スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


«

»

中国紙「ソ連軍は白兵戦で日本兵1人を倒すのに28人の兵士が必要だった」 中国人「戦闘民族弱い!」「日本が勝って本当に良かった」

 
中国のネットメディアが「ソ連軍は白兵戦で日本兵1人を倒すのに28人の兵士が必要だった」という記事を掲載しました。この記事を見た中国人のコメントをご紹介します。
 




 
[記事]
第二次世界大戦中、銃剣による白兵戦をこよなく愛した二つの国がある。それは中国と日本だ。中国軍は設備不足により銃剣で白兵戦を行う以外の選択肢はなく、日本軍は標準装備であった三八式歩兵銃が白兵戦に優れていたこと、日本人の伝統的な気質により白兵戦を好んだ。よく訓練された日本兵は白兵戦に強く、3人の中国兵でやっと1人の日本兵を倒すことができたというのは有名な話である。しかし下にはさらに下がいて、日ソ間で行われた張鼓峰事件での白兵戦では28人のソ連兵でやっと1人の日本兵を倒すことができた。
——————-
 
(訳者注:中国語の元記事ではここから1938年の張鼓峰事件についての概略が紹介されます。本記事ではWikipediaから引用します)
 
張鼓峰事件(ちょうこほうじけん)は、1938年(昭和13年、康徳5年)の7月29日から8月11日にかけて、満州国東南端の琿春市にある張鼓峰で発生したソビエト連邦との国境紛争である。実質的には日本軍とソ連軍の戦闘であった。ソ連側は、これをハサン湖事件と呼んだ。
 
張鼓峰は満州国領が大日本帝国朝鮮とソ連領の間に食い込んだ部分にある標高150メートルの丘陵であり、西方には豆満江が南流している。
 
当時、この付近の国境線について、ソ連側と満州国・日本側の間に認識の相違があった。ソ連側はロシア帝国と清の間で結ばれた北京条約(およびその後の補助的な国境に関する合意)に基づき、国境線は張鼓峰頂上を通過していると考えていた。一方、日本側は張鼓峰頂上一帯は満洲領であるとの見解を持っており、ソ連側は国境線を曲解しており、国境線の標識は改竄されたものだと考えていた。いずれにしても、この方面の防衛を担当していた朝鮮軍第19師団は国境不確定地帯として張鼓峰頂上に兵力を配置していなかった。
 
7月中旬にソ連軍が張鼓峰に部隊を進めたのに対して、日本側の警備担当の朝鮮軍隷下第19師団も警備を強化した。監視任務の日本兵が射殺されたのをきっかけに緊張が高まり、7月29日から戦闘が始まった。日本側が不拡大方針で第19師団の一部のみで対処したのに対して、ソ連軍は戦車や航空機多数を出撃させ、激戦となった。
 
8月に入って日本軍も増援の砲兵部隊などを出動させることにしたが、モスクワでの日ソ交渉により8月11日に停戦が決まった。日ソ双方が停戦時点で張鼓峰を占領していたと主張している。
 
引用元:
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%B5%E9%BC%93%E5%B3%B0%E4%BA%8B%E4%BB%B6
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E3%82%BD%E5%9B%BD%E5%A2%83%E7%B4%9B%E4%BA%89
——————-
 
(訳者注:以降、中国語の元記事に戻ります)
 
ソ連軍の死傷者は2752人で日本軍の死傷者は914人。内訳は、銃弾によるものはソ連軍869人、日本軍323人で交換率は2.7対1、爆弾によるものはソ連軍1498人、日本軍572人で交換率は2.6対1、それ以外の銃剣などの冷兵器によるものはソ連軍110人、日本軍4人で交換率は28対1。ソ連軍は白兵戦で日本兵1人を倒すのに28人必要だったということだ。第二次世界大戦における白兵戦の強さでは日本兵は群を抜いていたことは間違いない。しかし残念なことに、アメリカ軍もソ連軍も日本軍に白兵戦の機会をあまり与えなかった。
 
