 at 06:59 (UTC 9)

    日本を除くアジア植民地諸国の 解放は本来中国が主導しなければならなかった。だが彼等は白人にシッポを振り阿片漬けにされ、領土を奪われ、良民が奴隷にされても地面に着けた膝と頭を挙げることはなかった。臥薪嘗胆の想いを胸に日本が歴史上初めて白人国家に戦いを挑んだ時、日本はアジアの希望の光であった。我も彼も人間である、白人国家にそれを知らしめん為に日本は戦ったのである。アジアのWW2は様々な呼び名はあるが『人間戦争』が最も適しているだろう。

  6. 6
    とある日本さん 2015年6月16日 at 07:04 (UTC 9)

    >なんで日本は真珠湾攻撃なんていう余計なことをしたんだよ。

    調べろよ馬鹿

  7. 7
    とある日本さん 2015年6月16日 at 07:07 (UTC 9)

    ※4
    石油の禁輸が開戦理由のダメ押しだろうがw
    開戦1年前は本当に米国とやると思ってる人間は日本にはいねえよw
    万が一を考えて準備しようってのはいても本当にやるとは思わねえ。

    1. 7.1
      とある日本さん 2015年6月16日 at 09:32 (UTC 9)

      陸軍中将の平林なんかは開戦直後、部下に『日本は負ける』と話した位だからな。
      ちなみに8月のソ連参戦の前、4月の段階でソ連参戦の情報が軍令部に知らされていた事が判明している。

    2. 7.2
      とある日本さん 2015年6月16日 at 11:58 (UTC 9)

      米政府の意思により編成されたフライングタイガースをお忘れなく。
      先に攻撃してきたのはあっちだ。

  8. 8
    とある日本さん 2015年6月16日 at 07:09 (UTC 9)

    根本的な問題は、日本は中国と戦っていたのであって、アメリカは関係なかった。
    ところがイギリスから対独参戦をせかされていたアメリカがドイツと同盟を組んだ日本をアメリかとの戦争に引きずりこみ、日本は中国とアメリカと両方同時に戦う状況に追い込まれてしまった。

    アメリカは日英同盟やユダヤ資金の導入、多国からの鉄石油の確保など「日露戦争で日本が勝利した要因」を詳しく分析しており、
    他国に強力に働きかけ、日英同盟を解消させ、資金流入を止めさせ、アメリカ以外の石油等の輸入ができなくしておいて、最後にアメリカの石油も止めた。
    日本がハル大使と交渉に入るとそれを受け入れるふりをして時間稼ぎしながら、裏では空母を大量発注し高高度新型爆撃機開発(後のB29)や原爆開発を急がせ、最後に交渉を振り出しに戻して決裂させた。

    日本軍は当初、アメリカ軍をアジアの南方まではるばる遠征させて疲労のピークで襲撃する日本海海戦方式で作戦を立てていた。それを根底からひっくり返したのがアメリカから帰ってきた山本五十六。
    彼は元々の作戦を止めさせ、あろうことか「アメリカ国民を本気にさせる唯一の方法」であるハワイ攻撃を立案実行した。
    (日本軍上層部に不満を持ちアメリカに左遷されてきた将校をCIAが把握していなかったとは考えられず必ず接触したはず)

  9. 9
    とある日本さん 2015年6月16日 at 07:24 (UTC 9)

    これが侵略戦争ならもっと善戦してたわな。

    1. 9.1
      とある日本さん 2015年6月16日 at 11:59 (UTC 9)

      実際、防衛戦争だからな……
      プロパガンダとして嘘を捻じ込まれて侵略戦争ということにされているが。

      1. 9.1.1
        とある日本さん 2015年6月16日 at 16:15 (UTC 9)

        防衛戦争であんなに戦線を広げて補給線もズタズタされちゃったんならしかたないねww

        1. 9.1.1.1
          とある日本さん 2015年6月17日 at 01:59 (UTC 9)

