スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


«

»

中国人「職場のエアコン問題を斬新な方法で解決した日本の上司がカッコいい」 中国人「これは賢い!」「エアコンがちょっと賢すぎたようだ」

 
「職場のエアコン問題を斬新な方法で解決した日本の上司がカッコいい」という記事が中国版ツイッターのWeiboに掲載され、中国人のコメントがたくさん投稿されています。ご紹介します。
 
 
 
[記事]
職場のエアコン問題を斬新な方法で解決した日本の上司がカッコいい




記事引用元: https://weibo.com/7389331494/LbZtXnl0F
 
※ 5個以上のGoodがあるコメントについて、Goodの数を載せています
※ 下記コメントで言及されている事柄の事実確認は行っておりません。真偽の判断はみなさまでお願いします
当サイトのコメントポリシーと、「バカと言う人がバカ」の精神と中国人のスルー技術をもってコメントを書き込みましょう
 

Sponsored Link


 
■ 北京さん
 
最も少ないコスト(時間、金銭、人力、調整)でグループ全体が直面する問題を解決した。この上司は素晴らしい! [77 Good]
 
 
 
■ 安徽さん
 
そんな会社、転職すれば? [42 Good]
 
 
   ■ 広州さん
 
   こんな小さな理由で転職するのか? [16 Good]
 
 
   ■ 重慶さん
 
   日本の終身雇用制度は最強だ。きっとこのツイ主は正社員なのだろう [15 Good]
 
 
 
■ 香港さん
 
会社に掛け合って設定温度を変更させてもらえばよかったのでは? [15 Good]
 
 
   ■ 北京さん
 
   それが可能であればそもそもこんな話にはなっていない
 
 
   ■ 広東さん
 
   ビル全体の空調で、一部屋だけ温度を変更できないのでは?
 
 
   ■ 深センさん
 
   よっぽど古いシステムでなければ各部屋で温度調節できるぞ。エアコンの吹き出し口直下と窓際で温度が10度くらい違うという問題はよくあるけどな
 
 
 
■ 在日中国さん
 
だははははは!これはカッコいい!!
 
 
 
■ 広東さん
 
保冷剤って何?
 
 
   ■ 上海さん
 
   冷たいものを買ったときに一緒に入れてくれる袋に入った氷みたいなやつ
 
 
 
■ 江蘇さん
 
エアコンがちょっと賢すぎたようだ
 
 
 
■ 江蘇さん
 
いい上司
 
 
 
■ 重慶さん
 
中間者攻撃
 
(訳者注:暗号化通信において、犯人が通信経路上の中継点で通信を横取りし、悪意のある別の通信に置き換えて通信を継続させる攻撃手法を「中間者攻撃」と呼びます)
 
 
 
■ 上海さん
 
日本人は寒がり
 
 
 
■ 広東さん
 
この上司がかっこよすぎて私も惚れそう
 
 
 
■ 武漢さん
 
天井埋め込みエアコンの温度センサってどこにあるんだろう。壁のパネルにあるのかと思って沸騰したお湯を近くに置いてみたことがあるけど何も変わらなかった
 
 
 
■ 在日中国さん
 
これは賢い。いい上司だね!
 
 
 

 
 


20 comments

Skip to comment form

  1. 1
    とある日本さん 2022年1月26日 at 20:27 (UTC 9)

    中国人なら冷蔵庫開けっ放しにするだろう。

  2. 2
    とある日本さん 2022年1月26日 at 20:28 (UTC 9)

    この上司に一生ついていくのが正解だわ

  3. 3
    とある日本さん 2022年1月26日 at 20:59 (UTC 9)

    うちの会社は逆に暑すぎて冬なのに半袖の人もいる

  4. 4
    とある日本さん 2022年1月26日 at 21:33 (UTC 9)

    温度設定固定されてるエアコンのセンサーの前にねぇ…

  5. 5
    とある日本さん 2022年1月26日 at 21:50 (UTC 9)

    寒いなら厚着で調整しろよ
    暑いほうはどうしようもないんだから暑がりの方に合わせるのは当然

  6. 6
    とある日本さん 2022年1月26日 at 22:21 (UTC 9)

    外で仕事してればいいよ
    寒けりゃ厚着しろ
    下半身が寒けりゃ机にヒートパネルでも張ってろ

  7. 7
    とある日本さん 2022年1月26日 at 22:55 (UTC 9)

