スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


«

»

中国人「日本人が作った社畜童話が辛すぎて涙が出る」 中国人「悲壮感の中にもユーモアあり」「あれ?俺って日本人だったっけ?」

 
日本人が作った社畜童話が中国版ツイッターのWeiboで紹介され、中国人のコメントがたくさん投稿されています。ご紹介します。
 
 
 
[記事]
日本人が作った社畜童話が辛すぎて涙が出る




記事引用元: https://www.weibo.com/3099016097/HkSWpxeA8
 
※ 5個以上のGoodがあるコメントについて、Goodの数を載せています
※ 下記コメントで言及されている事柄の事実確認は行っておりません。真偽の判断はみなさまでお願いします
 

Sponsored Link


 
■ 福建さん
 
白雪姫を見て涙が出た [119 Good]
 
 
 
■ 江蘇さん
 
中国も一緒。高効率な働き方を求められ、高いプレッシャーをかけられる [43 Good]
 
 
   ■ 広東さん
 
   ただし給料は変わらない [5 Good]
 
 
 
■ 北京さん
 
悲壮感の中にもユーモアあり [23 Good]
 
 
 
■ 湖北さん
 
そうか、俺は社畜だったのか [9 Good]
 
 
 
■ 江蘇さん
 
悲惨すぎ
 
 
 
■ オーストラリア在住さん
 
あれ?俺は日本人だったっけ?
 
 
 
■ 新疆さん
 
これが人間
 
 
 
■ 安徽さん
 
自虐は楽しい
 
 
 
■ 湖北さん
 
こういう苦しみは世界共通なんだな
 
 
 
■ 広東さん
 
中国版社畜童話:
 
后羿はクライアントから太陽を1つ調達するように言われました。要求どおり后羿は太陽を1つ射落としたところ、「んー、なんかイメージと少し違うんですよね。他のも見てみたいなぁ。なんとかなりませんか?」とクライアントに言われたので残りの9個の太陽を全て射落としました。すると「やっぱり最初のでよかったです。ありがとうございました。今後とも何卒よろしく」と言われ、最初の1つ分の射落とし費用しか払ってもらえませんでした
 
[27 Good]
 
 
[訳者注]
次のような中国の有名な神話があります。
 
東方の天帝の妻が10人の息子である太陽を産みました。この10人の太陽は交代で1日に1人ずつ地上を照らす役目を負っていましたが、そのうち10人の太陽がいっぺんに現れるようになりました。地上は灼熱地獄のような有様となり、作物も全て枯れてしまいました。そこで別の天帝が神の一人である弓の名手の后羿を地上に使わし、1つを残して9の太陽を射落としました。これにより地上は再び元の平穏を取り戻しました、というお話です。
 
その後息子を殺された東方の天帝は后羿と妻の嫦娥を神籍から外し、これにより后羿と嫦娥は不老不死ではなくなってしまいます。后羿は仙界で不老不死の薬を二人分手に入れますが嫦娥が独り占めにして全て飲んでしまい、月に身を潜めます。しかし后羿を裏切った報いで身体がヒキガエルとなってしまい、そのまま永遠に月で過ごすこととなりました。
 
ということで嫦娥は「月の女神」とされており、中国が国家プロジェクトとして推し進める月探索プロジェクトは「嫦娥プロジェクト」と呼ばれています。
 
また、后羿が離れ離れになった嫦娥をよく見えるように満月の夜に月に向かって団子をお供えしたのが月見の由来ともいわれています。
 
[訳者注終わり]
 
 
 
■ 浙江さん
 
日本では効率の良い働き方を求められそう [10 Good]
 
 
 
■ 重慶さん
 
全部そのまま中国にも当てはまる [15 Good]
 
 
 
■ 雲南さん
 
カチカチ山ってウサギとタヌキの話だっけ? [8 Good]
 
 
   ■ 在日中国さん
 
   キツネとタヌキじゃなかった? [7 Good]
 
 
 
■ 浙江さん
 
かわいそうな白雪姫
 
 
 
■ 江西さん
 
ウサギとカメはほんとこれ。涙が出てくる
 
 
 
■ 北京さん
 
子供のときに聞いた童話はどれも夢があっていい話だと思ったけど、大人になって改めて読むとどれも悪夢としか思えない。不思議なものだ
 
 
 
■ 安徽さん
 

 
 
 
■ 広西さん
 
さぁさぁ、中国人も日本人も明日も仕事だ。頑張って働こう!
 