          敵さん、大陸だったらどこまででも逃げていけたからな
          そんなのと戦うのが間違ってた

          日清日露の勝利で欲を出してしまったのが敗因だな
          その欲ってのは朝日を始めとする新聞に煽動された日本国民の欲望かな
          多くの植民地を持つ欧州、広大な国土を持つアメ・シナ(逃げ場w)と対等以上にやれるって思っちゃったんだなぁ

  10. 10
    とある日本さん 2015年6月16日 at 07:24 (UTC 9)

    アメリカではなく、ドイツに宣戦布告しなかったから。

    日本の大目的は資源の確保にあった。ならば、イギリスがドイツと交戦状態になった時点で、イギリスと交渉して、東南アジアの資源を売ってもらい、これで作った兵器・物資をイギリスに売る契約が成り立つはず。サービスに駆逐艦と空母2席ぐらいつけまっせ?

    ゼロ戦がバトル・オブ・ブリテンに参加していたら。一般的にはドイツ側にあった場合のみ有用と言われているが、私はイギリス側でも活躍したと思っている。空襲後か、離陸前の地上にいるドイツ空軍を狙って攻撃をかければよい。大型爆撃機なんかいらない。

  11. 11
    吾輩は日本人 2015年6月16日 at 07:38 (UTC 9)

     アメリカに戦争仕掛けなければ、中国は日本領土だよ、日本人が統治してれば今頃は世界一良い国に成ってるわ、

    残念な事に敗戦により世界一醜い国になった、チャンコロゴキブリは阿呆共産主義に汚染された、日本人が教育して

    も真面に成るには10年~20年かかる、めんどくさいからチャンコロ全滅さす、世の為人の為。

  12. 12
    とある日本さん 2015年6月16日 at 07:43 (UTC 9)

    中国と戦っていると勘違いしていた当時の日本人が間抜けだっただけだろう。

    日本人は特にそうだが、他国人でも大概の人が軍事面のみに注目して経済面からのアプローチが無いな。
    軍事行動以前に、英米両資本に敵対行動を取った時点で終わっってる。

    軍は利益を上げる為の道具に過ぎず、政府は資本家の為の手足だ。

    手足の命令を無視し勝手に爆発する道具など百害あって一利無し。
    尤もつまらん戯言に舞い上がり英米両資本との対決に突き進んだ政府も狂ってるが、国全体が狂ってたんだろう。
    敗戦革命を機しての真珠湾はなかなか効果的であったかもしれない。

  13. 13
    とある日本さん 2015年6月16日 at 07:45 (UTC 9)

    ていうかアメリカはもともと参加したくてたまらなかったから中ゲリラに混じってたよ。

  14. 14
    とある日本さん 2015年6月16日 at 07:55 (UTC 9)

    プロパガンダでもう負けてた。
    嘘をつけない、相手を批判しない日本は昔も今もこれに弱い。

  15. 15
    とある日本さん 2015年6月16日 at 07:57 (UTC 9)

    アジア開放の為に戦った日本と白人の手先となり妨害した中国と華僑、今頃になってアジアの盟主ズラしますか?中国人はアジア人を黄色い猿と呼ぶ白人に媚を売る為に戦ったんだよ。何故アジア諸国が中国を嫌うのか良く考えてみ。

  16. 16
    とある日本さん 2015年6月16日 at 08:20 (UTC 9)

    日本人で戦争の事考えてるようなのはほとんどいない。
    中国人はいまだに頭の中は帝国主義の時代なのかね。
    中国は日清戦争で負けなければずーっとモンゴル人に支配されたままだった。

  17. 17
    とある日本さん 2015年6月16日 at 08:26 (UTC 9)

    日本はアメリカに負けはしたけど、その後ろにある帝国主義の打倒は達成された。
    日本は勝つためというより大義のために戦った。白人の横暴は極限にまで達し、有色人種の未来は風前の灯火。
    必然的に対決せざるを得ない状況に追い込まれ、有色人種の自由(日本含む)のために戦う運命を背負わされ、
    それに真っ向から挑んだ。そして世界にとって大きな功績を残したと思ってる。

