スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


«

»

[中国News] 北京の空気が綺麗になったよー!// 中国人「いやいやいや・・・」(海外の反応)

 
中国は相変わらず大気汚染がひどく、その一因として正月の花火や爆竹に目が向けられています。
今年の正月は政府主導で正月の花火・爆竹自粛キャンペーンが展開されました。
さて、結果はどうだったのでしょう。
 
 


14013101
 

 
 
午年の新年の鐘の音が鳴った。北京市環境保護局の最新データによると、0時頃の北京の大気中のPM2.5濃度は最高246マイクログラム/立方メートルで、30日午後10時頃と比べて大きな上昇はなかった。例年同時期と比べると無視しても差し支えない値だという。国際在線が伝えた。
 
2013年に始まったPM2.5観測結果によると、北京市のPM2.5濃度は最大で410マイクログラム/立方メートル、一部観測地点では1000マイクログラム/立方メートル以上に達した。それでも2013年の除夜の汚染ピーク値は爆竹・花火解禁以来濃度が最低で、この低汚染水準は政府の事前の宣伝と、市民が自覚的に爆竹・花火の使用を減らしたことが大きく関係する。
 
記事引用元: [人民網日本語版] http://j.people.com.cn/94475/8526945.html
コメント引用元: [新浪網] http://comment5.news.sina.com.cn/comment/skin/default.html?channel=gn&newsid=1-1-29383932
 

 
 
■ 北京さん
 
確かに花火少なかったな。北京市民ありがとう。なんか環境がよくなった気がする
 
 
 
■ 浙江さん
 
もう花火とか爆竹とかやめようぜ。呼吸すら出来なくなるんだよ。もういいじゃんそんな悪習。とりあえず俺からはじめよう
 
 
 
■ 河南さん
 
今年おれ一発も花火あげてない。オレえらい
 
 
 
■ 上海さん
 
今年の空気が去年よりきれいだからといって、北京の空気がきれいだというわけじゃないだろ。去年がひどすぎただけじゃないの?
 
 
 
■ 武漢さん
 
これ本当に花火のせいなのか?どう見ても工場のせいだろ。再検証が必要だな
 
 
 
■ 南寧さん
 
花火禁止賛成。浮いたお金でもっと大きな花火を日本にぶち込もうぜー
 
 
 
■ 北京さん
 
花火爆竹禁止大いに賛成。寝れねーんだよ
 
 
 
■ 江蘇さん
 
PM2.5対策であればまずは自動車を制限すべき。ついでに炒め料理も禁止しよう。煙出すしな
 
 
 
■ 天津さん
 
花火や爆竹禁止されたらどうやって年越しするんだ?味気ないだろ。それよりもまず自動車を制限しようぜ
 
 
   ■ 北京さん
 
   録音したのを流せば?うるさければいいんだろ?
 
 
 
■ 青島さん
 
そうか花火をやめたらPM2.5が減ったか。料理が主要因じゃなかったんだな
 
 
 
■ 上海さん
 
南からいい風が吹いただけじゃね?
 
 
 
■ 広東さん
 
世界基準って40マイクログラムじゃなかったっけ?500って十分やばいよな
 
 
 
■ 南京さん
 
大気汚染がまったく解消せずエラいことになってる南京から新年あけましておめでとう!
 
 
 
■ 北京さん
 
これ、政府が言ったんだろ?騙されてる可能性あるな
 
 
 
■ 上海さん
 
おれはもう誰も信用しない
 
 
 
■ 北京さん
 
オレみたいに民度が高い人間は花火なんぞ上げないのだ
 
 
 
■ 広州さん
 
桂林のPM2.5は805マイクログラムになったらしよ。やっべぇなんかワクワクしてきた
 
 
   ■ 江蘇さん
 
   江南山では1225マイクログラムになったって
 
(訳者注: WHO大気質指針では、PM2.5は50マイクログラムと規定されています)
 
 
 
■ 北京さん
 
PM2.5の値、結局いくつだったの?だれか正確な値しってる?政府の発表そのまま信じていいの?
 
 
 
■ 山東さん
 
用も無いのに花火をあげたり車を運転したりするやつは大気汚染について文句を言う資格は無いだろうね
 
 
 
■ 北京さん
 
結局のところ、みんな実家に帰って北京の人口が減っただけじゃね?
 