 
 

 


46 comments

Skip to comment form

  1. 1
    とある日本さん 2019年3月17日 at 20:30 (UTC 9)

    人魚姫の姉「この短剣で王子を殺せば、消えずに済むんやで?」
    人魚姫「慰謝料請求に、何より前科持ちで再就職厳しくなるから、大人しく消え(退職し)ますわ。」

  2. 2
    とある日本さん 2019年3月17日 at 20:32 (UTC 9)

    浦島「なんてことだ、3日のはずが300年も経っていたなんて」
    浦島「しょうがない、現代でも頑張って働こう!」
    現代の労働環境を経験した浦島は三日で死にました。

  3. 3
    とある日本さん 2019年3月17日 at 20:37 (UTC 9)

    鬼々島を奇襲した桃太郎は財宝を持って帰宅しました。
    桃太郎「桃太郎以下、原隊復帰を報告します」
    おじいさん「ご苦労。2時間後には残敵掃討に出撃せよ」
    桃太郎「おじいさん……僕達には休息が必要です」
    おじいさん「死んでから休めばいい。君は自分の刀を持ってこい」

    1. 3.1
      7cg3 2019年3月18日 at 23:44 (UTC 9)

      日本武尊も、父親(天皇)から遠征を命ぜられ任務を果たして帰ってきたあと、
      すぐに別方面への出動を命ぜられて、叔母上様に「これじゃあ死んじゃう」
      と泣きついて、火打ち石とか名剣とかのアイテムをもらったような。

      1. 3.1.1
        とある日本さん 2019年3月22日 at 09:07 (UTC 9)

        タケル「戦から帰って来たばかりだと言うのに父上はすぐに
        あちらの蛮族を討伐してこいと言うのです。
        父上は私をコロしたいに違いありません!」
        →タケルは叔母上から重要アイテム『火打ち石』と
        『都牟刈の大刀』をもらった!(クロノトリガーのアイテム取得音)

        タケル「うわー背丈もあるひどい草むらだなー周りから火をつけられたらタヒんじゃうよ」フラグ立て
        夜盗団「タケルタヒねー!」フラグ実行
        タケル「ぬわー!そうだ!叔母上からもらった火打ち石があったぞ。
        剣で草を薙いで迎え火でカウンターだ!」
        夜盗団「ゲホゲホ!これはたまらん!」
        タケル「草を薙いで勝ったからこれを草薙の剣と改名しよう!」(安直)

  4. 4
    くまっこモン 2019年3月17日 at 20:47 (UTC 9)

    いやチャイニーズはヒキガエルの方だろ?

    1. 4.1
      とある日本さん 2019年3月17日 at 21:20 (UTC 9)

      上はヒキガエルであるが下は皆社畜である
      そして社畜はヒキガエルになろうと足掻いている

  5. 5
    とある日本さん 2019年3月17日 at 21:09 (UTC 9)

    日本の男の自虐は常にガイジンの飯ウマのネタになってる。

  6. 6
    とある日本さん 2019年3月17日 at 21:10 (UTC 9)

    日本人の自虐は常に外国人のメシウマのネタになってる。

  7. 7
    とある日本さん 2019年3月17日 at 21:17 (UTC 9)

    みんな今でも本当にそんなに残業してんの?
    何割位の人がこうなん?
    おいら18時過ぎに終わって年収600万位だが、ずっとこのままでええわ。出世もいらん。

    1. 7.1
      とある日本さん 2019年3月17日 at 21:39 (UTC 9)

      どれも多少は誇張が入ってるだろうな

      1. 7.1.1
        とある日本さん 2019年3月22日 at 09:18 (UTC 9)

        自分、毎日8時に出勤して9時10時まで仕事してて
        休みは2週間に1回の日曜日しかないけど社畜じゃないぞ(棒)