    ※個人差があります

    な問題だから上司とそろって、この人らが寒がりだっただけかもしれない。

  8. 8
    とある日本さん 2022年1月26日 at 23:11 (UTC 9)

    ウチの近所の小さな銭湯のサウナは室温が下がるとスチームが出る仕組みになっていて
    その室温の設定が低いせいか、サウナ内があまり熱くないのにスチームが出ずに
    なんとも微妙なサウナになっている
    しかし、その室温を検知する室温計が壁に埋め込まれておりマッチ棒程の金属棒が
    壁から露出している箇所があり、それを発見したある客がサウナの外の冷水を
    かけて、室温が下がったと室温計に誤認させる事で、いつでも熱いスチームが
    出す事に成功した結果、多くの客に広がり、今では誰もが冷水をかけて
    熱々スチームを出しているのだが、それを店主の親父に見つかると
    「機械が壊れるから止めてくれ」と文句を言われるが
    もちろん、皆、やめる事はなかった
    サウナの温度をケチるような銭湯じゃ先はないと思うね

  9. 9
    とある日本さん 2022年1月26日 at 23:31 (UTC 9)

    温度固定されてたらセンサー意味なくねーか?

    1. 9.1
      とある日本さん 2022年1月27日 at 06:43 (UTC 9)

      例えば室温20度固定だったとして、そのままだと室温は20度にしかならないから部屋の中は極寒。

      温度センサの前に保冷剤を置くとエアコンは室温が20度より低いと認識して
      部屋を暖めようとして実際の室温は20度よりも上がる。
      実際の室温が25度になっても温度センサの前だけは20度よりも低いからエアコンはさらに温風を送り続ける

      ということでは?

  10. 10
    とある日本さん 2022年1月26日 at 23:35 (UTC 9)

    セントラル制御なんだよな?じゃなきゃ意味わからんし
    上司は設定変えてもらうように交渉しなきゃだめなのに保冷剤置いたらヒーロー扱い馬鹿過ぎる

    1. 10.1
      とある日本さん 2022年1月27日 at 06:46 (UTC 9)

       ■ 北京さん

       それが可能であればそもそもこんな話にはなっていない

      環境保護に名を借りた経費削減の一環で、会社が絶対に認めないんだろ

  11. 11
    とある日本さん 2022年1月26日 at 23:53 (UTC 9)

    環境省の推奨温度ってのは「エアコンの設定温度」ではなく「室温」なんだけどね

  12. 12
    とある日本さん 2022年1月27日 at 01:13 (UTC 9)

    建物古くて、空調が館内一斉にしかできなかったとこに務めてた時。
    急に寒くなる・・設備管理に連絡して温度上げてもらう。糖度良くなったなと思うと、また寒くなり出す・・繰り返し。
    設備管理の人に聞いたら、寒いって連絡が来るとちょっと温度上げる・・すると今度は暑いって連絡来る、で温度下げる・・を繰り返しているそうだ。
    実際に各階いろんなところで気温を測ったら、かなりばらつきがあったらしい。ということで設備を替えない限り解決しないんだとさ。

  13. 13
    とある日本さん 2022年1月27日 at 01:30 (UTC 9)

    こんな分かりやすい嘘松に反応するとか暇なのか?

    1. 13.1
      とある日本さん 2022年1月27日 at 01:39 (UTC 9)

      こんな100%嘘松と分かるスレを覗いた上にレスまで残すお前は暇ではないと?

    2. 13.2
      とある日本さん 2022年1月27日 at 13:23 (UTC 9)

      自分の周りだけで全世界を知ってるつもりのカエルさんですかな?

  14. 14
    とある日本さん 2022年1月27日 at 11:09 (UTC 9)

    やっぱ、女はバカだなぁ

  15. 15
    とある日本さん 2022年1月28日 at 15:39 (UTC 9)

    日本人ってマジで寒がりだよな 笑笑

  16. 16
    とある日本さん 2022年2月8日 at 15:42 (UTC 9)

    そんなことしたらほぼ冷風が出てこなくて、送風モードで使ってるのと同じ状態なんだが。
    温度センサーが素人でもわかるところにあるシステムって旧式のダクト吹きのセントラルか?
    どっちにしてもそれを称賛してるのも実行してるのも頭悪いとしか思えないw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Top