    1. 17.1
      とある日本さん 2015年6月16日 at 09:12 (UTC 9)

      戦没遺族の前で同じことをほざいてみろよ。

      1. 17.1.1
        とある日本さん 2015年6月16日 at 09:31 (UTC 9)

        意味不明

  18. 18
    とある日本さん 2015年6月16日 at 08:28 (UTC 9)

    最後が正解
    例え追い詰められたって分かりきってる敗戦などしたって損しかしない
    結局アメリカとの戦争をなめてた
    あんなひどい最後を迎えるとは誰も思ってなかった
    例え劣勢でも完全降伏などせず講話にもちこめるとなめてた結果だ
    結果的には大陸の利権にこだわらず手を引いてたほうが
    はるかに損をしないですんだが
    目先の利権にとらわれると人間て言うのはどうしても
    多い損より少ない損とは考えられずに、損は嫌だと言って得する方法を求める
    博打で身を滅ぼす人間そのもの

    1. 18.1
      とある日本さん 2015年6月17日 at 02:11 (UTC 9)

      日露戦争で大損こいたからね
      満州国で取り返せると思ったし、実際満州国は豊かになった
      でもそれが原因でシナとの摩擦が激しくなって泥沼

      現在も同じことを繰り返してるよな
      企業の中国進出なんて、新たな大陸の利権なのに
      またシナとの摩擦が激しくなって、結果日本は大損だよね

  19. 19
    とある日本さん 2015年6月16日 at 08:30 (UTC 9)

    資源を求めて、手を広げすぎたから

  20. 20
    とある日本さん 2015年6月16日 at 08:36 (UTC 9)

    単純明快に国力の差
    日本に講和の為の具体的なプランがない
    更に開戦前から既に必敗の結論が出ていた
    それなのに戦った
    国を挙げて「武士道とは死ぬ事と見つけたり」をやとうとしたんだね

  21. 21
    とある日本さん 2015年6月16日 at 08:53 (UTC 9)

    チート国に勝てると勘違いしたのが敗因

    1. 21.1
      とある日本さん 2015年6月16日 at 10:26 (UTC 9)

      まともに戦って勝てると思ってたのは馬鹿だけだよ
      日本だって戦争を避ける努力はしていた
      ただ、戦争が始まってしまっては今度は負けないための努力が必要で
      勝つのは無理と考えた政府や軍上層部は日本が善戦すればアメリカ国内が厭戦ムードに陥って手を引いてくれるかもってことに賭けたんだよ
      実際ベトナム戦争もそうして終わったしな
      ただ、太平洋戦争の時のアメリカは手を引いてくれなかった

      1. 21.1.1
        とある日本さん 2015年6月16日 at 10:44 (UTC 9)

        それを読めなかった馬鹿が始めた戦争だからww

      2. 21.1.2
        とある日本さん 2015年6月16日 at 10:59 (UTC 9)

        アメリカの領土ハワイを攻撃した日本と領土と関係無く介入の形で参戦したベトナム戦争を比べてどうするよww
        自国に関係から国内に反発でればそりゃあ撤退するさw

  22. 22
    とある日本さん 2015年6月16日 at 09:02 (UTC 9)

    個別で見るとよく分からんが大枠で見るとわかりやすい
    結局白人のルールに対抗した日本と白人に協力したシナや連合軍の形だよ
    アメリカは理由ははっきりわからんが参戦したかった、だから禁輸だ
    禁輸されれば日本は干上がり、自動的に負ける
    そうなる前になんとかしないといけないからアメリカと開戦することになる
    当時から首脳部は誰も勝てるとは思っていない、最高のシナリオがアメリカの
    艦船を叩いて講和だ
    で、現在その白人ルールを破りたがっているのが中共だろう、笑うことに
    日本としてはやっと有色人種の人権が認められ、東南アジアも解放され
    自分たちも念願の先進国になれた現在になって白人ルールを破られるのは困る
    やるなら100年前にやれ、ということで中国包囲網という流れになる