記事・コメント引用元: https://comment.tie.163.com/FE9QTADU0537BR7E.html
 
※ 5個以上のGoodがあるコメントについて、Goodの数を載せています
※ Badの数がGoodの数の10%を越えているものについてはBadの数も載せています
※ 下記コメントで言及されている事柄の事実確認は行っておりません。真偽の判断はみなさまでお願いします
当サイトのコメントポリシーと、「バカと言う人がバカ」の精神と中国人のスルー技術をもってコメントを書き込みましょう
 



 
■ 天津さん
 
この戦いで日本が勝ったのに、張鼓峰は現在は中国領 [657 Good]
 
 
   ■ 広州さん
 
   歴史とはそんなもの。日露戦争でロシアが勝っていたら東北はロシアだったけどな [954 Good]
 
 
   ■ 吉林さん
 
   ほんとそれ。日露戦争で日本が勝って本当に良かった [231 Good]
 
 
   ■ 北京さん
 
   もし今でも日本だったら、最低賃金として時給1000円もらえて世界最強のパスポートを持つことができたんだけどな [192 Good]
 
 
(訳者注: 遼寧省、吉林省、黒龍江省の3省を中国では東北部と呼びます。旧満州の地域に相当する場所です)
 
 
 
■ 浙江さん
 
日本軍はアジアを守った [326 Good]
 
 
 
■ 河北さん
 
つまり日本は中国のために戦ってくれたの? [224 Good]
 
 
   ■ アメリカ在住さん
 
   日本に占領された土地は全て中国に戻ってきた。ロシアに食われた土地はまだ戻ってきていない [253 Good]
 
 
 
■ 北京さん
 
はははは!戦闘民族弱い! [209 Good]
 
 
 
■ 上海さん
 
職業軍人とスラブの農民が白兵戦で戦ったらこんなもんだろ [87 Good]
 
 
 
■ 河南さん
 
中国人としては日本軍とソ連軍が両方全滅してくれればよかったんだけどね
 
 
   ■ 海南さん
 
   当時日本軍の出兵を泣いて頼んだのはどこの誰だ [63 Good]
 
 
 
■ 広州さん
 
東北をロシアから守ってくれたのは日本で、その日本を倒してくれたのはアメリカ。つまり東北が中国であるのはアメリカのおかげ [46 Good]
 
 
 
■ 上海さん
 
ウソだ。戦闘民族がこんなに弱いわけがない [45 Good]
 
 
 
■ 四川さん
 
ロシアは実は日本に勝ったことがない。戦闘民族という称号は返上すべき [20 Good]
 
 
 
■ 河南さん
 
結果だけを見れば日本がロシアに勝って良かったということになる [13 Good]
 
 
 
■ 福建さん
 
俺たちの土地で勝手に戦うな [13 Good]
 
 
 
■ アモイさん
 
武士道の精神 [13 Good]
 
 
 
■ 山東さん
 
日本さん、結果的に中国の領土を守っていただきありがとうございました。もしよろしければもう一度中国全土を・・いや、何でもないです
 
 
 

 


88 comments

1 ping

Skip to comment form

  1. 1
    とある日本さん 2020年6月9日 at 20:15 (UTC 9)

    もう、そんな強い日本人はいないけどな。平和ボケの代償がとんでもないことになりそうで怖いよ。

    1. 1.1
      とある日本さん 2020年6月10日 at 00:01 (UTC 9)

      ちゃんと教育すればまだまだイケるとは思うよ。
      日本人の気質が本来それだから。

      1. 1.1.1
        とある日本さん 2020年6月10日 at 01:02 (UTC 9)

        ロシア人はいまでもアル中のヘタレだからね。口だけマッチョで実はウジウジしたヘタレなことはロシア文学を読むとわかるよ。勇敢だったのは傭兵のコサック兵くらいなんだよね。

      2. 1.1.2
        とある日本さん 2020年6月10日 at 05:48 (UTC 9)

        災害と戦争では比較出来ないが、東日本大震災、今回の新型コロナウイルスの国民の対応を見ていると、流石に武士程の戦闘力はないだろうが、集団組織行動が現在も得意な様に思われるから、強くなる様に思う。

        1. 1.1.2.1
          とある日本さん 2020年6月10日 at 05:55 (UTC 9)

