スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


«

»

中国紙「鬼滅の刃について日本の記者が宮崎駿監督に感想を聞いてみた」 中国人「千と千尋は何物にも代えられない」

 
鬼滅の刃の大ヒットについて日本の記者が宮崎駿監督に感想を聞いたそうです。この記事を見た中国人のコメントをご紹介します。
 




 
[記事]
「ついにジブリ陥落か……」
 
いまや、映画ファンのもっぱらの関心事は『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(外崎春雄監督)の快進撃だ。公開からわずか24日で、興行収入が204億円を突破。興行収入の日本記録は、2001年公開の『千と千尋の神隠し』の308億円だが、これは1年を超えるロングランで達成した数字。『鬼滅の刃』の興収がこのまま伸びれば “ジブリ超え” は確実だ。
 
では、王座を奪われる宮崎駿監督(79)の胸中や、いかに。11月初旬の早朝、日課にしている自宅周辺のゴミ拾いをするため、自宅を出てきた宮崎氏を直撃した。
 
--『鬼滅の刃』の興収が『千と千尋の神隠し』に迫っています。どう見ていますか?
 
「まあ、僕には関係ないことだと思います。興行成績がどうのこうのということには、あまり関係しないほうが、現場は平和でいいんです。一生懸命作っていりゃあいいんで」
 
--『鬼滅の刃』はご覧になりましたか?
 
「観ません。ほとんど観てないんです、ほかのものを。テレビも観ないし、映画も観てない。ゴミ拾いをやっている引退じじいです」
 
--『千と千尋の神隠し』が歴代1位でなくなることを残念がるファンもいます。
 
「そんなことは、どうでもいいよ。世界はいつもインフレになっているんですから。(それよりも)ゴミを拾わないと……」
 
そう、語気を強めて答えた宮崎氏。“鬼滅” を観ないと答える一方、ジブリ超えの勢いについては、すでに知っている口ぶりだ。はたして、その真意はいかなるものか。
 
「『僕には関係ない』と答えたのは本音でしょう。でも同時に、現況を無視するのは難しいのでは」と語るのは、アニメ研究家の津堅信之氏だ。
 
「じつは、1986年の『天空の城ラピュタ』や1988年の『となりのトトロ』は興行成績が振るわず、宮崎監督は苦労しました。だから、今でも数字は気になるはずです」
 
『鬼滅の刃』と『千と千尋~』には、共通するヒットの背景があるという。
 
「『千と千尋~』が公開されたのは、全国にシネコンができて、劇場の数がどっと増えた時代でした。そして『鬼滅の刃』が公開されている今は、コロナ禍で上映できる新作がなく、空いている劇場が多い状況です。つまり、両作品とも公開時にたまたま劇場が新作映画に “飢えていた” ため、多くの劇場で上映できた、という共通点があるんです。
 
でも、『鬼滅の刃』は漫画を原作としており、原作かテレビアニメ版を見ていないと、100%映画を楽しめるようにはできていません。一方『千と千尋~』は、劇場に行けば誰もが楽しめるオリジナルアニメです。
 
映画人としては、劇場だけで勝負するジブリ作品が負けてしまうのは、悔しいはずです。宮崎監督も、同じ気持ちではないでしょうか」
 
映画評論家の前田有一氏も、宮崎駿作品と『鬼滅の刃』の共通点を指摘する。
 
「日本では、アニメ映画は原作よりも、製作会社のブランドが重視される傾向が強いんです。これまでも『スタジオジブリ』や『ディズニー・スタジオ』が製作した作品を、『それなら間違いない』と思って観てきた人は多いでしょう。
 
じつは、『鬼滅の刃』を製作した『ufotable』という製作スタジオも、超人気アニメ『Fate』シリーズを手がけるなど、ファンのあいだではすでに “ブランド化” している存在です。とはいえ宮崎監督も、まさか『千と千尋~』の記録を抜かれるとは思っていなかったでしょう」
 
これで宮崎氏が奮起し、新たな超大作アニメ映画を作ってくれるなら万々歳だが……。
 
--今は(2017年に製作を発表した)『君たちはどう生きるか』を製作されているようですが、作業は順調ですか?
 
