スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


«

»

中国人「日本の奈良にある、あの昆虫の供養の像が割とかっこいい」 中国人「日本のアニメっぽい」「広東にも置こうぜ!」

 
「日本の奈良にある、あの昆虫の供養の像が割とかっこいい」という記事が中国版ツイッターのWeiboに掲載され、中国人のコメントがたくさん投稿されています。ご紹介します。
 
 
 
[記事]
日本の奈良にある、あの昆虫の供養の像がかっこいい




記事引用元: https://weibo.com/1593933550/LhpfcsMGe
 
※ 5個以上のGoodがあるコメントについて、Goodの数を載せています
※ 下記コメントで言及されている事柄の事実確認は行っておりません。真偽の判断はみなさまでお願いします
当サイトのコメントポリシーと、「バカと言う人がバカ」の精神と中国人のスルー技術をもってコメントを書き込みましょう
 

Sponsored Link


 
■ 山東さん
 
これいいねぇ。広東にも置こうぜ [1104 Good]
 
 
   ■ 深センさん
 
   広州には白雲空港があるからそれで充分 [288 Good]
   
   
   ■ 四川さん
   
   あー、これねー [71 Good]
   
 
 
   ■ 広州さん
 
   中銀タワーもあるしな [133 Good]
   
   
   ■ 広東さん
   
   はいよ [42 Good]
   
 
 
   ■ 新疆さん
 
   広東人は毎日ゴキブリに乗って通勤してるんだろ?ちゃんと供養しろよ [20 Good]
 
 
   ■ 重慶さん
 
   広東ゴキブリ「みんな、暖かいコメントをありがとう。今からみんなにお礼を言いに行くから待っててね」 [35 Good]
 
 
(訳者注:日本でよく言われる「南方ほどゴキブリが大きい」説は中国でも言われており、中国南方の広東省はこんなことをよく言われます。四川さんの写真は広州白雲国際空港を上から見た写真です。広州市にある中銀(中国銀行 / Back of China)タワーは昼間はこんな感じです。夜になるとビル上部にある二つの中国銀行ロゴが赤く光り、上記広東さんの写真のようになります)

 
 
 
■ 西安さん
 
全く必要性を感じられない [338 Good]
 
 
 
■ チベットさん
 
節足貴族 [47 Good]
 
 
 
■ 天津さん
 
火星人は恐らくこんな感じ [9 Good]
 
 
 
■ 北京さん
 
強そう [6 Good]
 
 
 
■ 浙江さん
 
かっこいい!嫌いじゃない
 
 
 
■ 上海さん
 
害虫駆除会社は地球を守っている
 
 
 
■ 湖南さん
 
なんとなく日本のアニメっぽい
 
 
 
■ 北京さん
 
日本旅行で行きたい場所が一つ増えた
 
 
 
■ 河北さん
 
ごめん、生理的に受け付けない
 
 
 
■ 在日中国さん
 
奈良に新しい観光地ができてよかったね!
 
 
 

 
 


22 comments

Skip to comment form

  1. 1
    とある日本さん 2022年3月1日 at 11:26 (UTC 9)

    想像したのと違った…供養というよりただのデザイナーの作品だった。

  2. 2
    とある日本さん 2022年3月1日 at 11:31 (UTC 9)

    一寸の虫にも五分の魂を体現したものかね。
    仏教にしろ神道にしろそういう精神は大事だからね。

    儒教、文教だと必要ないのかもしれないが

    1. 2.1
      とある日本さん 2022年3月1日 at 12:13 (UTC 9)

      『護鬼佛理天 製作意図
      ゴキブリは地球上に現れてから三億年たつが
      新参者の人類がつくりだした都市を舞台に
      ともに繫栄し 愛憎劇を繰り広げてきた
      ゴキブリの側の片思い感は否めない

      ここにゴキブリの腹上に寄生する都市という
      逆転の構図を彫刻することで
      我々の薄情さをうめあわせたいと思う

      2000.11.20 天野裕夫』

    2. 2.2
      とある日本さん 2022年3月1日 at 16:23 (UTC 9)

      仕事とはいえ、毎日ゴキブリ駆除して給金もらって生活しているから、日本人としては供養塔の一つも作りたくなる気持ちは理解できるな。
      自分のためにゴキブリを踏みつけているように感じてしまうこともあるだろうし。