          語弊を産むかもしれないが、東日本大震災で、2個師団規模の戦死・行方不明被害だったのに「復旧・復興」への立ち直りの早さ、新型コロナウイルスで、デモや混乱の多発している欧米と比して、冷静沈着に行動する日本国民の気質を見ていると、しっかりとした「戦争の動機付け」が出来れば、怖い集団になると思う

          1. 1.1.2.1.1
            とある日本さん 2020年6月10日 at 09:39 (UTC 9)

            よく言われるけど、「末端の兵士は優秀だけど上の人間はダメダメ」
            な軍隊にまたなりそう…

          2. 1.1.2.1.2
            とある日本さん 2020年6月10日 at 11:25 (UTC 9)

            >「末端の兵士は優秀だけど上の人間はダメダメ」
            それよく言われるけれど上がダメってわけじゃなくて
            結局のところ日本は全体が優秀な兵士ってことなんだと思うのよなw

            全体を見通してどこかの部隊を捨て駒にしたり
            必要によっては切り捨てることもできる冷酷冷静な判断ができる指揮官ってのが
            日本人的感覚にそぐわないんじゃないかと

    2. 1.2
      とある日本さん 2020年6月10日 at 05:42 (UTC 9)

      いないことはないけど
      やればできると夢見るナルシスが湧くので

  2. 2
    とある日本さん 2020年6月9日 at 20:21 (UTC 9)

    これについては中国人による詳しい経緯を翻訳したサイトがあるよ
    http://chinesestyle.seesaa.net/article/442105786.html

    中国としては都合の悪い記事なのか翻訳元のweiboの記事は今は消されている

    1. 2.1
      とある日本さん 2020年6月9日 at 22:51 (UTC 9)

      これ面白いね。
      日中衝突の原因は日本の拡張主義か中国の排外主義か
      まぁ実際はどっちもなんだろうけど、後世で主流になるのは勝者の言い分なんだよね。
      ここでいう勝者は、単に戦闘の結果だけじゃなくて勝ち馬に乗ったとか情報戦とかも含めての。

  3. 3
    とある日本さん 2020年6月9日 at 20:24 (UTC 9)

    大戦時ソ連軍で前線の兵は敵の武器を奪って戦えと丸腰で突撃させられて
    それを味方のソ連兵が後方から逃亡しないよう銃を突き付けていたとか聞いた

    1. 3.1
      とある日本さん 2020年6月9日 at 21:31 (UTC 9)

      それは朝鮮戦争での人民軍のお話だろ。
      天朝と対立する分子を前線に追いやって後ろからツンツクツンツク、前線の国民党残滓は後ろに逃げられないから死兵となって突撃していたって有名じゃん。

      1. 3.1.1
        とある日本さん 2020年6月9日 at 22:29 (UTC 9)

        スターリングラードの映画の話じゃない?

        1. 3.1.1.1
          とある日本さん 2020年6月9日 at 23:22 (UTC 9)

          スターリングラードの映画だと武器を与えられた前の味方が死んだらそいつの武器を拾って戦えって二番目以降は丸腰で送り出されるヤツだよね

    2. 3.2
      とある日本さん 2020年6月9日 at 22:22 (UTC 9)

      いわゆる督戦隊ね。
      中国やソ連みたいに従属国を多く抱える国にはありがちだな。
      最前線の人たちはろくな武器が支給されないし、祖国の為じゃなくて支配国の為に戦ってるんだから士気も低い。
      そりゃ平均で見たら弱くなるのも当然だな。

  4. 4
    とある日本さん 2020年6月9日 at 20:25 (UTC 9)

    ww2までのロシアって冬と領土がでかいだけで強くは無くね?
    中国の焦土戦術とかわらず敵を引っ張り込んでなんぼだろ
    自ら出て行って大勝利ってあるんか?