「やっています。僕は引退したまま、やっているんですよ。それについては、東宝を通じて聞いてみてください。僕は全体のことは把握していませんから。ゴミ拾いで回らなくちゃいけないので、これで……」
 
そう話す宮崎氏の眼光は、“鬼” 気迫る、闘志を感じさせるものだった。
 
記事引用元: https://news.yahoo.co.jp/articles/a87f90ba76226d0243500092596af7e20caa960f
コメント引用元: https://weibo.com/1623886424/Jtektwne9 Good]
 
※ 5個以上のGoodがあるコメントについて、Goodの数を載せています
※ 下記コメントで言及されている事柄の事実確認は行っておりません。真偽の判断はみなさまでお願いします
当サイトのコメントポリシーと、「バカと言う人がバカ」の精神と中国人のスルー技術をもってコメントを書き込みましょう
 



 
■ 陝西さん
 
千と千尋では河の神を洗い、自身も自宅周辺のごみ拾いをする。この人は本当に地球を大事をしているんだな [215 Good]
 
 
 
■ 北京さん
 
未だに記録を破られていないとは、千と千尋は本当にすごかったんだな [88 Good]
 
 
 
■ 上海さん
 
> ゴミ拾いをやっている引退じじいです
 
[76 Good]
 
 
 
■ 陝西さん
 
宮崎映画はいつまでたっても古くならない。千と千尋、ラピュタ、もののけ姫など、いつ見ても感動する。もののけ姫は十回以上見た。自然と人間の関係が本当に素晴らしい。宮崎監督に敬礼! [36 Good]
 
 
 
■ 福建さん
 
鬼滅ってそんないいいの? [43 Good]
 
 
   ■ 在日中国さん
 
   正直、ジブリとは比べ物にならないと思う。ただの商業アニメ [18 Good]
 
 
 
■ 河北さん
 
千と千尋は何物にも代えられない [15 Good]
 
 
 
■ 雲南さん
 
鬼滅の刃は20年後に誰か話題にしてるかな? [17 Good]
 
 
 
■ 江蘇さん
 
宮崎監督のこの姿勢が好き [6 Good]
 
 
 
■ 北京さん
 
本当に環境を大事にしてるんだな [8 Good]
 
 
 
■ 深センさん
 
鬼滅の刃を好きな人はたくさんいる。千と千尋は万人に愛される [8 Good]
 
 
 
■ 湖南さん
 
鬼滅の刃も面白いと思う。でも千と千尋は別格。同じ時期に公開してみてほしかった [6 Good]
 
 
 
■ 天津さん
 
宮崎監督、いいね!
 
 
 
■ 北京さん
 
宮崎監督は今はゴミ拾いをしているのか。世界は不思議なところだ
 
 
 
■ 在日中国さん
 
宮崎駿監督の次の作品はまだですか?
 
 
 
■ 山東さん
 
宮崎監督、鬼滅の刃と比べられて怒ってるんじゃない?
 
 
 
■ 河南さん
 
そうだよね。鬼滅の刃よりも世界のインフレのほうが大事だよね。千と千尋大好き!
 
 
 

 
 


21 comments

Skip to comment form

  1. 1
    とある日本さん 2020年11月14日 at 20:38 (UTC 9)

    「ねえねえ、今どんな気持ち?」を聞くために自宅前で張ってるのか
    ほんとこの手のメディア連中はゴミだな

    1. 1.1
      とある日本さん 2020年11月14日 at 21:56 (UTC 9)

      一方の鬼滅の方も炭次郎役の花江夏樹にインタビューするも何度も何度も同じ内容でうんざりしたのか過去の取材内容調べて同じ質問しないって条件つけられて遠回しのお断りしたら「そんなの無理やん、役者ならちゃんとインタビュー受けるのが義務。こいつ天狗になってるわ」(要約)
      って内容の記事だもんなぁ。取材する相手にはそれを求めるのに自分は無理です、意に沿わないなら天狗になってる扱いで本当にマスゴミってゴミだわな。天狗になってんのお前らだろ、何様だよって本当に思う。

    2. 1.2
      とある日本さん 2020年11月15日 at 07:11 (UTC 9)

      ほんそれ
      直撃とか言ってるが、要はアポなしで突っ込んでった訳やろ?
      プライベートでゴミ拾いしてたら、クズがアポなしで取材しに来るとかクソやでホンマ
      記者って社会人としての常識かけてる奴多くて辟易するわ

    3. 1.3
      とある日本さん 2020年11月15日 at 14:16 (UTC 9)

      そんな連中の書く新聞とやらを未だに取ってる家庭もあるわけだろ?
      クズに金払ってクズ記事読む人たちは何て呼んだらいいんだろな

  2. 2
    とある日本さん 2020年11月14日 at 21:48 (UTC 9)

