スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


«

»

中国人「日本の書店向けAI万引き防止システムがなかなかすごい」 中国人「中国にこそ必要」「日本人も万引きするの?」

 
日本の書店向けAI万引き防止システムが中国版ツイッターのWeiboで紹介され、中国人のコメントがたくさん投稿されています。ご紹介します。
 
 
 
[記事]
日本の書店向けAI万引き防止システムがなかなかすごい




記事引用元: https://www.weibo.com/1638782947/GjO4mqnxq
 
※ 5個以上のGoodがあるコメントについて、Goodの数を載せていますaa
※ 下記コメントで言及されている事柄の事実確認は行っておりません。真偽の判断はみなさまでお願いします
 

Sponsored Link


 
■ 上海さん
 
あれ?日本には泥棒はいないのではなかったの? [78 Good]
 
 
   ■ 北京さん
 
   あれ?ひょっとしてその話を本当に信じていたの? [7 Good]
 
 
 
■ 河北さん
 
これは盗撮にはならないの? [27 Good]
 
 
   ■ 江蘇さん
 
   隠して撮ってるわけではないから盗撮にはならないだろうけど、肖像権はどうなんだろうね。犯罪を防ぐためであれば大丈夫なのかな [5 Good]
 
 
 
■ 湖南さん
 
いくら? [17 Good]
 
 
 
■ 上海さん
 
そのうち勤怠管理AIが出てくるかもな。ボーッとしていたりスマホをいじっていたりする時間は自動的に勤務時間から削除される [5 Good]
 
 
 
■ 湖北さん
 
これって百度AIが実現して蘇州で実用化されてなかった? [8 Good]
 
 
 
■ 福建さん
 
なんで泥棒が本を盗むんだ?勉強好きな泥棒なのか? [5 Good]
 
 
 
■ 浙江さん
 
これは中国にもありそうだけどまだ実用化には至ってないと思う
 
 
 
■ 広東さん
 
表情を見てればその人が本を盗むつもりで来ているかどうかわかりそうじゃね?
 
 
 
■ 江西さん
 
エロ本?
 
 
 
■ 江蘇さん
 
化粧とスッピンを同一人物として認識するのかな
 
 
 
■ 浙江さん
 
これはすごい!
 
 
 
■ 広州さん
 
なんだ、日本人も万引きするんじゃん
 
 
 
■ アメリカ在住さん
 
これは日本よりも中国で必要な技術
 
 
 
■ 杭州さん
 
日本人は民度が高いから泥棒なんてしないって聞いたんだけど
 
 
 
■ 北京さん
 
盗みなどしなくても全てが平等に分配される共産主義最強
 
 
 
■ 広東さん
 
すし詰めの満員電車状態でも正しく認識してくれるのだろうか
 
 
 
■ 河南さん
 
これは一体いくらするんだろう。100万円を節約するために200万円を使うことにならなければいいけどな
 
 
 


29 comments

Skip to comment form

  1. 1
    とある日本さん 2018年8月9日 at 20:20 (UTC 9)

    私物を席に置いてから注文しに行くのもそうだけど
    きっと獲られないから防衛策を講じなくていいなんてのは9条バリア思想なんよね

    1. 1.1
      とある日本さん 2018年8月9日 at 21:19 (UTC 9)

      なんか生活してて疲れない?

      1. 1.1.1
        とある日本さん 2018年8月9日 at 22:32 (UTC 9)

        あなた普段から嫌味ばっかり言ってそう

        1. 1.1.1.1
          とある日本さん 2018年8月10日 at 14:16 (UTC 9)

          何でそう思ったの?

  2. 2
    とある日本さん 2018年8月9日 at 20:43 (UTC 9)

    これ店長が真っ先に不審者登録されるんじゃないか?
    陳列整理とかの業務を人工知能が区別できるんならいいけど

    1. 2.1
      とある日本さん 2018年8月9日 at 20:58 (UTC 9)

      他のシステムでも従業員の顔認証登録ぐらい普通にあるわけだが。

    2. 2.2
      とある日本さん 2018年8月11日 at 14:26 (UTC 9)

      「”任意で”登録できます」って言ってたのを聞き逃したのかな?
      それとも言葉の意味が分からなかった?