    1. 4.1
      とある日本さん 2020年6月9日 at 20:59 (UTC 9)

      自由化の時に分裂していった国々とか北欧諸国とかほとんどロシアに占領されてるだろ
      コサック騎兵やらロシア艦隊やらで強いってイメージはあっても弱いイメージはない
      そもそもロシア人の基本イメージってどこの国でも「強くてデカい」だし

      1. 4.1.1
        とある日本さん 2020年6月9日 at 23:10 (UTC 9)

        だからこそ、歴史上初めて黄色人種に大惨敗を喫した白人種の面汚しになってしまった。
        その後、アメリカ以外のイギリス、オランダ 、オーストラリアがその列に加わる。
        アメリカも途中までは、フォリピンでマッカーサーが部下を置き去りにして逃げたり、「空飛ぶ要塞」と呼ばれていたB-17が零戦に簡単に落とされるなどと、負け続きだった。

    2. 4.2
      とある日本さん 2020年6月10日 at 00:43 (UTC 9)

      近代史の日本の大陸進出って基本的に「ロシア/ソ連怖い」がベースにある
      日露戦争の陸戦では物量に圧倒されそうになるも、ロシアの政変のお陰でなんとか辛勝
      ノモンハンでは結局物量で押し込まれてる

      兵隊が畑でとれる国って冗談で言われるけど
      当時からロシア/ソ連の物量は驚異として認識されていた
      そしてその圧倒的物量を生かした縦深戦術がついにWW2で完成する

      1. 4.2.1
        とある日本さん 2020年6月11日 at 07:37 (UTC 9)

        そのロシアの政変を陰ながら支援・画策していたのは当時の日本。
        明石元二郎が有名だけど、裏で共産党員に資金提供していたりかなり積極的に暗躍している。

        なおノモンハンは表面的には日本が物量で押し切られたように見えるが、実際は寡兵の日本兵に対してソ連兵は攻めあぐねた。
        そして大規模な兵力投入を日本がしようとするのを察知して、ソ連は恐れをなして逃げた。

        なお将軍の名前は忘れたが、WW2でスターリングラードの戦いなど数々の戦争に参加したソ連の名将がもっとも苦しかった戦いとしてノモンハン事件の名前を挙げている。

        日本が弱るまで日本領を攻撃できなかったのもこれらの恐怖がソ連に植え付けられていたからとも言える。
        しかも日本軍が天皇の終戦宣言でほぼ武装解除されている状態でソ連は満洲に南下するが、武装解除しなかった根本博の駐蒙軍には歯が立たずに、その方面の居留民や日本軍は日本に引き上げるのに成功している。

        日本もソ連を恐れていたが、ソ連も日本を必要以上に恐れていたし、実際に戦えば分が悪いのは大抵ソ連側だった。

        1. 4.2.1.1
          とある日本さん 2020年6月12日 at 08:31 (UTC 9)

          ジューコフ将軍ですな。独ソ戦の英雄です。

  5. 5
    とある日本さん 2020年6月9日 at 20:39 (UTC 9)

    どこかの国と違って中国はけっこうまともなこと言うよな

  6. 6
    とある日本さん 2020年6月9日 at 20:40 (UTC 9)

    あれ?コメ欄復活したんだ。
    88888

  7. 7
    とある日本さん 2020年6月9日 at 20:44 (UTC 9)

    先祖には本当に感謝してる
    負い目や恥を感じる歴史がない
    日本人でよかった

    1. 7.1
      とある日本さん 2020年6月9日 at 22:03 (UTC 9)

      万年奴隷歴史とか情けなさすぎるもんな。

  8. 8
    とある日本さん 2020年6月9日 at 20:49 (UTC 9)

    銃剣じゃなくて軍刀使ったんじゃないの?銃剣だけじゃ、デカイロシア兵に、そこまでは?日本刀なら銃剣ごと切れるかも。

    1. 8.1
      とある日本さん 2020年6月9日 at 21:19 (UTC 9)

      当時の兵隊が持ってたのは日本刀ではなくサーベルだけどな。

    2. 8.2
      とある日本さん 2020年6月9日 at 21:39 (UTC 9)

      斬撃はある程度以上の技量が必要だし、日本刀だって硬いもんに当たれば折れるよ。
      ちなみに日本軍の銃剣突撃、実は「中国武術家集団の反乱」を一瞬で蹴散らしたことがあるらしいぞ。
      世界最強武術といえよう(笑)。

    3. 8.3
      とある日本さん 2020年6月10日 at 01:25 (UTC 9)

      日本軍での軍刀てのはありゃあくまでも指揮刀であって武器じゃねえんだよ
      だから軍刀を持てるのも一部の下士官と将校のみ
      将校の軍刀に至っては官給品の兵器でさえなく、軍服等と同様自前で調達する私物扱いよ