    駿は監督の個性を感じない映画に興味はないんじゃないか?
    鬼滅の映画のヒットは原作の人気とアニメーターの力量だろうし
    監督は特に注目されてないしな

    1. 2.1
      とある日本さん 2020年11月14日 at 22:13 (UTC 9)

      『うる星やつらオンリーユー』を見て「全然アンタの映画になってない」って押井本人に言うくらいだからな
      押井とパヤオって正反対だけど「TVアニメのでっかい版は映画と呼べない」って認識は共通してるらしい

  3. 3
    とある日本さん 2020年11月14日 at 21:58 (UTC 9)

    興行収入がすごいことになってるらしいけど内容的に
    もののけと千と千尋には到底及ばないだろうことは見なくてもわかる

  4. 4
    とある日本さん 2020年11月14日 at 22:00 (UTC 9)

    ジブリ陥落とかアホか
    このシリーズが今後何作も続いて常に興行トップを出し続けるならそうかもしれないけど
    ゲスな日本のメディアに比べてここの中国人は100倍人間出来てる

  5. 5
    とある日本さん 2020年11月14日 at 22:07 (UTC 9)

    こんなゲスをしても、
    ネットで話題にされるだけで、
    誰もフラッシュを買わない。

    週刊誌の記者ってバカね。

    1. 5.1
      とある日本さん 2020年11月14日 at 22:25 (UTC 9)

      写真週刊誌の記事か、ゲスさに納得。
      往年のパヤオだったら、怒鳴りつけて記者の質問がいかに無意味で下らないか捲し立てるかと思ったが丸くなったもんだ。

    2. 5.2
      とある日本さん 2020年11月16日 at 13:47 (UTC 9)

      そりゃあゴミ拾いを邪魔されりゃあ、誰だって鬼気迫る眼光にもならあな。

      1. 5.2.1
        とある日本さん 2020年11月17日 at 05:54 (UTC 9)

        俺だったら”殺人鬼の目”になってると思う。

  6. 6
    とある日本さん 2020年11月15日 at 01:02 (UTC 9)

    中国は信仰の自由が無いのに千と千尋が好きなのに驚いたw
    もののけや千と千尋は海外向けなのか?
    神とか無関心な子供の頃に観てよくわからないアニメだと思った
    大人になって少しだけわかったような

    1. 6.1
      とある日本さん 2020年11月16日 at 13:49 (UTC 9)

      拝金主義は世界有数なんだけどね

  7. 7
    とある日本さん 2020年11月15日 at 04:13 (UTC 9)

    宮崎駿さんはヘヴィースモーカーですがね

  8. 8
    とある日本さん 2020年11月15日 at 05:59 (UTC 9)

    興行的には失敗の部類に入ってるトトロなんか、
    何十年経ったいまでも世代を超えて愛されてる作品だし、
    キャラクターもミッキー並みに愛されてる。そういうの鬼滅にはないと思うわ。
    あの絵面。まったく美しくない。動きは素晴らしいのかもしれんけど。
    毎年TVで放送され続けるほどの不変的な作品ではないと思う。

  9. 9
    とある日本さん 2020年11月15日 at 07:35 (UTC 9)

    >そんなことは、どうでもいいよ。世界はいつもインフレになっているんですから。
    劇場映画料金は、日本は20年間ほとんど変わってない
    調べたら一般鑑賞 TOHOシネマ2001年1800円 2020年1900円だった

  10. 10
    とある日本さん 2020年11月15日 at 14:03 (UTC 9)

    作品を作れなくなった老害を追い込むなよ。そっとしておけ。

    1. 10.1
      とある日本さん 2020年11月15日 at 15:43 (UTC 9)

      本文読めないバカ発見
      本人が「作ってる」って言ってるだろうが

  11. 11
    とある日本さん 2020年11月15日 at 23:16 (UTC 9)

    ジブリに関しては懐古厨になってしまうな

  12. 12
    とある日本さん 2020年11月16日 at 21:09 (UTC 9)

    千と千尋と鬼滅の決定的な違い

    ジブリは主要キャストからプロ声優を全排除
    鬼滅は主要キャラ全てプロ声優

    これだけでも大違いだ

    過去に「わが青春のアルカディア」で石原裕次郎に支払ったギャラ5000万が最高金額
    5000万あればもう少し作画がマシになったのにあのザマ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Top