スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


«

»

中国紙「木製の歯車が複雑に絡み合う日本のアート作品がものすごい」 中国人「すごすぎる」「創造力は人類の歩みを進める原動力」

 
中国のネットメディアが「木製の歯車が複雑に絡み合う日本のアート作品がものすごい」という記事を掲載しました。この記事を見た中国人のコメントをご紹介します。
 
 
 
[記事]
木製の歯車が複雑に絡み合う日本のアート作品がものすごい




同じ作者の別の作品



記事引用元: https://comment.tie.163.com/G4O9FJJF0511A9LA.html
 
※ 5個以上のGoodがあるコメントについて、Goodの数を載せています
※ 下記コメントで言及されている事柄の事実確認は行っておりません。真偽の判断はみなさまでお願いします
当サイトのコメントポリシーと、「バカと言う人がバカ」の精神と中国人のスルー技術をもってコメントを書き込みましょう
 

Sponsored Link


 
■ 広東さん
 
これが日本の匠の精神 [4178 Good]
 
 
 
■ 山東さん
 
独創性無限大 [4267 Good]
 
 
 
■ 青島さん
 
中国では不動産がすべて。こんなことをやっていてもお金は稼げない [2504 Good]
 
 
   ■ 広州さん
   
   日本で不動産がすべてだった時代には彼は恐らくまだ生まれていなかったはず [63 Good]
 
 
 
■ 浙江さん
 
日本を称賛するコメントばかりでいやになる
 
 
   ■ 河北さん
 
   自国を称賛しようと思っても称賛するところが見つからないのだから仕方がない [1518 Good]
 
 
 
■ 深センさん
 
日本と中国の差は広まるばかり [1436 Good]
 
 
 
■ 杭州さん
 
この人の論理能力と立体把握力はとんでもない [1117 Good]
 
 
   ■ 天津さん
   
   多少パソコンのお世話にはなっただろうけど、最初に自分の脳で全体像を描かないとこのようなものは作れない。神だね [243 Good]
   
   
 
■ 広東さん
 
数学オリンピックなんかよりも、こういうものをサラッと作ってしまう人のほうが恐ろしい [1032 Good]
 
 
 
■ 北京さん
 
すごすぎる [952 Good]
 
 
 
■ 河北さん
 
中国には玲瓏球がある 
 
 
   ■ 江蘇さん
 
   機械とおもちゃは比べ物にならない [655 Good]
 
 
   ■ 蘇州さん
 
   玲瓏球は経験の積み重ねでできるようになりそうだけど、機械はそうはいかず、完全なるロジックが必要とされる [434 Good]
 
 
(訳者注:玲瓏球・・・内部にいくつもの層を持った球体の宝石です。代表的なものは台湾の故宮博物院にある鏤彫象牙雲龍文套球です。こうやって作るそうです)

 
 
 
■ 湖南さん
 
俺はこれをバラバラにしても元に戻せる自信がある。数十年かかりそうだけどね [393 Good]
 
 
 
■ 江蘇さん
 
創造力は人類の歩みを進める原動力。ところで中国の創造力は一体どこにあるのだろう [195 Good]
 
 
   ■ 在日中国さん
   
   中国には口だけは達者な「専門家」がたくさんいるけどな [81 Good]
 
 
 
■ 遼寧さん
 
これが日本の若者。中国の若者とは全く違う成長を遂げている [18 Good]
 
 
 
■ 深センさん
 
これはすごい。教養あるなしにかかわらず誰でも楽しめるものが本物の芸術作品だと思う。素晴らしい作品だ [75 Good]
 
 
 

 
 


18 comments

1 ping

Skip to comment form

  1. 1
    とある日本さん 2021年3月13日 at 11:43 (UTC 9)

    こういうものを作る人は技術より根気に感心してしまう プラモデルですら一気に仕上げたくなるせっかちな自分からすると

  2. 2
    とある日本さん 2021年3月13日 at 12:13 (UTC 9)

    自分の限界点を突破した工作機械を見ると脳がかゆくなるー

  3. 3
    とある日本さん 2021年3月13日 at 12:24 (UTC 9)