      1. 8.3.1
        とある日本さん 2020年6月10日 at 06:09 (UTC 9)

        士官の装備の場合、官給品はサーベル、私物の場合は日本刀の軍刀仕立て、拳銃も、官給品は南部製、私物は、分捕り品のモーゼル大型拳銃か、私物購入でのブローニング等々、補給効率を無視した飾り物・・・
        悪く言えば、「弾除け将校さん」ですよw

    4. 8.4
      とある日本さん 2020年6月10日 at 21:41 (UTC 9)

      武士系の家なら、自前の刀をもって出征してたぞ。アメリカに鹵獲された日本刀もあるしな

  9. 9
    とある日本さん 2020年6月9日 at 20:51 (UTC 9)

    民度価値観と中共は問題だが 朝鮮のキチガイに比べたら雲泥の差

  10. 10
    とある日本さん 2020年6月9日 at 20:54 (UTC 9)

    さすがに28対1ってのはなんか裏があるだろ

    1. 10.1
      とある日本さん 2020年6月9日 at 22:11 (UTC 9)

      よっぽどのかち戦で敵の背後から斬りまくる、とかでもそこまでは無理だよな
      大げさに書いてるだけだろ
      本当はソ連より中国のほうが弱かったけど相対的に強くみせるためにそう書いたとか

    2. 10.2
      とある日本さん 2020年6月9日 at 23:17 (UTC 9)

      日本の記録にそんなもんは残ってない以上、
      噂の一人歩きでしょう。
      中国の抗日ドラマに出て来る強敵の話じゃないんですかねぇ・・・・
      「ロシア兵28人を一瞬にして倒す日本兵であっても、
      中国兵にはかなわないのである!!」とかいうナレーション付いてるんじゃないですか?w

    3. 10.3
      とある日本さん 2020年6月9日 at 23:28 (UTC 9)

      元記事に書いてある。死傷者のうち白兵戦によるものは
      >ソ連軍110人、日本軍4人で交換率は28対1。ソ連軍は白兵戦で日本兵1人を倒すのに28人必要だったということだ。

    4. 10.4
      とある日本さん 2020年6月10日 at 00:13 (UTC 9)

      抜刀斎が居ったんやろ

    5. 10.5
      とある日本さん 2020年6月10日 at 06:34 (UTC 9)

      ただの比だから1人が28人倒したわけじゃない
      勝率が28倍になるだけの技量差があるのと、技量差28倍はイコールじゃない

  11. 11
    とある日本さん 2020年6月9日 at 20:55 (UTC 9)

    山東さん、水道局でーす

  12. 12
    とある日本さん 2020年6月9日 at 20:56 (UTC 9)

    あの頃の日本人はもうどこにもいない
    ヒクソン・グレイシーも
    「日本には武士は居なかった」と言ってたし

  13. 13
    とある日本さん 2020年6月9日 at 21:04 (UTC 9)

    中国にも、白兵戦信仰があるのかwwwww

  14. 14
    とある日本さん 2020年6月9日 at 21:04 (UTC 9)

    いやっ
    さすがに28人力の化物がそんなにいたら世界取ってるだろw

  15. 15
    とある日本さん 2020年6月9日 at 21:09 (UTC 9)

    朝鮮もロシアから日本が護った形になるね
    北朝鮮の上のウラジオストク辺りはロシアに取られてて朝鮮もロシアになるのはすぐだった
    中国や上海や北京や香港に駐留してた西洋諸国軍も全て追い出し、東南アジアからも追い出し、インドとインドネシア軍の設立にも力を貸した
    日本の参戦で西洋とユダヤはアジア植民地を失った
    あの時代は日本も心を鬼にしないとアジアを解放出来なかった
    日本は最終的に負けたけど、アジア解放、人種平等、白人の植民地支配を終わらせるのに神国はその時にどうしても立ち上がらないといけなかったんだろう

    1. 15.1
      とある日本さん 2020年6月9日 at 21:35 (UTC 9)