    1. 22.1
      とある日本さん 2015年6月17日 at 02:25 (UTC 9)

      アメリカが参戦したかったのはイギリスや中華民国に多大な支援・投資をしてたからだよ
      イギリスがドイツに、シナが日本に負けたら回収できなくなる
      だけどWW1や大恐慌でアメリカ国民に倦戦感が広がってたからおおっぴらに参戦できなかった
      ルーズベルトが真珠湾攻撃を事前に知ってたなんて話が出るのもそんな背景がある

  23. 23
    生粋の日本人 2015年6月16日 at 09:04 (UTC 9)

    そもそも、始めてしまったこと、始めるのを避けられなかったことが原因。

  24. 24
    とある日本さん 2015年6月16日 at 09:07 (UTC 9)

    アメリカに脅された時点で日本は詰んでいるんだよ
    資源がどこからも入ってくるあてが無くなるんだから
    当時からロシアは脅威だし、実際そのまま冷戦に突入してる
    アメリカは日本の共産化を防ぐために朝鮮戦争をするはめになる
    何をどうしてもどうにもならない

  25. 25
    とある日本さん 2015年6月16日 at 09:20 (UTC 9)

    最初から、一億玉砕の覚悟で挑むしかなかったんだろうと思う。
    亡国か植民地か。
    連合軍相手によく戦ったよご先祖様たちは…。

    1. 25.1
      とある日本さん 2015年6月16日 at 10:49 (UTC 9)

      天皇を騙して統帥権を悪用し開戦へ持ち込み国民300万人を殺し戦後、靖国に祀られるとかねww

      1. 25.1.1
        とある日本さん 2015年6月16日 at 19:01 (UTC 9)

        戦後の俺達が当時戦地に赴いた人達の心情を量れると思うか?

        1. 25.1.1.1
          とある日本さん 2015年6月17日 at 19:41 (UTC 9)

          行きたくなかっただろうねーww

  26. 26
    とある日本さん 2015年6月16日 at 09:26 (UTC 9)

    この話題ホントしつけーなwwww
    いくら妄想で過去を語ろうと起きた事は変わらないし何一つとして問題は解決しない
    今現在起きてる問題を解決する事について語ってくれないか?

  27. 27
    とある日本さん 2015年6月16日 at 09:28 (UTC 9)

    まー日本も阿片を中国で売りまくってたんだけどね。

  28. 28
    とある日本さん 2015年6月16日 at 09:30 (UTC 9)

    要因としては複合的だけど、大前提は国内の経済が死に体で、何かしらの活路が求められた。
    アメリカを舐めていたのもあり、国民が楽観的に戦争を望んだ結果だと思う。

    1. 28.1
      とある日本さん 2015年6月16日 at 09:43 (UTC 9)

      べつに舐めてないよ。アメリカの国力は熟知してたし戦争を避ける努力もした。
      中国に対しても戦争を避けようとしたね。逆にアメリカはなんとかして戦争に引き込みたがった。
      なんでも自分たちに責任を求めすぎるのはどうかな。相手におもねれば国益に適って万事安泰とも限らない。
      相手の都合ばかりで外交やってたら貧乏くじばかり引かされて終わりだろう。

  29. 29
    とある日本さん 2015年6月16日 at 09:32 (UTC 9)

    15歳の少年を徴兵は間違ってるだろ
    少年兵は志願兵で、徴兵は二十歳から

  30. 30
    とある日本さん 2015年6月16日 at 09:40 (UTC 9)

    日清、日露、第一次と勝ちすぎたから

  31. 31
    とある日本さん 2015年6月16日 at 09:49 (UTC 9)

    あの当時のお偉いさんが言ってた言葉がある・・・戦わなければ日本はアメリカに滅ぼされるが、戦っても敗れて滅びる。同じ滅びるにしても、戦わなければ日本は永遠に滅びるが、戦えば子孫は日本を復興するに違いない・・・
    負けるのは最初からわかっていたって事なんだろうね
    色んな敗戦原因はあると思うけどひとつあげろと言うならアメリカがチートだったってことだな