      五分の魂って言う仏教的なモノのほかにも、万物に魂があるって言う神道的な要素も影響しているかもね。
      神道としては、魂はあるけれど万物平等にあるから、五分の魂とか思う以前に他者を食うて生きるは常道ってかんじで尊重しこそすれ哀れんだりはしないけどさ。

  3. 3
    とある日本さん 2022年3月1日 at 12:13 (UTC 9)

    奈良の新しい観光地!
    だが在日本のこの方は上北山村がどういうところかはご存じないようだ

  4. 4
    とある日本さん 2022年3月1日 at 12:15 (UTC 9)

    中国人はゴキブリを嫌がるのか
    まさかね

  5. 5
    とある日本さん 2022年3月1日 at 12:20 (UTC 9)

    広告のひねりが毎回楽しいんですが、今回…w
    管理人さん、イニシャルGがかなりお嫌いなようですな

  6. 6
    とある日本さん 2022年3月1日 at 13:52 (UTC 9)

    針供養とかもそうだけど、日本人独特の概念と言うか
    知り合いの養鶏業者は敷地内にニワトリ供養の慰霊碑を建てている

  7. 7
    とある日本さん 2022年3月1日 at 14:33 (UTC 9)

    ◯◯に乗って出勤、って表現が中国全土でボケとして使われてるの、ちょっと面白い

    1. 7.1
      とある日本さん 2022年3月1日 at 14:52 (UTC 9)

      定期的に出てくるよね
      面白くて好き

  8. 8
    とある日本さん 2022年3月1日 at 14:39 (UTC 9)

    ベルセルクの使途でもおかしくないデザインだな

  9. 9
    とある日本さん 2022年3月1日 at 14:40 (UTC 9)

    タイトルから玉虫厨子だと思ったら全然違った

  10. 10
    とある日本さん 2022年3月1日 at 15:52 (UTC 9)

    玉虫厨子は、実は「人民から金銀宝石を収奪せずに、金銀宝石で飾られたような感じの仏閣を作る」という慈悲深く崇高な思想に基づいてるんだよな。
    まあ虫は命を落としたけどw
    だから聖徳太子は今も日本人に崇敬されている。
    あと略奪もされなかった。虫の死骸だしなw

  11. 11
    とある日本さん 2022年3月1日 at 16:30 (UTC 9)

    後の世に寺の遺跡内で発掘された結果、日本人という民族は当時の先進地域には珍しいアミニズム国家で
    信じがたいことにGまで祭っていた可能性!…などと物議を呼ぶかもしれない
    (もちろん、その後の世でもGは大繁栄している)

  12. 12
    とある日本さん 2022年3月1日 at 17:37 (UTC 9)

    前に比べれば恐怖も嫌悪も無くなり、憐みまで感じるようになった
    それはたぶんGとの闘いに自信がついたから
    氷殺殺虫剤マジいいですわ

    1. 12.1
      とある日本さん 2022年3月1日 at 19:56 (UTC 9)

      というかあらかじめ撒いておけばゴキブリが近づかなくなる殺虫剤なんてのも出てきたからもう長いことアイツと会ってねえ。

  13. 13
    とある日本さん 2022年3月1日 at 18:10 (UTC 9)

    中銀タワーは知らないが白雲空港はちょいちょい利用してる。
    上空から見るとこんななんだ。

  14. 14
    とある日本さん 2022年3月1日 at 19:59 (UTC 9)

    たぶんこいつは殺虫剤を克服してる。なんなら反射してくるまである。

  15. 15
    とある日本さん 2022年3月1日 at 22:31 (UTC 9)

    中国じゃ漢方薬の原料に使っているだろ。

  16. 16
    とある日本さん 2022年3月2日 at 00:25 (UTC 9)

    これって汚れたら高圧洗浄機が必要だな

  17. 17
    とある日本さん 2022年3月2日 at 07:56 (UTC 9)

    そういう慰霊碑なら、高野山にも約100社の企業の慰霊碑や墓があるぞ
    観に行くと色々あって見入ったわ

  18. 18
    とある日本さん 2022年3月2日 at 20:38 (UTC 9)

    くものすおやぶん見てくれ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Top