      護った形も何もまんまですがな
      朝鮮を清の属国から独立させたのに、露朝陸路通商条約なんぞ結ばされて結局日露戦争に突入

      1. 15.1.1
        とある日本さん 2020年6月10日 at 10:20 (UTC 9)

        キムチは昔からやってることが変わらねーよなぁ。

  16. 16
    とある日本さん 2020年6月9日 at 21:10 (UTC 9)

    ノモンハンで実際はソ連も大損害ってのも、旧ソが出した資料がベースで信憑性は高いで

    1. 16.1
      とある日本さん 2020年6月9日 at 21:46 (UTC 9)

      ノモンハンでも占守島でもソ連側の損害が大きいからね
      圧倒的物量で押し切られなければ日本軍は間違いなく強かった
      兵と下士官の強さなんか世界一だと思う。

      1. 16.1.1
        とある日本さん 2020年6月10日 at 18:42 (UTC 9)

        まあ、圧倒的物量を戦場に集結出来るってのがソ連の一番の強みだから。

  17. 17
    とある日本さん 2020年6月9日 at 21:21 (UTC 9)

    ロシアの事ディするのはいいけどさ、
    お前ら中国だって日本に勝ったことはないんだぞ。

  18. 18
    とある日本さん 2020年6月9日 at 21:30 (UTC 9)

    日本は物量以外で敗戦したことないから……
    なので今の中国の圧倒的物量は脅威。
    あっちは最悪14億人の兵士がいるからなぁ。

    1. 18.1
      とある日本さん 2020年6月9日 at 21:58 (UTC 9)

      安心しる、ロシア、インド、ウイグルチベット、南モンと国境接してるから全軍投じるのは無理

  19. 19
    とある日本さん 2020年6月9日 at 21:46 (UTC 9)

    ふ…不死身の杉本さんですか?

  20. 20
    とある日本さん 2020年6月9日 at 21:56 (UTC 9)

    これ、アメリカの軍事資料にも似たような話があったよな・・
    たしか日本兵1人に対してアメリカ兵5人で対処すべし、、みたいな訓令があった。

  21. 21
    とある日本さん 2020年6月9日 at 22:14 (UTC 9)

    うるせーチンク人
    ぐたぐだ言ってるとまた植民地にしてやるぞ

  22. 22
    とある日本さん 2020年6月9日 at 22:18 (UTC 9)

    原爆投下の正当性?

  23. 23
    とある日本さん 2020年6月9日 at 22:18 (UTC 9)

    俺は不死身の杉元だ!!を思い出した

  24. 24
    とある日本さん 2020年6月9日 at 22:20 (UTC 9)

    プーチン倒すのは1匹の子犬で十分

  25. 25
    とある日本さん 2020年6月9日 at 22:25 (UTC 9)

    日露戦役の203高地から東鶏冠山北堡塁、二竜山堡塁と続く要塞掃討戦におけるロシア歩兵の徹底抗戦ぶり
    を日本軍指導部が評価して、兵の敢闘精神に過度に期待する要因になったと言われている

  26. 26
    とある日本さん 2020年6月9日 at 22:45 (UTC 9)

    確かに昔から日本は白兵戦に滅法強かった。 元寇の時も日本兵は船に乗り込んで白兵戦をしたら
    無敵だった。 高麗兵など「命惜しさの弱兵よ」と侍達から嘲られていたからね。
    秀吉の朝鮮侵攻でも、船に乗り込まれて白兵戦になったら、適わないので、亀甲船なんて蓋付きで
    乗り込まれないようにした船が作られた、朝鮮では侍達が刀を振りかざして突撃すると朝鮮兵は
    皆恐れを成して逃げ出した。 日中戦争でもそう、白兵戦で日本兵の突撃に中国兵は逃げ惑った。
    こうした経験が機械化された米軍には全く無力で、いたずらに死傷者を増やした原因。

  27. 27
    とある日本さん 2020年6月9日 at 22:46 (UTC 9)

    中国人は逃げるだけ。弱い者いじめの王者!!!