  32. 32
    とある日本さん 2015年6月16日 at 09:58 (UTC 9)

    蒋介石はアメリカの手先で、日本軍が真の人民解放軍だった。
    終戦までは少なくともそう思って戦っていた。

  33. 33
    とある日本さん 2015年6月16日 at 09:59 (UTC 9)

    石油だけが目的なら、ドイツに占領されて死に体のオランダ【だけに】宣戦布告して蘭印を占領すれば良かったのよ。
    そうすれば戦争をしないことを公約に当選したルーズベルト率いるアメリカは、予算を握ってる議会や国民の手前、フィリピンに手出しされなければ何も出来なかっただろうからね。
    何も周り皆を敵に回す必要は無かった。

  34. 34
    とある日本さん 2015年6月16日 at 10:05 (UTC 9)

    月月ー金金は 土日が無いってことだよw

  35. 35
    とある日本さん 2015年6月16日 at 10:06 (UTC 9)

    国力の差、と洗脳されて納得しているがそう単純でもないだろな
    さて、中国はどこまでアメリカを追いつめられるかな~?

  36. 36
    とある日本さん 2015年6月16日 at 10:15 (UTC 9)

    中国が(実はアメリカも)どんどん自滅していってるのも頷ける。
    歴史から学ぶ事が出来ないんだからな。

  37. 37
    とある日本さん 2015年6月16日 at 10:19 (UTC 9)

    >なかなか面白い意見だな。真珠湾攻撃が起こる前はアメリカは第二次世界大戦に積極的に関与する姿勢を確かに見せてはいなかった

    見せてたけど?
    中国支援に石油禁輸、日本を挑発して先に殴らせて介入する気マンマン
    先に殴らせて正当防衛を免罪符に日本をボコボコにして日本の味方のドイツもボコってやろうって腹だった
    ぶっちゃけアメリカの本命はヨーロッパ戦線への介入で日本に戦争を起こさせるのはそのための足掛かり
    アメリカにとって誤算だったのは楽勝と思ってた日本に粘られたこと

  38. 38
    とある日本さん 2015年6月16日 at 10:35 (UTC 9)

    世界恐慌後、アメリカは経済の立て直しを急務としていた。
    第二次世界大戦は軍需、志願兵など失職者たちに仕事を与える絶好の機会だった。日本の戦争を利用した。
    大戦後の覇権を握るため原爆を落とし威厳を見せつけた。これ以上の真実があるか?

    1. 38.1
      とある日本さん 2015年6月17日 at 02:34 (UTC 9)

      シナ人が話したいのはアメリカ側の真実じゃなくて日本が負けた理由
      つまり日本をバカにして優越感に浸りたいだけなんだよ

      本当に歴史に学ぶなら大日本帝国の興亡からアメリカとは敵対しちゃいけないって結論出さないとダメなんだが、シナはプロパガンダや情報戦には強いけどそれだけだな

      1. 38.1.1
        とある日本さん 2015年6月17日 at 19:44 (UTC 9)

        日本人ってプロパガンダって言葉が好きだよね。

  39. 39
    とある日本さん 2015年6月16日 at 10:49 (UTC 9)

    シナは、戦争ネタが多いな。
    それしか強みがないからな。
    早くデフォルトしろよ。

  40. 40
    とある日本さん 2015年6月16日 at 10:57 (UTC 9)

    石油禁輸だの措置は日本が中国の侵略をやめないからなんだが

    ヘレン・ミアーズも言ってるように日本が正当性を訴えても米国には通じなかったんだよ

    まるで慰安婦問題みたいだな

    1. 40.1
      とある日本さん 2015年6月16日 at 11:22 (UTC 9)

      そういうことじゃないよ、言っていることは理解している?
      制裁与奪の権利を米国が握っている、その米国が禁輸したという事実が重要
      軍備を放棄しないと禁輸すると言われると理解できる?
      それ以前にアメリカがイギリスに禁輸していたなら
      貴方の荒唐無稽な話も成り立つんだけど