 
 


14 comments

Skip to comment form

  1. 1
    とある日本さん 2014年2月1日 at 22:25 (UTC 9)

    さっさと癌発病して滅べよシナ人共が

  2. 2
    とある日本さん 2014年2月1日 at 22:40 (UTC 9)

    日本に打ち込む前に鳥インフルエンザで100人ぐらい他界しているんだからそれから努力
    したほうがいいじゃないだろうか?wどんどん感染者が膨れ上がるぞ。

  3. 3
    とある日本さん 2014年2月1日 at 22:42 (UTC 9)

    お、でかいキノコ雲が出る花火を撃つのか。こっちも対抗しないとなあ

  4. 4
    とある日本さん 2014年2月1日 at 22:44 (UTC 9)

    去年の数値=1月の平均
    今年の数値=旧正月の帰省で北京の活動が鈍っているときの数字

    ま、当たり前だなw

  5. 5
    とある日本さん 2014年2月1日 at 22:51 (UTC 9)

    新型インフルと肺気腫と慢性的土壌水質汚染で数え役満だね♪
    核よりも効率的にシナ人が滅びますように・・ こっちも合法的にでっかい花火シナと南鮮にあげたいわ^^

  6. 6
    とある日本さん 2014年2月1日 at 23:17 (UTC 9)

    中国の技術って最後には爆発するオチだからどうせ日本にデカイ花火ぶち込む前に暴発すんじゃね?w
    月に行った探査機も一週間で壊れたんだっけ?
    中国政府が国の威信を掛けて費やした技術でさえこれだもんねww
    偉そうな口叩いてるけど、所詮チャイナクオリティ。
    個人的にはpm2.5もコッチにさえ来なければどうでもいい話。
    コッチに来るから問題になるだけの事で…
    川や海の汚染も、空気汚染も、有毒食品の問題も中国国内でずっととどまって勝手に自滅して欲しいわ。

  7. 7
    とある日本さん 2014年2月1日 at 23:30 (UTC 9)

    本当にお荷物な国やな。もう地球の足ひっぱるのやめろよ。

  8. 8
    とある日本さん 2014年2月1日 at 23:32 (UTC 9)

    今中国は人口調節なんだろ?将来的に多くの国民を病死においやって増えすぎた人口を今の2/3までおとすんだろ?
    全滅しちゃえばいいのについでにキムチも全滅すればいいのにw
    居なくなったら植樹して自然豊かな土地にしておけばいいさw

  9. 9
    ななし 2014年2月2日 at 03:35 (UTC 9)

    料理の煙?
    政府が「元は料理の煙だから身体に害はない」と流布して、優秀なシナ人が騙されてるのかな…。
    それともネズミ並に増えた人口政策の一端かもな

  10. 10
    なーなーしー 2014年2月2日 at 08:46 (UTC 9)

    日本にデカイ花火を撃ち込む?
    こんなコト云ってるから魯迅や林語堂に「中国人は人間のクズ」って云われるのよwwww

    反日ヤっても環境は改善されないわ?
    偏向やすり替えやりたいだけの低脳五毛党とか?
    和諧されちゃえばイイよね♪

  11. 11
    とある日本さん 2014年2月2日 at 10:44 (UTC 9)

    大丈夫!もう手遅れだから!!

  12. 12
    とある日本さん 2014年2月2日 at 14:41 (UTC 9)

    正月だけの個人的な花火だけで環境が良くなるわけない(笑)
    馬鹿政府に踊らされているシナ人。
    根本的な工場からの汚染を止めれない、規制が掛けれない
    政府がすべて悪い。
    鳥インフルもって日本に逃げ込んでこないでね。

  13. 13
    dre beats price 2014年3月11日 at 08:00 (UTC 9)

    I am now not certain where you’re getting your info, but great topic. I needs to spend a while learning much more or figuring out more. Thank you for magnificent info I was searching for this info for my mission.
    dre beats price http://www.religionandnature.com/beats/dre-beats-price.html

  14. 14
    とある日本さん 2014年7月10日 at 18:11 (UTC 9)

    根本的な解決になっていないのは支那共産党の十八番。
    解決する明確な対策が正しく取れてから報道してほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Top