スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


«

»

中国人「寒い日の朝に水浴びに失敗した日本のアヒルが可愛すぎる」 中国人「春江水暖鴨先知」

 
「寒い日の朝に水浴びに失敗した日本のアヒルが可愛すぎる」という記事が中国版ツイッターのWeiboに掲載され、中国人のコメントがたくさん投稿されています。ご紹介します。
 
 
 
[記事]
寒い日の朝に水浴びに失敗した日本のアヒルが可愛すぎる



記事引用元: https://weibo.com/2213526752/JEl4Y1mv5
 
※ 5個以上のGoodがあるコメントについて、Goodの数を載せています
※ 下記コメントで言及されている事柄の事実確認は行っておりません。真偽の判断はみなさまでお願いします
当サイトのコメントポリシーと、「バカと言う人がバカ」の精神と中国人のスルー技術をもってコメントを書き込みましょう
 

Sponsored Link


 
■ 北京さん
 
アヒルは氷の上でも水浴びの動作をするんだね [82 Good]
 
 
 
■ 広東さん
 
春江水暖鴨先知 [21 Good]
 
 
   ■ 河南さん
 
   アヒル「うむ。今日はまだ春ではない」 [9 Good]
 
 
   ■ 在日中国さん
 
   なるほど、この詩はこういうことだったのか
 
 
(訳者注:春江水暖鴨先知・・・春江 水暖かにして 鴨先ず知る。江は長江、鴨はアヒルのことで「長江に春が来て水が温かくなったことは、アヒルが最も先に知るものだ」という意味です。宋の蘇東坡の詩「恵崇春江晩景」の一節です)
 
 
 
■ 南京さん
 
アヒル「ふざけんな!」 [27 Good]
 
 
 
■ 福建さん
 
「よしよし、昨日は水が凍ってて水浴びできなかったけど、今日は俺のために水を鍋に入れて温めてくれているな。今日は暖かく水浴びできそうだ。ところでなんで俺はネギを背負っているんだ?」 [16 Good]
 
 
 
■ 四川さん
 
気持ちい思いをできずに残念がるアヒル [8 Good]
 
 
 
■ 上海さん
 
なるほど、アヒルが長江の水が暖かくなったことを最初に知ることができるのは彼らは氷にも突っ込んでいくからんだな [7 Good]
 
 
 
■ 北京さん
 
羽毛のコートを着ているのだから寒くはないんじゃね?
 
 
 
■ 深センさん
 
かわいい!
 
 
 
■ 天津さん
 
どうしてよいのかわからずに戸惑うアヒルを初めて見た
 
 
 
■ 河北さん
 
これが春江水暖鴨先知の由来だったのか
 
 
 
■ 広東さん
 
アヒルは水浴び好き。だから昔の人はああ言った
 
 
 
■ 四川さん
 
空気浴
 
 
 
■ 在日中国さん
 
アヒルは寒さを感じるのだろうか
 
 
 
■ 蘇州さん
 
傷心アヒル
 
 
 
■ 雲南さん
 
「また」ってことはこのアヒルは毎日試して連敗しているってこと?
 
 
 
■ 北京さん
 
かわいい!でもちょっとかわいそうだから明日は暖かいお湯を用意してあげてね!
 
 
 

 


27 comments

1 ping

Skip to comment form

  1. 1
    とある日本さん 2021年1月25日 at 16:42 (UTC 9)

    カモネギって中国由来なのか?中国人ってセンスと教養があるよなぁ。その辺好感を感じる。

    1. 1.1
      とある日本さん 2021年1月25日 at 19:12 (UTC 9)

      鴨葱は日本の言葉ですよ、もともと中国に長ネギはありませんでした、長ネギは日本から中国に渡ったのです。

      1. 1.1.1
        とある日本さん 2021年1月26日 at 08:55 (UTC 9)

        詳しいわけじゃないんだけど、日本→中国ってのは違うんじゃないか?
        日本原産の野菜は、ウド、シソ、ワサビくらいしか知らない。

      2. 1.1.2
        とある日本さん 2021年1月26日 at 11:20 (UTC 9)

        ネギはシベリア原産で紀元前から中国で栽培されている
        奈良時代ぐらいに日本に伝わってる
        中国の北では白ネギ、南では青ネギが主に生産されている
        日本の業者が日本のネギの種を持ち込んで業務用に栽培して輸入してるけど
        日本→中国ってのは大嘘

        1. 1.1.2.1
          とある日本さん 2021年1月26日 at 15:08 (UTC 9)

          何も知らないのですね、日本にあるような緑と白に分かれたような太い長ネギは日本で品種改良されたものです、もともとユーラシア大陸にあったものはあっても緑だけで細くただ玉ねぎから生えたようなもので日本のように鴨料理に合わせられるものではありません。

          日本にあるものはたいていが原産ではありませんが、品種改良と土着と言った面ではすべてにおいて日本が発祥と言ってもいいのですよ。

          1. 1.1.2.1.1
            7cg3 2021年1月26日 at 20:17 (UTC 9)