  8. 8
    とある日本さん 2019年3月17日 at 21:27 (UTC 9)

    でもOECD加盟国の年間実質労働時間では、最近の日本は20位にも入ってないんだよねw
    カナダやイタリアとどっこいなんでそんな働かされてるわけでもない
    一位メキシコ、二位コスタリカ、三位韓国、が現在の労働拘束時間が長いトップスリー国な

    日本の労働者が悲惨って言うのは、半ばは移民五毛や移民VANKがネット連投で
    つくりあげた現実から遊離したネット都市伝説だと思うんだけどね(´・ω・`)

    1. 8.1
      とある日本さん 2019年3月17日 at 22:54 (UTC 9)

      まぁサビ残は加算されないからなぁ、たしかに誇張してる人もいるだろうし、職業によっても格差あるし、もっと言えば類は友呼ぶじゃないけど、こういったスレやコメントに反応する人って同類が多くなるのがふつうだからね。どうしてもネットは片寄っちゃうよね。
      本当にヤバイ人は居るのにその人達が見なくなってきてる気がする

    2. 8.2
      とある日本さん 2019年3月18日 at 10:57 (UTC 9)

      チョロっとネットで調べると、日本の場合は一般労働者の勤務時間は変わってないが、労働時間の短いパートタイム労働者が増えたから全体として労働時間が下がっただけって書かれてるゾ。

      1. 8.2.1
        とある日本さん 2019年3月18日 at 22:46 (UTC 9)

        ああ、再雇用の人たちか

        1. 8.2.1.1
          とある日本さん 2019年3月19日 at 10:52 (UTC 9)

          それもあるが社会の傾向としてバイトの数が増えたって事だね

  9. 9
    とある日本さん 2019年3月17日 at 21:29 (UTC 9)

    そんな自虐物語作る暇があったら働け!
    by社長&奥さん

    1. 9.1
      とある日本さん 2019年3月17日 at 22:19 (UTC 9)

      この「奥さん」がオーナー企業のリアリティーを感じるなw学生さんにはオーナー企業への就職は社長、会長、専務辺りまでの人柄を把握して決めないとギャンブルになるって事を就職相談でちゃんと教えてあげて欲しいよ。

  10. 10
    とある日本さん 2019年3月17日 at 21:32 (UTC 9)

    社畜は正社員 派遣やパートに羨ましがられる存在

    1. 10.1
      とある日本さん 2019年3月19日 at 00:46 (UTC 9)

      ハケンは、「同一労働、同一賃金」 の呪文を唱えた。
      ハケンのクビは 飛んでいった。

  11. 11
    とある日本さん 2019年3月17日 at 21:35 (UTC 9)

    共産圏のアネクドートもなかなかブラックな笑いに満ちてて好きだけどな

  12. 12
    とある日本さん 2019年3月17日 at 21:52 (UTC 9)

    >東方の天帝の妻が
    >そこで別の天帝が

    天帝って何人もいるんだ! 初めて知った!
    何とか神君とかそういう名前の神様かな

    1. 12.1
      とある日本さん 2019年3月17日 at 22:25 (UTC 9)

      なんか、「ドラゴンボール」の神サマの設定みたいですね。
      神サマが複数で、そのまた上位の神がいる、そして、そのまた上に……

  13. 13
    とある日本さん 2019年3月17日 at 22:33 (UTC 9)

    世界共通、ってのが泣ける。
    グローバル社会か。

    無論、一方で定時上がりの者たちも多いわけで
    これまた世界共通。
    格差社会、泣ける。

  14. 14
    とある日本さん 2019年3月17日 at 22:47 (UTC 9)

    目から吐血したので明日は眼科に行ってくる

    1. 14.1
      とある日本さん 2019年3月17日 at 23:33 (UTC 9)

      午後からは出社しろよ

      1. 14.1.1
        とある日本さん 2019年3月18日 at 15:17 (UTC 9)

        有給は出ないからな

        1. 14.1.1.1
          とある日本さん 2019年3月19日 at 00:48 (UTC 9)

          今度は下血だ。入院する。

          1. 14.1.1.1.1
            7cg3 2019年3月19日 at 06:55 (UTC 9)