    絶対流出しないワンタイム暗号キーに使えそう

  4. 4
    とある日本さん 2021年3月13日 at 12:44 (UTC 9)

    こういうオートマタを創造する人って、既に頭の中に機構とか完成図が
    出来上がってるって事だろ。凄いよな。

  5. 5
    とある日本さん 2021年3月13日 at 13:17 (UTC 9)

    どうなってるんだろう?って、5秒くらいで考えるのをやめた

  6. 6
    とある日本さん 2021年3月13日 at 16:02 (UTC 9)

    東芝創業したからくりのおっさんの存在がでかいんだろうな

  7. 7
    とある日本さん 2021年3月13日 at 17:23 (UTC 9)

    象牙多層球の方が衝撃的だなーーー、世界は広いなあーーー。
    日本って全て木が基本だから、加工しやすい。

    それに引き換え、象牙とか硬い物を中からくり貫いて、全ての層が
    独立して動くなんて、神業だろーー、信じられんよ。
    これ、何年掛かる、数十年よww

    俺は、インドでも衝撃を受けたんだー。
    硬い大理石の平たい台の上を掘って、色つきの石を埋め込むんだよな!
    形をピッタリ掘るんだよ!
    硬い物質の加工は、ムヅイぞーーーー。

    1. 7.1
      とある日本さん 2021年3月13日 at 17:40 (UTC 9)

      韓国には雨水計があるにだ

      1. 7.1.1
        とある日本さん 2021年3月13日 at 17:57 (UTC 9)

        チョソなんて関係ないだろーーーww

      2. 7.1.2
        とある日本さん 2021年3月14日 at 06:44 (UTC 9)

        中国から貰って来た貰いモンだろ
        なんせ水車すら作れず、針一本すら作れないんだから

        いつも中国から貰った物を、日本に横流ししていたよな
        自国の物が何も無いから、貢物すら他国から貰った物を横流しするしかなかったのが半島だ
        貰いモンが無くなったら、今度は盗むようになった
        伝統的輸出品は、今に至るも売春婦だし、地球上から消えてくれよ、人類には要らんから

  8. 8
    とある日本さん 2021年3月13日 at 18:34 (UTC 9)

    中国の人が触れている様に、立体把握能力がずば抜けていて、同時に記憶力もずば抜けているんだと思う。
     
    鍛えてどうこうなる様な気がしない。

  9. 9
    とある日本さん 2021年3月13日 at 20:14 (UTC 9)

    象牙多層球ねえ なんか創造性の方向がなあ どこへ向かってるの まあどうでもいいか

  10. 10
    vvv 2021年3月14日 at 00:02 (UTC 9)

    こないだヤフオクで「マンモスの牙」が出品されてて驚いた。
    なんでも象牙が希少になったので、その代替品らしい。
    しかし象牙よりマンモスの牙のほうが安いって何か変な感じ。

  11. 11
    とある日本さん 2021年3月14日 at 00:11 (UTC 9)

    象牙のあれは専用の製作機械を作るのが大掛かりで大変そうだな。
    軸を決めて固定する台とか、曲線を持った薄い刃とか。
    基本の層を切り分けたあとは楽そうだ。

  12. 12
    とある日本さん 2021年3月14日 at 02:10 (UTC 9)

    玲瓏球凄いじゃん誇れよ

  13. 13
    とある日本さん 2021年3月16日 at 13:30 (UTC 9)

    凄い脳味噌だな

  14. 14
    とある日本さん 2021年3月16日 at 15:03 (UTC 9)

    中国の凄いところはやはり人海戦術と歴史の長さだな
    中国皇帝や王に認められれば一生安定するほどの褒賞が得られるから
    人生を費やして「希少価値」を生み出そうとする人は後を絶たなかったと思う
    お国柄がよく出てる

  15. 15
    とある日本さん 2021年3月18日 at 21:57 (UTC 9)

    中国は日本がマネできない量子コンピューターを作ってる。

  1. 16
    とある日本さん 2021年3月13日 at 11:12 (UTC 9)

    […] リンク元 […]

とある日本さん へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Top