            「料理の鉄人」でポロ葱見たけど。あれはイタリア辺りに生えてる地物の葱で、太くて白と緑がくっきり分かれた葱だったような。

          2. 1.1.2.1.2
            とある日本さん 2021年1月29日 at 14:24 (UTC 9)

            酷い嘘松。ネギの原種はアリウム・アルタイクムといって、そこから葉ネギと根ネギに分かれてユーラシア、ヨーロッパに広がっていった。日本に入ってきたころには全く別ルートから入ってきたとされるぐらいだぞ。

          3. 1.1.2.1.3
            とある日本さん 2021年1月31日 at 02:46 (UTC 9)

            >品種改良と土着と言った面ではすべてにおいて日本が発祥

            火山島の土着植物が世界に広がったって凄い妄想ですね。
            対馬の西にある土地にて「ウリは文明の開祖」と主張している一派が居まして、1.1.2.1さんはそちらのご出身ですか?

  2. 2
    とある日本さん 2021年1月25日 at 16:54 (UTC 9)

    逃げて〜!

  3. 3
    とある日本さん 2021年1月25日 at 16:56 (UTC 9)

    アヒル「中国生まれじゃなくて良かった…」

  4. 4
    とある日本さん 2021年1月25日 at 16:59 (UTC 9)

    こういう馬鹿げたことでも詩を引用するのはかっこいいね
    日本人も昔はこうだったんだろうな

    1. 4.1
      とある日本さん 2021年1月27日 at 12:35 (UTC 9)

      教養は己の人生を豊かにするために身につけるもの。

      詩歌の引用がさらりとできる姿をカッコイイと思うのなら、
      まずは隗より始めてみてはいかが。

  5. 5
    とある日本さん 2021年1月25日 at 17:28 (UTC 9)

    「このアヒルは北京ダックにして、おいしくいただいたアルヨ!」

    1. 5.1
      7cg3 2021年1月25日 at 18:57 (UTC 9)

      じゃあおれには読み手の蘇軾の好物だったという東坡肉をくれ

      1. 5.1.1
        名無しよん 2021年1月25日 at 20:06 (UTC 9)

        彼の好物というより、彼が考案した料理というべき

  6. 6
    とある日本さん 2021年1月25日 at 17:55 (UTC 9)

    蘇軾出て来んのかぁ
    なかなかですなあ

  7. 7
    とある日本さん 2021年1月25日 at 19:55 (UTC 9)

    「春江水暖鴨先知」
    全部漢字で書かれると
    中国料理のメニューに感じる

  8. 8
    とある日本さん 2021年1月25日 at 19:56 (UTC 9)

    風情のある漢詩ですね。話題にピッタリ。教養を感じるわ。

  9. 9
    とある日本さん 2021年1月25日 at 20:21 (UTC 9)

    氷に突っ込むというか、自分の羽毛もところどころ凍ってても
    平気でジャブジャブやってるからな。

  10. 10
    とある日本さん 2021年1月25日 at 21:41 (UTC 9)

    こんな風情のある歌がぱっと出てくる広東さんが格好いい。

  11. 11
    とある日本さん 2021年1月25日 at 22:35 (UTC 9)

    春江水暖鴨先知
    同じような光景が昔からあるわけだな。

  12. 12
    とある日本さん 2021年1月25日 at 23:27 (UTC 9)

    漢字って偉大、見ただけで大体の意味がわかる

  13. 13
    とある日本さん 2021年1月26日 at 03:02 (UTC 9)

    何だ!?
    最後に氷が割れて” ドボ~ン ”というオチを期待してたのに。。
    「あんたらまだ大阪人には成れんわ!」
    「新喜劇の兄さんやったら、やってくれはるわ」

  14. 14
    とある日本さん 2021年1月26日 at 08:26 (UTC 9)

    北欧かロシアだかで、ふわふわなまま湖底で凍りついてた狐の写真を連想したけど、お間抜けなアヒルの動画で良かったわ。

  15. 15
    とある日本さん 2021年1月26日 at 14:19 (UTC 9)

    じ8っP「また凍ってる~」
    中国人「春江水暖鴨先知」

    この圧倒的知能の差www

  16. 16
    とある日本さん 2021年1月27日 at 06:44 (UTC 9)

    ここでさらっと漢詩を出されるとやっぱり感心してしまう
    誰か日本人代表してこの情景をさらっと和歌で詠むんだ

  17. 17
    とある日本さん 2021年1月27日 at 13:02 (UTC 9)

    春江水暖鴨先知は「もうすぐ河豚の季節だなぁ」と思いを馳せる食いしん坊の詩の一句だぞ。
    詩の全文はこんな感じだ。

      竹外桃花三兩枝  竹外の桃花 三両枝
      春江水暖鴨先知  春江 水暖かにして 鴨先ず知る
      縷蒿滿地蘆芽短  縷蒿は地に満ち 蘆芽は短し
      正是河豚欲上時  正に是れ 河豚の上らんと欲するの時

  1. 18
    とある日本さん 2021年1月25日 at 16:14 (UTC 9)

    […] リンク元 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Top