            そもそも傷病休暇がある会社(または雇用契約)なのか

  15. 15
    とある日本さん 2019年3月17日 at 22:51 (UTC 9)

    東方の純狐さんの元ネタってやっぱ向こうだと有名なんだね

  16. 16
    とある日本さん 2019年3月17日 at 23:01 (UTC 9)

    その嫦娥の伝説を由来にした故事成語があってだな
    ゲイを殺すものはモーホーって言う

  17. 17
    とある日本さん 2019年3月17日 at 23:33 (UTC 9)

    中国は能力でちゃんと差をつけてそうなイメージだったわ

    1. 17.1
      7cg3 2019年3月23日 at 22:45 (UTC 9)

      能力に応じて労働し、必要に応じて分配するんだよ。
      つまりできるやつがサボってはいけないのだ。

  18. 18
    とある日本さん 2019年3月18日 at 01:16 (UTC 9)

    一昔前に比べると労働環境は良くなった。残業酷いと皆転職するからな、俺も前は病む程残業したが、今はせいぜい月二時間だ。
    人手不足と景気の良さが噛み合ってる、ただバランスが崩れた時が怖いな・・・

  19. 19
    とある日本さん 2019年3月18日 at 01:59 (UTC 9)

    むか〜しむかしある所にお爺さんとお婆さんがおりました。
    お爺さんは山へ芝刈りと朝礼の挨拶とメールチェックとアポ電と得意先訪問と売上データ集計と伝票入力と打ち合わせと営業会議と経費精算と報告資料作成と新ツール作成と資料請求と客先納期確認と顧客対応と臨時業務対応とリスケジュールとデータ修正とエビデンス資料のファイル整理と業務日誌作成と新規プロジェクトの進捗報告に行きました。

  20. 20
    とある日本さん 2019年3月18日 at 02:26 (UTC 9)

    そして王様は年金給付は70歳からだよと言いました

  21. 21
    とある支那畜さん 2019年3月18日 at 06:14 (UTC 9)

    童話というか、寓話だからな。
    元々、何にでも当てはめる事が出来る様になっている。

  22. 22
    とある日本さん 2019年3月18日 at 07:52 (UTC 9)

    集団-規則-歪み-皺寄せ-苛め-自殺
    歪み-他の誰かに皺寄せ-健康
    童話-仮託-嗤う
    健康を保つにはより健全かなぁ

  23. 23
    とある日本さん 2019年3月18日 at 10:20 (UTC 9)

    全人類がAIの管理下に置かれる時代が来たら、真の平等と平和が訪れるかもね

    1. 23.1
      とある日本さん 2019年3月22日 at 19:55 (UTC 9)

      そのAIが狂ってないとは限らないんだなこれが

  24. 24
    とある日本さん 2019年3月18日 at 10:28 (UTC 9)

    中国の神話なんて読んだの初めて。
    解説どうもありがとう

    1. 24.1
      とある日本さん 2019年3月18日 at 22:50 (UTC 9)

      あの話の東方の国は日本だよ(本当)

    2. 24.2
      7cg3 2019年3月18日 at 23:58 (UTC 9)

      太陽が一度に10個出現する話は雲南あたり?の少数民族にもあって、
      そっちは弓の名人(または武術の神様)が9個射落としたら、
      最後のひとつが「死にたくない!」って洞窟にこもっちゃう。
      世界が暗く冷えて不都合なので、雄鶏が太陽を説得して、
      猪が洞窟の入口をふさいでいた岩をどかして、太陽を空に戻す。
      アムール川流域の伝承だと、出現する太陽は3個。
      世界が熱でダメになっちゃうので名人が射落とすというあらすじは同じ。

  25. 25
    とある日本さん 2019年3月18日 at 10:57 (UTC 9)

    社員の必死の働きの結果過去最高益を出し、ボーナス期待したのに
    次期の見通しが立たないからとボーナスを減らされてしまいましたとさ。

  26. 26
    とある日本さん 2019年3月18日 at 20:07 (UTC 9)

    日曜日に見なくて良かった
    良かった…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Top