    2. 40.2
      とある日本さん 2015年6月16日 at 12:56 (UTC 9)

      >中国の侵略をやめないから

      中国に設けた自分達の利権への侵害だね
      桂ハリマン協定破棄以降の対米関係は正直どうもならんだろう。
      また上海だけならまだしも南京とか、満州締め出された米がようやく手に入れた国民党紙幣印刷権まで奪われたら怒るわな。
      まあ仮に英と協調して英領国民党支那と日帝満州で分割統治したとしてもだ
      ww1で締め出された独資と米資にソ連が英領切り崩し狙った日本挑発は止まんかっただろう。
      そういえば、大戦後半のモスクワ大使ってハリマン息子だったか。
      約束は護らんとあかんね。

  41. 41
    とある日本さん 2015年6月16日 at 11:12 (UTC 9)

    当時中国は何やってたの~?(笑

  42. 42
    とある日本さん 2015年6月16日 at 11:13 (UTC 9)

    輸送船の護衛を軽視或いはできなかったことが敗因。
    多くは単独か民間船に化けていたため米国は容赦なく潜水艦で沈めていった。

  43. 43
    とある日本さん 2015年6月16日 at 11:43 (UTC 9)

    敗戦の原因は様々で、表面的な理由よりも、思想的に敗北に突き進む要因があったと思う。
    大きな流れに鑑みると、尊皇開国に舵を切って明治維新を興した勢力に、佐幕派の思想が入り込み、
    そこにアジアの解放と言う自衛以外の要素が加わり、初期の尊皇攘夷に先祖がえりしたとも言える。

    外部からの共産革命思想がその雰囲気(空気)を利用して扇動したため、
    国を滅ぼす戦略をあえてとらされたとも言える。

    その原動力となったのは、軍部にいた左翼思想家と国粋主義者。
    赤い思想のスパイに乗っ取られた朝日を始めとするマスコミと、それに踊らされた多くの国民。

    歴史に学ぶならば、国粋主義と左翼思想が結びつくと、国を滅ぼす事が目的になる。
    戦争反対の9条教が、国旗を翻しならデモを始めたら要注意のサインだ。

    1. 43.1
      とある日本さん 2015年6月16日 at 12:20 (UTC 9)

      それは違う。
      まず日本は太平洋戦争以前から長期に渡り日中戦争をしており経済が停滞していた。関東軍は満州国建国時の欧米への苛立ちもあってインドシナへ進軍。政府の田中義一はその旨を天皇陛下に上奏するも天皇の意志を無視した行動だっただけにこれまでも何度か上奏(満州事変の時も天皇陛下は納得されなかったそうだ)した後にまもなく病死、天皇陛下は自分が田中を追い詰めたと考え以降あまり主徴をしなくなった。それからが関東軍の独壇場。そして欧米から制裁された日本は本格的に困窮し政府、軍部への批判が増えてきた中で始めて”聖戦”という言葉を議会で口にしたんだよ。所謂アジア植民地開放の大義。その時議会は反対派の暗殺と軍部の権限が強化され日本政府は支配された。
      自らの特権を守りたいがあまり国民とアジア全土を巻き込んだ関東軍こそ悪。

      1. 43.1.1
        とある日本さん 2015年6月16日 at 13:38 (UTC 9)

        それをひっくるめての思想体系だから、時系列で維新以降の日本の歩みを見れば、
        維新で攘夷できなかった制圧された側の恨みと、脱亜入欧に押し込められていた鬱憤の発露が一つにある。
        それは日露戦争にあった列強への抵抗と自衛が変容して、アジア解放と言う大儀を纏った事でわかるだろう。

  44. 44
    とある日本さん 2015年6月16日 at 12:30 (UTC 9)

    中華への投資絡みで、米国との利権争いが引くに引けなくなる所まで深入りしすぎたからだな
    一国へ肩入しすぎるのは良くない事だと教訓を作ったと思うよ

  45. 45
    とある日本さん 2015年6月16日 at 12:30 (UTC 9)

    >月月水火木金金
    火水が逆だよ?

