スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


«

»

海外の方「渋谷スクランブル交差点。なんだこれ?デモ?戦争?ウォーリーはどこ??」(海外の反応)

 
おなじみ渋谷スクランブル交差点です。
ただ渡る分には普通だと思うんですけどねー、こうやって見るとなかなか凄い絵に見えます。
そして海外の方にはやっぱり奇妙に映るようです。
 
 


 
■ アメリカさん
 
ここ渡ってみてー。人生の目標だな
 
 
 
■ イギリスさん
 
デモでもしてるのか?
 
 
  ■ アフガニスタンさん
 
  いや、こいつらはただ道を渡ってるだけだ
 
 
 
■ アメリカさん
 
この国、狂ってる
 
 
 
■ インドネシアさん
 
インドネシアでも似たような光景が見れるよ。デモのときだけだけど。。
 
 
 
■ アメリカさん
 
ひゃっほぅ。6月20日にここに行くぜぃ。早く渡りたい!!
 
 
 
■ スウェーデンさん
 
何でここには地下道や歩道橋を作らないんだ?東京のほかの場所にはたくさんあるのに
 
 
 
■ フィンランドさん
 
フィンランドの全人口を超える人数が一度に交差点をわたってるような気がする
 
 
 
■ オーストラリアさん
 
ウォーリーはどこだ???
 
 
 
■ アメリカさん
 
とりあえず歩道橋が必要だな
 
 
 
■ オランダさん
 
うわー超ありえねぇ
 
 
 
■ インドネシアさん
 
違う場所から人がこんなに集まってくるの・・・戦場みたい
 
 
 
■ オーストリアさん
 
スリにとっては最高の場所だな
 
 
 
■ オーストラリアさん
 
これ、ビデオに映ってるよりも実際はもっと人多いんだろ?
 
 
 
■ ベルギーさん
 
道路工事するときはどうするの?これだけの人を別の細い道に誘導するのか??
 
 
 
■ マレーシアさん
 
0:11で渡ってるのオレだよ
 
 
 
■ フランスさん
 
「くそっ、行きたいところとは別の道に渡ってしまった」って感じ?
 
 
 
■ オーストラリアさん
 
よく訓練された軍隊だな
 
 
 
■ 台湾さん
 
0:00すごい大きな交差点だなー 0:12 o______o;;;
 
 
 
■ フィンランドさん
 
車には乗りたくないな。歩いたほうが早そうだ
 
 
 
■ ロシアさん
 
日本の人口は徐々に減少していて、彼らは移民を積極的に受け入れていない。その結果、この光景はいずれ見れなくなるに違いない
 


8 comments

Skip to comment form

  1. 1
    とある日本さん 2013年12月19日 at 19:58 (UTC 9)

    今じゃすっかり観光名所
    アナキンスカイウォーカーも映画ジャンパーでここ撮影してたし

  2. 2
    とある日本さん 2014年1月5日 at 00:00 (UTC 9)

    地下道もあるんだけどな やっぱり地上のほうが好きだわ

  3. 3
    とある日本さん 2014年3月4日 at 01:12 (UTC 9)

    歩道橋をいい加減につくろうぜ

    1. 3.1
      とある日本さん 2015年3月17日 at 07:42 (UTC 9)

      あんなところに作ったら酔っ払いがなにするか分かったもんじゃない。
      それに階段が邪魔!

  4. 4
    とある日本さん 2014年5月28日 at 00:38 (UTC 9)

    スクランブル交差点と言う名所だからあえて歩くんだろうけど。西洋人コメントもあるけど一見、途上国レベルにも見える
    歴史ある美しい光景に作るべきだ。芸術性に欠けるのはどうもね~

    1. 4.1
      Hercilio 2015年3月6日 at 19:32 (UTC 9)

      Thanks for spending time on the computer (wtgrini) so others don’t have to.

  5. 5
    とある日本さん 2014年6月7日 at 10:32 (UTC 9)

    地下鉄あるんだし地下道で行けるんだぞ
    まあちょっと面倒くさい地下道なんだけど

  6. 6
    とある日本さん 2015年3月29日 at 22:17 (UTC 9)

    ウォーリーワロタ
    なっつかしいなおいw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Top