  3. 3
    とある日本さん 2018年8月9日 at 20:50 (UTC 9)

    わざわざ顔上げて顔がカメラに映るようにしてるのが如何にもって感じ…

    1. 3.1
      とある日本さん 2018年8月9日 at 21:04 (UTC 9)

      まだ開発中ですすしおすし

  4. 4
    とある日本さん 2018年8月9日 at 21:35 (UTC 9)

    何かお探しですか、と聞かれた時は、疑われてるってことだな

  5. 5
    とある日本さん 2018年8月9日 at 21:57 (UTC 9)

    近所の蔦屋なんて店員がまず見当たらないんだがすでにこれ系のシステムが作動してるのか?
    レジも無人だし悪い人が集まれば全部持って行けそうだぞ

    1. 5.1
      とある日本さん 2018年8月9日 at 22:23 (UTC 9)

      防犯タグ付いてんじゃね?

  6. 6
    とある日本さん 2018年8月9日 at 22:19 (UTC 9)

    本屋は利幅の薄い商売だから
    一冊万引きされるだけで痛手だからな

    1. 6.1
      とある日本さん 2018年8月9日 at 22:59 (UTC 9)

      雑誌でも10冊売って元が取れるかどうかだものね。

  7. 7
    とある日本さん 2018年8月9日 at 22:20 (UTC 9)

    アマゾンが似たシステムで無人商店を作ろしている。顧客が商店を手にとってそのままカバンに入れて、店を出た瞬間代金が口座から引き落とされる。

    1. 7.1
      とある日本さん 2018年8月9日 at 22:22 (UTC 9)


      ×商店
      ○商品

  8. 8
    とある日本さん 2018年8月9日 at 22:25 (UTC 9)

    今の日本で万引きするやつは金に困ってるんじゃなくて万引きそのものが目的になってるのが多いだろうな
    アル中用の施設みたいなのがいるようになるのかも

  9. 9
    とある日本さん 2018年8月9日 at 22:43 (UTC 9)

    当たり前だけど中国にもある
    無人店舗実用化したのはアマゾンより中国のほうが先
    AIにかけてる予算が桁違いなのにないわけ無いじゃんっていう

    1. 9.1
      とある日本さん 2018年8月9日 at 22:59 (UTC 9)

      米見る限りでは、
      当の中国人に周知されてないっぽいね

    2. 9.2
      とある日本さん 2018年8月10日 at 14:20 (UTC 9)

      で、正常に可動してんの?
      中韓はうちにもある!とよく対抗心燃やしてるけどまず気になるとこそこ

  10. 10
    とある日本さん 2018年8月9日 at 23:02 (UTC 9)

    顔認証で身元がバレて、名前がわかったら デスノート発動条件がそろっちゃうな。

  11. 11
    とある日本さん 2018年8月10日 at 00:02 (UTC 9)

    たしか万引きはアメリカと日本が圧倒的に多かった気がする。

    ググれば国別の統計とか出てきそう。

    1. 11.1
      とある日本さん 2018年8月10日 at 08:50 (UTC 9)

      中国の万引きは店員とグルなんでバレてないだけ

  12. 12
    とある日本さん 2018年8月10日 at 03:46 (UTC 9)

    日本で万引きする人たちは、中国人です。

  13. 13
    とある日本さん 2018年8月10日 at 06:08 (UTC 9)

    >肖像権はどうなんだろうね。

    自分達は撮られまくってるのに、この発言に笑ってしまった。

  14. 14
    とある日本さん 2018年8月10日 at 08:48 (UTC 9)

    レジを通さず鞄に入れると爆発する本を作って!中国さん。

  15. 15
    とある日本さん 2018年8月10日 at 14:56 (UTC 9)

    書店どころかコンビニ、スーパーなど万引きされそうな店舗はみな導入するだろう、市場でかいね

  16. 16
    とある日本さん 2018年8月10日 at 23:43 (UTC 9)

    >これは盗撮にはならないの?
    自分の国の法律すら知らんのかwww

  17. 17
    とある日本さん 2018年8月11日 at 08:57 (UTC 9)

    どこの国でも良い奴ばかりじゃない。
    言いたい事はそれだけだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Top