  46. 46
    とある日本さん 2015年6月16日 at 12:35 (UTC 9)

    国力に見合った展開と情報戦略の拙さ。
    あと、盲信。

  47. 47
    名無しよん 2015年6月16日 at 12:38 (UTC 9)

    4項目めでコケたw

    ただ、中国が週休2日になったのは比較的最近のことだが、それ以前の土曜日は基本的に平日と同じで、日本のように「半休日」ではなかったはずだよ。だからああいう疑問も出てくるんだと思う。

  48. 48
    とある日本さん 2015年6月16日 at 13:17 (UTC 9)

    日本側メリット
     ・国内の反勢力をうまく粛清できた、特に中国・インパール・南方では大成功
     ・アメリカに、焼夷弾で一掃してもらい都市再開発を容易に進めた
    アメ側メリット
     ・原爆の実践実験ができた
     ・ドルを基軸通貨にできた
     ・軍事産業を潤すことができた
    もっとあるかな

    1. 48.1
      とある日本さん 2015年6月16日 at 15:48 (UTC 9)

      >アメリカに、焼夷弾で一掃してもらい

      戦没遺族の前で同じことをほざいてみろよ。

  49. 49
    とある日本さん 2015年6月16日 at 13:23 (UTC 9)

    1. なぜ十七米内火艇を改良し多用しなかったのか
    もしかして艦載水雷艇のことか?太平洋戦線ではこれを実戦で使えるような戦況ではないし、開戦の10年以上前に兵装降ろして普通の連絡艇として運用してた。しかしこんなマイナーなのよく知ってるなw

    2. 畝傍はどこに行ったのか
    ほんと何処行っちゃったんだろうね。でも日露戦争のときの話じゃないのよさw

    3. 陸奥はなぜ自爆したのか
    原因の特定はもう無理だろうなぁ。

    4. 月月水火木金金、なぜ土曜日まで削るのか。当時から週休二日?
    いや、だから年中無休で猛訓練してるってことだよw

    5. なぜ駆逐艦と軍艦が区別され、駆逐艦が重要視されなかったのか
    えーっ?水雷戦隊大活躍だったじゃないですかー!

    6. 能力重視の人事が行われていたのに、なぜ誰も意見を上呈できなかったのか
    そんな人事は残念ながらされていませんな。年功序列で適性?ナニソレ状態。
    開戦当初世界最強の機動部隊司令は水雷屋さん。

    7. 潜水艦を輸送用にしか使わず、なぜ戦闘に直接投入しなかったのか
    いや、戦闘に直接投入しまくって消耗したんだが?空母ワスプ撃沈した伊-19は有名。
    もっと通商破壊に投入しろという指摘なら妥当だが。

  50. 50
    とある日本さん 2015年6月16日 at 13:30 (UTC 9)

    まだまだ日本人は負けた悔しさから抜け出せないらしいw

  51. 51
    とある日本さん 2015年6月16日 at 13:44 (UTC 9)

    >侵略戦争の結果がこれか。ざまぁ

    中華思想で自分たちが偉い、と思ってるくせに自分たちや東南アジアが白人にいいようにやられてたという「史実」を無視すんなよw
    別に戦争を美化するつもりはないが、太平洋戦争を引き起こした日本とそれをさせる原因を作った「白人国」とどっちが「悪」かと言われたら間違いなく後者だと思う。

  52. 52
    とある日本さん 2015年6月16日 at 17:46 (UTC 9)

    藤田というパイロットがアメリカを一発だけ爆撃したが、ただのボヤで終わったらしい。

  53. 53
    とある日本さん 2015年6月16日 at 18:29 (UTC 9)

    開戦の原因も敗戦の原因もたった一言
    「資源がなかったから」
    鉄も石油もボーキサイトもゴムもすべて輸入頼り
    その資源をすべてストップされたなら
    戦って死ぬか戦わないまま餓死するかの二択
    なら万が一にかけてでも戦う方を選ぶのが普通
    悪名高い万歳アタックもこの発想