  28. 28
    とある日本さん 2020年6月9日 at 22:52 (UTC 9)

    日本は朝鮮中国を侵略したように言われるが、それは違います。日本は露西亜の権益を奪っただけです。
    日本は露西亜から戦って奪い取ったのであり、中国や朝鮮から奪ったわけではありません。
    中国や朝鮮が露西亜と戦って国を守っていたのなら、それを奪った日本は中国や朝鮮からとなるでしょうが
    違います。中国も朝鮮も露西亜と戦って国を守ろうともしなかった。そして今も中国や朝鮮は日本から
    取り返したのでは無く、米から棚ぼたで与えられたにすぎません。 日本と露西亜が戦い、そして
    日本と米国が戦った結果なのです。 朝鮮など何の関係もありません。自国を守り戦い取ったことが一度も
    無いヘタレ民族が朝鮮です。

  29. 29
    とある日本さん 2020年6月9日 at 23:32 (UTC 9)

    元記事読んでないコメントが散見されるな。
    >ソ連軍の死傷者は2752人で日本軍の死傷者は914人。内訳は、中略、それ以外の銃剣などの冷兵器によるものはソ連軍110人、日本軍4人で交換率は28対1。ソ連軍は白兵戦で日本兵1人を倒すのに28人必要だったということだ。

  30. 30
    とある日本さん 2020年6月9日 at 23:47 (UTC 9)

    ノモンハンも日本の負けではあるが、被害は向こうの方が大きかったからな。

  31. 31
    とある日本さん 2020年6月9日 at 23:57 (UTC 9)

    逆じゃないの?
    ノモンハンとか、二百三高地とか。

  32. 32
    とある日本さん 2020年6月9日 at 23:59 (UTC 9)

    日本の男を高く評価してくれるのはロシア人女性。馬鹿な日本の女と違って西側メディアに洗脳されていないから。馬鹿女は捨てられていくだろう。自業自得。

  33. 33
    とある日本さん 2020年6月10日 at 00:27 (UTC 9)

    杉元かな?と思ったら、同じコメがあったww

  34. 34
    とある日本さん 2020年6月10日 at 00:29 (UTC 9)

    一人倒すのに28人必要ってそんな漫画みたいな話が現実にあるんだな

  35. 35
    とある日本さん 2020年6月10日 at 00:39 (UTC 9)

    ソ連兵の練度が低すぎたんじゃねーの?
    左翼はすぐ専門家を始末するからな

  36. 36
    とある日本さん 2020年6月10日 at 01:11 (UTC 9)

    白兵戦での死者の比率が1対28ってだけで、言うなれば日本人が1人死ぬ戦いでロシア兵が、28人死ぬからそういう言い方もできるってだけで、実際に日本人が1人で28人のロシア兵を殺したわけじゃないし、28倍の兵力を相手にしたわけでもないぞ。
    わりと無理やりな言い方だよ。

  37. 37
    とある日本さん 2020年6月10日 at 02:19 (UTC 9)

    スリヨリのターンなだけだぞ。
    いい加減に覚えろよ。
    シナチクは恫喝⇒宥め⇒賺し⇒宥め⇒・・・だけだぞ。
    ド助平政治家が未だに金玉握られる・・・・

    高学歴低能は日本人をやめてくれねーかな?

    1. 37.1
      とある日本さん 2020年6月10日 at 10:22 (UTC 9)

      ラーメンスレッドに比べたらまだこれは読むのに耐えられるだろ。

  38. 38
    とある日本さん 2020年6月10日 at 02:34 (UTC 9)

    すげえな日本兵 今じゃ考えられないほんとに同じ日本人なのか

  39. 39
    とある日本さん 2020年6月10日 at 02:45 (UTC 9)

    支那兵が白兵戦に弱すぎてすぐ逃げ出すから、俺たちの白兵突撃最強と勘違いした帝国陸軍が
    米軍相手に白兵突撃かけては返り討ちにあって無駄にボコボコにされたんだぞ
    責任とれよな

  40. 40
    とある日本さん 2020年6月10日 at 07:58 (UTC 9)

    嘘くさい、ソ連のほうが人的被害でかかったけど28倍差もないだろ

    1. 40.1
      とある日本さん 2020年6月11日 at 10:28 (UTC 9)

      嘘に決まってるやん! 勝ったら戦果は誇張されるし、負けたら被害は過少報告されて、記録に残る。

  41. 41
    とある日本さん 2020年6月10日 at 13:09 (UTC 9)

    民間人拷問して虐殺してただけの中国人

  42. 42
    とある日本さん 2020年6月10日 at 13:49 (UTC 9)

    至近距離での戦闘になった場合、そのまま銃剣戦闘に移行するのが常道の軍と、一旦距離をとって再度銃撃戦に持ち込むのがセオリーの軍とでは、「近接戦による勝率」は違ってこないか?