    1. 53.1
      とある日本さん 2015年6月16日 at 18:47 (UTC 9)

      敗戦の原因はそうだが、開戦の資源不足は切っ掛けであり、真の原因はではないな。

  54. 54
    とある日本さん 2015年6月16日 at 19:04 (UTC 9)

    原爆に対抗できる兵器がなかったからでしょ

  55. 55
    とある日本さん 2015年6月16日 at 20:01 (UTC 9)

    中国人さんごめんなさい

    謝罪したった
    はい!この話はこれで終わりね!

    じゃあこれからの平和について話合おうぜ
    先ずは領土についてからだな

    1. 55.1
      とある日本さん 2015年6月16日 at 20:51 (UTC 9)

      罪を認めて謝罪したんだから償う必要がアル
      領土は勿論全て戦勝国である中国の要求通りアル

      ・・・というのが中国含め世界のスタンスだよ 安易に謝罪してはいけない

  56. 56
    とある日本さん 2015年6月16日 at 21:17 (UTC 9)

    日本の事より、自分達が何故勝てないのか議論しなよ。

  57. 57
    とある日本さん 2015年6月17日 at 18:10 (UTC 9)

    無謀だった日露は勝った
    あの国を併合したのは1910年

    あとはわかるな?

  58. 58
    とある日本さん 2015年6月17日 at 23:16 (UTC 9)

    陰 謀 論

  59. 59
    とある日本さん 2016年8月9日 at 12:19 (UTC 9)

    日本は白人達の軍事侵略、植民地化が日本をも脅かしていたことが許せなかったから戦ってきたんだよ。しかし、中国やアジア諸国を欧米の植民地から解放しても日本からの持ち出しばかりで国民の利益にはなっていなかった。また、結果、植民地から解放されたことも事実なのに日本がその事実を評価してないから、ネガティブな部分だけを蒸し返され中韓に都合の良いように記事されるだけ。現代人として失敗に学ぶものがあるか、彼らが無駄死にだったのかどうか、それは後世に生きる我々次第だ。

    (1)当時のアメリカ国民は海外のことなんか興味ないし、真珠湾攻撃の始め方が最悪。そして、資源もないのに全方位に喧嘩を売りまくった。石油が欲しけりゃインドネシアにあるんだからオランダと戦争すればよかっただろ。また満州で油田掘り当ててアメリカ、独伊と共同開発と分割統治をすればいいんだ。色々な道は選ぶことができたはず、あえてアメリカと戦争する必要はなかった。

    (2)実際に中国が国土統一していたかどうかなんて日本は全く関係なかった。当時のシナは英、仏、蘭、ロシア、ドイツに何か軍事行動を起こされたら統治国に大きいな損害賠償ときっちり領土割譲の要求を何度も繰り返していただけじゃないのか。日中戦争では日本軍は北京、上海、南京など中国大陸の半分を占領したが、そもそも、日本軍は中国全土を統一しなければならない必要性は無かった。日本本土の負担を削減するため利益国達が中国分割統治を分割するくらいが丁度良かったはずで中国が自ら崩壊・分裂し複数の勢力に分かれるよう導き、もし、10ヶ国以上に分裂していたら今は日本と或いは全人類にとって平和と幸せがあったのに。

    (3)日本は東北を完全占領して満州政権を立ち上げた。それは、新政権軍治安部隊の再建に着手してロシアを防ぎ権勢するためと、日本最強の関東軍の安全のため大陸の沿海要塞が必要だったから。ただし、さっさと満州を独立させ日本軍が危ない東北で頑張る必要はなかった。

    (4)切腹,己の責任を取るために自ら命を絶つ切腹のコンセプト良くない。人間は死が怖く、また生き続けたいと願う。これは当たりこと。正確な情報と状況が最高指導者まで上がらないと最適な判断はできない。無能な軍部の増長&政治家のリーダーシップ低下が始まったあたりから敗戦は運命づけられてた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Top