  43. 43
    とある日本さん 2020年6月10日 at 14:17 (UTC 9)

    白兵というのは刃物の事
    刃物で殺された死者がソ連軍では日本側の28倍多かったようだが、ソ連軍が刃物に依存せず近接戦闘でも主に鉄砲で反撃してた場合はそういった偏りが生じる可能性もあるってだけの話

    1. 43.1
      とある日本さん 2020年6月11日 at 10:14 (UTC 9)

      なるほど、でも鉄砲を撃ちまくってる集団に、刃物が届く距離まで近寄って倒したなら凄くないか?
      降伏した無抵抗のソ連兵を切りまくった結果の数字かも知れないけど、どっちにしても俺には無理。

  44. 44
    とある日本さん 2020年6月10日 at 17:04 (UTC 9)

    こいつら冗談みたいに日本がアジアを守ったとか言ってるけど、之、ガチだからな、
    大東亜共栄圏はイギリス連邦みたいに日本傘下にブロック経済圏構築するはずだったし

  45. 45
    とある日本さん 2020年6月11日 at 01:31 (UTC 9)

    満州は満州人のものだ
    みんな「紫禁城の黄昏」を読んでみてくれ

  46. 46
    とある日本さん 2020年6月11日 at 01:55 (UTC 9)

    古代ギリシャ、古代ローマ、チベット、
    スペイン、日本、
    何でそんなに兵隊が強いの?って所から
    滅茶苦茶弱くなった希有な国。

  47. 47
    とある日本さん 2020年6月11日 at 02:31 (UTC 9)

    日本人はブチ切れたらとことんやるからな

  48. 48
    とある日本さん 2020年6月12日 at 08:27 (UTC 9)

    日本軍が白兵戦を好んだなんて唯のウソ伝説に過ぎんのだけどね

  49. 49
    とある日本さん 2020年6月13日 at 19:27 (UTC 9)

    日本軍は慢性的に弾薬不足に悩まされ続けている貧乏所帯だからな
    刃物を活用して節約できる時には節約する

  50. 50
    とある日本さん 2020年6月13日 at 19:33 (UTC 9)

    日中戦争の時に日本軍の先頭を進撃し続けて首都の南京城に一番乗りを果たした鹿児島45連隊の例だと中国大陸に上陸した時点で最初に配給されて携帯してた百数十発分の弾薬だけで1ヶ月ほど無補給で戦い続けていた
    進撃速度が想定以上に早くなり過ぎて補給部隊が全然追いつけずにそのまま1ヶ月戦い続けた挙句に勢い余って南京錠を攻め落とした訳だ

    1. 50.1
      とある日本さん 2020年6月14日 at 16:17 (UTC 9)

      で、補給が滞ってたから、現地で略奪の限りを尽くしたのか?
      一部の中国人と、殆どの全部の韓国人が喜びそうな情報だね。

      脚色ゼロで全部真実だとしても、戦争の武勇伝とか止めてよ…
      戦争中に人殺しが上手かったのが自慢や誇りには思わないし、
      終わった話でも、自慢されてたら、不愉快に思うのは当然だ。

  51. 51
    とある日本さん 2020年6月24日 at 10:19 (UTC 9)

    いやソ連兵側が、大粛清の影響で訓練不足だっただけでしょ。

    近世工業化時代のマスケット兵も精鋭部隊は25発で1人殺傷したけど、平凡なマスケット兵は500発で1人だったから、キルレシオとして普通にありえる数字。

  1. 52
    とある日本さん 2020年6月9日 at 20:06 (UTC 9)

    […] 中国紙「ソ連軍は白兵戦で日本兵1人を倒すのに28人の兵士が必要だった」 中国人「戦闘民族弱い!」「日本が勝って本当に良かった」 投稿日 2020年6月9日 20:05:04&nbsp(アジアニュ […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Top